1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. ビュースルーコンバージョンとは?仕組みや測定方法をわかりやすく紹介

ビュースルーコンバージョンとは?仕組みや測定方法をわかりやすく紹介

ビュースルーコンバージョンは、広告を見たユーザーが、コンバージョンにつながるページからではなく別ルートからコンバージョンに至った数を示します。
Webマーケティングの広告測定において重要な指標の一つです。

この記事では、ビュースルーコンバージョンの計測に注力したいと考えている担当者に向けて、ビュースルーコンバージョンの概要や重要性、クリックスルーコンバージョンとの違いなどについて詳しくご紹介します。

ビュースルーコンバージョンとは

先ほども少し触れましたが、ビュースルーコンバージョンとは、広告が表示されたときにクリックしなかったユーザーが、後日別のルートからコンバージョンに至った数を示します。

例えば、媒体Aに掲載されていた広告を見たユーザーが、後日媒体Bを経由して広告をクリックしコンバージョンまで至った場合、媒体Aのビュースルーコンバージョンは1になります。
ビュースルーコンバージョンを計測することによって、自社で出稿した広告効果が深く理解できるため、マーケティング施策に役立てられます。

クリックスルーコンバージョンとの違い

ビュースルーコンバージョンと同様にWebマーケティングで使用される用語として「クリックスルーコンバージョン」があります。クリックスルーコンバージョンとは、実際に広告をクリックしたユーザーが、広告経由ではコンバージョンに至らず、その後コンバージョンに至ることです。

クリックスルーコンバージョンはビュースルーコンバージョンと異なり、広告が表示されているときに、実際にクリックされるかどうかが指標のポイントになります。

ビュースルーコンバージョンの重要性

ビュースルーコンバージョンを重視することで、広告効果が正しく評価できるようになるだけではなく、広告の間接効果を考慮しながら広告配信が行えるようになります。
他の媒体のCV獲得にどれほどの影響を与えているのか、明確になるのです。

例えば、SNSで洋服の広告バナーを出したとします。
ある顧客はこのバナーを目にしますが、その時はクリックしません。しかし数日後、新しい洋服が欲しいと思い、広告で見た洋服を思い出し、公式サイトから購入します。

広告がクリックされた訳ではないため、コンバージョン数やコンバージョン率のみ見ると広告に効果がなかったと思うかもしれません。
しかしこれは、間接的にコンバージョンにつながっているのです。つまり、広告のコンバージョン率が低いとしても、広告の効果があるということです。

ビュースルーコンバージョンの計測方法

ビュースルーコンバージョンの計測方法

ここでは、ビュースルーコンバージョンの計測方法について、Google広告とYahoo広告にわけて説明します。

Google広告

Google広告では、キャンペーンごとに最長で30日間の期間でビュースルーコンバージョンの計測ができます。計測するための設定手順は以下の通りです。

  1. 【1】Google広告の画面右上にあるツールアイコンをクリックする
  2. 【2】「測定」「コンバージョン」の順に選択する
  3. 【3】編集するコンバージョンアクションをクリックする
  4. 【4】「設定」から「設定を編集」をクリックし、「計測期間」をクリックする
  5. 【5】「ビュースルーコンバージョン計測期間」を設定し、「完了」をクリックする

参照:ビュースルー コンバージョン計測期間 – Google 広告 ヘルプ

Yahoo広告

Yahoo広告の場合、直接ビュースルーコンバージョンの計測はできません。
そのため、他のツールを活用して確認する必要があります。
ツールを導入する際には、コストが発生するため、自社で事前に予算を把握し、費用対効果に見合うかを検討することが大切です。

ビュースルーコンバージョンを活用するときのポイント

ビュースルーコンバージョンはクイックスルーコンバージョンと異なり、コンバージョンに至るまでに時間がかかります。そのため、ユーザーの記憶に残るような広告を配信することが大切です。

例えば、キャッチコピーを工夫したり、魅力的なクリエイティブを作成したりすることが大切です。
ユーザーに印象に残りやすい広告にすることで、広告を見たときには購入意欲がなくても、あとに思い出し興味を持ってもらえる可能性高くなります。

また、広告にはさまざまな指標があり、それぞれ測定条件が異なります。
ビュースルーコンバージョンと組み合わせて測定する場合は、事前に条件を確認しておくことも大切です。

まとめ

ビュースルーコンバージョンを計測することで、媒体それぞれの成果だけでなく、全体の広告配信をもとに効果の測定ができます。広告効果を正しく判断するためにも、ビュースルーコンバージョンを考慮してみましょう。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

この記事をシェアする


Video BRAIN

Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