1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. 動画マーケティングとは?目的やメリット・活用事例まで徹底解説

動画マーケティングとは?目的やメリット・活用事例まで徹底解説

動画マーケティング

WEBマーケティングといえば、かつてはテキストコンテンツが主流でした。しかし、スマートフォンの普及による動画撮影の簡素化や高速通信環境の整備により、今では動画が非常に身近なものとなりました。それを受け、WEB上においても動画マーケティングが大きな注目を集めるようになっています。

ここでは、「動画マーケティング」の目的や活用事例、またその効果やメリット・デメリットについて迫ってみます。

動画マーケティングとは

「動画マーケティング」とはその名の通り動画を活用したマーケティングの手法です。テキストベースでは伝えきれない情報を動画で表現し伝えることができます。近年はスマートフォンで手軽に動画の撮影や閲覧ができるため、その需要や効果は非常に高まっています。

動画マーケティングの重要性

スマートフォンで気軽に動画を楽しめるようになったこと。それは、動画マーケティングの可能性を考えるうえで欠かせない大きな時代の変化を意味しています。

WiFiなどの通信インフラの利用範囲が拡大され動画視聴できるインターネットが整備されたことや、スマートフォンの利用比率が高まっていることなど、その市場の拡大を考えれば、動画マーケティングは今後ますますその重要性を増していくことは間違いないでしょう。

動画広告の現在の市場規模とは

大手広告業代理店「電通」の調べによると、2019年の総広告費は6兆9,381億円。そのおよそ3割にあたる2兆1,048億円がインターネット広告費です。さらに細かく見ると、そのうちの3,184億円が動画広告となっています。全体の数字から見るとまだまだ少ないように感じられるかもしれませんが、前年で比較すると157.1%と大きく伸びています。

次世代移動通信システム「5G」の登場など、通信環境のさらなる進化により動画がより身近なものになっていくことを踏まえると、インターネット広告に占める動画広告の割合は、今後さらに伸びていくことが予想されます。

動画マーケティングの目的

まず、現在動画広告を出稿している企業は、どのような目的で動画広告を作っているのでしょうか。まずは目的をしっかり理解することから、貴社のサービスが動画広告にマッチするかを見てみましょう。

商品やサービス、ブランド名の認知拡大

動画よりも静止画の方が情報量が多いですが、1分間の動画はWebサイト3,600ページに相当する情報量と言われています。また、動きによってメッセージを伝えることもでき、商品やサービス、ブランド名をより強く印象付けることができます。

商品やサービスの理解度を深める

テキストの場合、同じ言葉であっても読む人により受け取り方が変わるため、そこから想像するものが異なり、理解してもらうことに限界があります。しかし、動画であれば視覚的に訴えることができるため、誤解を最小限に抑え、正しく情報を伝えることができます。サービスに対しての強み・アピールポイントを正確に視聴者に伝えられることで、広告の効果をより大きくすることができます。

購入意欲の促進

動画の場合、商品・サービスの紹介だけではなく演出も可能です。例えば、インフルエンサーを起用し楽しそうに商品を紹介してもらったり、機能性をアピールしてもらったりすることで、見る人の購入意欲を刺激できます。テキストで「便利です」と伝えるよりも、便利で驚く演出や実際に活用するシチュエーションを紹介することで、視聴者に「どんな商品で、どう便利なのか」を伝えることができます。

動画マーケティングの効果やメリット

目的を定めたら、次にはその効果やメリットが導入に見合うものかを考えてみましょう。これまでの広告展開には見られなかった効果が、その中には隠されているかもしれません。

SNSの拡散により広告効果を得られる

動画マーケティングのメリットの一つに「拡散性」が挙げられます。例えば、動画を見た視聴者が「おもしろい!」と感じSNSで「いいね」を押してもらえれば、閲覧者がどんどん増えていき、高い広告効果が期待できます。

より視覚的に伝えることができる

ただ商品の画像を貼った広告からは商品を使った時のイメージはなかなか想像できません。しかし、商品を使用している動画を使うことで、「自分が使った時にはこういう良さがあるな」という細かいイメージを与えることができます。また、動画やライブ配信を視聴しながら、そのコンテンツ上で買い物ができる新しいスタイルのeコマース「動画コマース」を展開することもできます。

多方面で活用できる

動画広告は、一つ動画を作成するだけで、自社のウェブサイトはもちろんFacebookやInstagram、twitterといったSNSまで、様々な場所に活用できるなど、配信先が豊富にあります。異なる媒体のためにわざわざ動画を作り直す必要性もありません。

