1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. VSEOとは?重要性や抑えておくべきポイントについて

VSEOとは?重要性や抑えておくべきポイントについて

動画マーケティング

インターネットで何かを知りたいとき、まず行うことと言えば検索です。そのため、インターネットでの集客力を高めるには「SEO」が重要であることは、もうご存知でしょう。しかし近年、動画広告が一般化することにともない「VSEO」という考え方も注目されるようになっています。

そこでこの記事では、今後のインターネット広告における重要なキーワードとも言える「VSEO対策」について、その概要や重要性、持つメリットなどをご紹介します。

VSEOとは

インターネット集客に欠かせないSEOは「Search Engine Optimization」の略称ですが、それに対してVSEOは「Video Search Engine Optimization」を縮めた呼び名です。つまりVSEOとは「動画における検索エンジンの最適化」を意味します。SEOの概要に準じ、「動画広告の露出を増やすための施策」と考えると分かりやすいでしょう。

VSEOの重要性とは

SEOとともに、今後はVSEOも重要度の高い取り組みになっていくと言われています。ここでは、VSEOの重要度がなぜ高いかについてご紹介します。

動画広告は「見られやすく効果的」であるため

静止画やテキストの広告と比較し、動画広告は短くてもより多くの情報量を盛り込めると言われています。このためCVにもつながりやすく、動画コンテンツの普及とともに企業も動画広告への参入に積極的になっています。

通信高速化により動画視聴がより一般化するため

5G通信が実用化されるなど、インターネットの通信速度は高速化の一途を辿っています。従来はモバイル通信利用において動画を非表示にするユーザーも数多くいましたが、今後は動画視聴の敷居がますます下がると考えられます。
テキストや静止画コンテンツを眺めるように、すべてのユーザーが動画を気軽に再生できる時代が訪れつつあります。それに伴い、動画広告もさらに数多く視聴されることが予測されます。

VSEO対策のポイント

YouTubeの動画コンテンツは、Google検索結果としても表示されるようになりました。つまり、VSEO対策により検索の上位表示を狙えるということです。ここでは、VSEO対策において大切なポイントをご紹介します。

KWを必ずタイトルに盛り込む

KW(キーワード)は、タイトルの文字列に必ず入れましょう。タイトル内によく検索される語句を入れ、検索エンジンに対応させるようにしてください。
もちろんKWを入れるだけにとどまらず、広告ターゲットのニーズを意識した文言でタイトルを構成することも大切です。

動画の説明やタグでもVSEO対策を

YouTubeの場合、動画に説明を加えられるようになっています。この説明文も検索エンジンに対応させるよう、KWを盛り込むなどVSEOを意識して作成しましょう。またタグで関連動画をまとめておくと、関連性のある動画を連続視聴してもらいやすくなります。

動画の末尾でアクションしやすくしておく

動画の最後の箇所では、メール送信や電話を促すような文言を加えるなどユーザーがアクションを起こしやすくする工夫を加えましょう。

VSEO対策をする現状でのメリット

VSEO対策を実施するなら、できるだけ早期に取り組むことがおすすめです。ここでは、現状でVSEO対策を行うことのメリットをご紹介します。

検索上位に表示させやすい

SEO対策に関する知識をお持ちであれば、Google検索の上位表示が容易でないことはおわかりでしょう。しかし、YouTubeの検索アルゴリズムはGoogleほど精緻化されていない状況です。つまり、今から適切な対策を行えばYouTube検索で上位表示させやすく、ユーザーに見てもらえる機会を増やすことにつなげられます。

参照:Deep Neural Networks for YouTube Recommendations

取り組んでいる企業がまだ少数である

今のところ、VSEO対策を本格的に実施している企業はSEOと比較するとまだ少数です。競争率が上がらないうちに競合他社に差を付けるためにも、いち早くVSEO対策を実施することは有効になるでしょう。

VSEO対策をする理由

動画広告は、ターゲティングが適正にできていれば数多く見てもらえるものと思いがちです。しかし、あえてVSEOにまで取り組むことをすすめる理由は何なのでしょうか。ここでは、VSEO対策に力を入れたい理由をご紹介します。

コストパフォーマンスをさらに上げるため

動画広告というジャンル自体、少ない課金で大きな成果を上げられる可能性が高く、費用対効果に優れていると言われています。そこにVSEO対策を組み込んでさらなる効率化を図れれば、よりコストパフォーマンスの向上が見込めるでしょう。

参照:YouTubeのVSEO対策とは?VSEO対策の概要についてご紹介
参照:VSEO対策を行う際の注意点とは?~動画SEOをやる理由~

ユーザーの拡散による効果を高めるため

VSEO対策が有効にはたらいて動画広告が検索で上位表示されると、多くのユーザーの目に触れる機会が得られます。影響力の高いユーザーに注目されることで、SNSでのシェアなどによる拡散効果も期待できるでしょう。

まとめ

動画広告は、テキストや静止画コンテンツ以上に訴求力が高いと言われています。説明を延々と読み進めるより、映像と音声で伝えられるほうが短時間ですばやく内容を理解できることから、その理由が分かるはずです。
またそれだけに、動画を活用した広告展開も急増しています。沢山の動画広告に埋もれず、数多くのユーザーに見てもらうためにも、ユーザーフレンドリーな内容と適切なVSEO対策を両立した動画広告を作成しましょう。

未経験でも高品質な動画を作成できる、インハウス動画制作に欠かせない AI 動画編集ツール VIDEO BRAIN
HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る