1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. Web集客では戦略が重要な理由とは?戦略を立てるポイントを紹介

Web集客では戦略が重要な理由とは?戦略を立てるポイントを紹介

Webマーケティング Web集客の戦略

効率よく売り上げを伸ばすために、インターネットを活用したWeb集客が注目を集めています。
Webツールを活用することで、幅広い地域のさまざまな年齢層に容易にリーチできます。
また、比較的少ないコストで運用できることや、ターゲットにピンポイントでアプローチできるなどのメリットがあります。

しかし、Web集客で成果を得るためには適切な戦略を立てることが重要です。
ここでは、その理由や戦略を立てるポイントなどを詳しく解説します。

Web集客で戦略が重要な理由

戦略とは、全体像を把握し効率よく目的を達成するためのシナリオで、Web集客で成功するためには、適切な戦略が欠かせません。

Web集客にはさまざまな手法があり、流行や顧客のニーズは常に変化しています。
そのため、戦略がなければ投資が無駄になってしまう可能性があります。

費用対効果を高めるためには、目的の達成に有効な手法や媒体を見極め、上手に活用することが必要です。
Web集客でブランドの認知度を向上させたいのか、コンバージョン(購入やダウンロードなど顧客のアクションや成果)を獲得したいのかなど、目的により使うべき手法は大きく異なります。

Web集客の種類

Web集客にはさまざまな方法があります。
ここでは、無料でできる方法と有料でできる方法の2つに分けて解説します。

無料でできるWeb集客

無料でできるWeb集客として、オウンドメディアを活用する方法があります。
オウンドメディアとは公式ホームページやブログなど、自社で所有しているメディアです。

有益な情報を提供するコンテンツを充実させることで、ユーザーの自社に対する信頼や愛着を高めることができます。また、多くの人に見てもらえるほど、認知が広がり、コンバージョン数の増加にもつながります。

コンテンツを作成する際には、検索結果上位に表示させるための適切なSEO対策をすることが重要です。
自社のSNSを活用し、コンテンツを積極的にアピールするのも良いでしょう。

一般的な広告とは異なり、掲載をやめても売り上げがなくなるなどの心配がありません。
すぐには結果が出にくいものの、努力が蓄積されていき、継続的な集客が行えるのは大きなメリットです。

また、FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSを活用するのも一つの方法です。
アカウント自体は無料で作成でき、記事を投稿するとSNSにいるユーザーへリーチすることができます。

有料広告を使用するWeb集客

有料のWeb広告を活用する方法もあります。
ユーザーの興味・関心がある場所に広告を掲載できるため、より早く効果が出やすい手法です。

例えばリスティング広告は、ユーザーが検索したキーワードに合わせて検索画面の上部に掲載されます。
自分自身でキーワードを入力した顕在層が対象になるため、コンバージョンにつながりやすいのが魅力です。

ディスプレイ広告は、アプリやWebサイトの広告枠に掲載されます。
テキストだけでなく画像や動画も使用できるため、視覚的にアプローチできます。ブランドや商品の認知度を向上させるのに適した手法です。

特定のWebサイトで広告枠に掲載される純広告や、PR用の記事を配信してもらう記事広告も、潜在層へのアプローチができます。しかし、掲載場所や期間が設定できるものの、コストは比較的高めです。

SNS広告は、幅広いターゲットにリーチしやすい広告です。
SNSならではのターゲティングを活用し、ターゲットにピンポイントでアプローチできるのもメリットでしょう。他にも、メルマガの広告枠を活用する、ターゲット層の人気を集めているインフルエンサーに宣伝してもらうなどの方法があります。

Web集客の戦略を立てるポイント

Web集客の戦略を立てるポイント

Web集客では、かけられる予算や期間、ターゲット層や目標などの要素により戦略が大きく変わります。
ここでは、戦略を立てる際に注意したいポイントをご紹介します。

目標やターゲットを明確にする

成功するWeb戦略を立てるためには、目標やターゲットを明確にしておく必要があります。
経営戦略にあった具体的な目標を決めましょう。

また、ブランドや商品の特徴、競合他社に勝てるアピールポイントもしっかり把握することが大切です。
そうすることで、誰にどうアプローチすれば良いのか分かりやすくなります。目標やターゲットが明確であるほど、使うべき手法や優先順位が定めやすくなり、効率の良いWeb集客が行えます。

購入プロセスを把握する

Web集客の戦略を立てる際には、購入プロセスの全体の流れを把握する必要があります。
通常、ユーザーが商品を購入する際には「ブランドや商品について知る」→「興味を持つ」→「比較・検討する」→「欲しいと思う」→「購入する」というステップを踏みます。

どうすれば各段階のユーザーを増やせるかを考えてみましょう。
低価格の商品やなじみのある商品は、広告から直接ランディングページ(購入や問い合わせ用のページ)に誘導したほうが、コンバージョン効率が良くなる可能性があります。

比較的高価な商品や複雑な商品は検討期間も長くなる傾向にあるので、広告やSNS、自然検索などから自社のオウンドメディアに誘導し、信頼を得た後にランディングページに誘導するとより効果的です。
自社サイトのコンテンツから、実力や専門性、メリットなどが伝わるように工夫しましょう。

また、まずはメールアドレスの登録や資料請求などを促す手法もあります。
これは BtoB企業でもよく使われている手法で、資料請求をする際にユーザーの情報を登録してもらうことで、営業がしやすくなります。

ターゲティングを最適化する

Web集客のメリットは、広告やコンテンツに対するユーザーの反応を追いやすいことです。
反応に合わせて修正もできます。定期的にアクセス数やコンバージョン率などの成果を分析し、コンテンツや手法、ターゲティングを最適化していきましょう。

また、Web集客では、ユーザーとつながることも容易です。
実際に商品を利用した人に評価してもらい、意見を参考にできます。

メルマガやSNSなどを活用して信頼関係を築いていけると、優良顧客の獲得にもつながります。
コンバージョン後まで考え、戦略を立てると良いでしょう。

まとめ

Web集客にはさまざまな手法があるため、ターゲットやビジネスモデル、目的に合った方法を選択することが重要です。自社所有のオウンドメディアや拡散性の高いSNS、有料のWeb広告を、バランスよく活用しましょう。

また、記事や広告など各クリエイティブの質を向上させていくことも欠かせません。
適切な戦略と高品質なクリエイティブで、Web集客の費用対効果を高めていきましょう。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る