動画マーケティングのデメリット

では、逆に動画マーケティングにデメリットはあるのでしょうか。あるとしたら、どんなところにデメリットが隠されているのでしょうか。

人材の確保が難しい

動画マーケティングは成長著しい分野です。伸び代もあり注目度も急上昇している反面、動画マーケティングに精通した人材はまだまだ少なく、その確保が難しいのが実情です。

時間とコストがかかる

動画の場合、撮影して終わりではなく動画の編集なども行わなければなりません。数十秒程度の動画であっても、何パターンもの動画を撮り、編集作業を行います。それを自分たちで行うとなれば当然労力がかかりますし、外部の映像制作業者に依頼するとなればコストがかかります。

動画マーケティングを行うポイントや活用事例

実際に動画マーケティングを行う際は、ビジネスモデルやサービス内容によってポイントが異なります。そこで、どのような点を意識すればいいのか、また実際の活用事例について紹介します。

商品・サービス紹介動画作成のポイント

商品やサービスを紹介する動画の場合、ただ単に商品やサービスを紹介するだけではなく、実際に商品やサービスを購入・使用した場合、どのようなメリットがあるのかを紹介することが大切です。購入者に単刀直入にメリットを提示できるような動画が求められます。

動画事例

■アパレル通販サイトのサンプル
https://video-b.com/wp-content/uploads/sample_17.mp4
■掃除用洗剤の紹介動画サンプル
https://video-b.com/wp-content/uploads/sample_19.mp4

CSR動画作成のポイント

CSRの場合、自社がいかに積極的に社会的な活動に取り組んでいるのか、また自社のサービスがどのような人々に役に立っているのかを具体的に、かつシンプルに伝えることが大切です。

人間心理なども踏まえ、自己満足や押し付けにならず、しかし「なくてはならない企業」であることをしっかりとアピールする。そのバランスを心がけましょう。

動画事例

■環境への取り組みについての動画サンプル
https://video-b.com/wp-content/uploads/sample_26.mp4
■地域活性化への取り組みについての動画サンプル
https://video-b.com/wp-content/uploads/sample_18.mp4

会社・施設紹介動画作成のポイント

会社や施設紹介動画の場合、商品やサービスを明確に紹介しつつ、自社ならではの付加価値をアピールし、興味を持ってもらう必要があります。例えば飲食店であれば、他では食べられない特別なメニューや特色のある店舗空間などで差別化を図ると効果的です。

動画事例

■寿司店の紹介動画サンプル
https://video-b.com/wp-content/uploads/sample_34.mp4

採用系の動画作成のポイント

多くの求人の中から自社を選んでいただくためには、社内の雰囲気や実際の仕事風景を盛り込むことで自分が働いた時のイメージを持ってもらうことが効果的です。一緒に働く仲間に登場してもらい、「こういう人がいる会社なら安心」と思ってもらうのもいいでしょう。

動画事例

■採用・求人の動画サンプル
https://video-b.com/wp-content/uploads/sample_27.mp4

メディア系の動画作成のポイント

メディア系の動画は、他のジャンルに比べ「信用度」の高さが求められます。シンプルで伝わりやすく、かつストレートな表現が訴求力につながります。

動画事例

■ニュースメディアの動画サンプル
https://video-b.com/wp-content/uploads/sample_28.mp4
■求人メディアの動画サンプル
https://video-b.com/wp-content/uploads/sample_22.mp4

動画マーケティングを成功させるには

ここまで、動画マーケティングについて様々な点から説明してきました。

急速な成長を見せる動画マーケティング。それを成功させるためは、PDCAを速く回し効果を常に把握することや、自社で既に持っているコンテンツをうまく取り入れることも重要です。しかし、そこには時間的、人員的なコストというリスクも潜んでいます。

そのリスクを軽減し、効果的な動画マーケティングを実現するために力を発揮するのが、動画制作ツールです。より手軽に、より速く、より確実に動画マーケティングを展開したい。そうしたご要望を一気に解決し、これまでにない結果を導くチャンスを掴むことができます。ぜひ貴社でも、動画制作ツールの導入をご検討されてはいかがでしょうか。

未経験でも高品質な動画を作成できる、インハウス動画制作に欠かせない AI 動画編集ツール VIDEO BRAIN
サービス HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る