1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. 動画の解像度とは?確認や変更方法についても紹介

動画の解像度とは?確認や変更方法についても紹介

動画マーケティング 動画解像度

ユーザーにとって見やすい動画を制作するためにも、解像度について理解を深めておく必要があります。
解像度とは、動画においての画素の密度を示す言葉です。解像度は自由に選択ができ、種類もさまざまです。

この記事では、解像度の概要や種類、高解像度のメリット・デメリットなどを詳しくご紹介します。
ぜひ、自社での動画制作に役立ててください。

解像度とは?

動画の解像度とは画素のことであり、動画の縦横のピクセル数で表します。

具体的には、「1280×720」や「1920×1080」などがあり、解像度が高いほどピクセル数が多く、映像は綺麗に見えます。例えば、「640×360」で表した果物の絵と「2560×1440」で表した果物の絵では、後者のほうがきめ細やかな部分まで表現されるため、綺麗に見えるのです。

また、画素数は縦横のピクセル数の総数のことです。

解像度が「1980×1080」であれば、画素数は「2,138,400」となります。Web で動画を配信する場合、この解像度はユーザーにとっての見やすさという観点で大きな影響を与えます。
そのため、適切な数値に設定することが求められるのです。

解像度の種類

解像度 種類

解像度にはさまざまな種類があります。
動画で使われる解像度は以下の通りです。

  • ・256×144(144p)
  • ・427×240(240p)
  • ・640×360(360p )
  • ・720×480(SD)
  • ・1280×720(HD)
  • ・1920×1080(FHD※2K)
  • ・2560×1440(1440p)
  • ・3840×2160(UHD※4K)
  • ・7680×4320(SHV※8K)

また、YouTubeが推奨している解像度は240p〜2160pですが、実際のところ、この解像度が一般的でよく使用されています。

しかし、実際に400p以下の解像度の場合少々画質が荒く感じられてしまいます。
そのため、480p以上を目安に設定するのが良いでしょう。

参照:動画の解像度とアスペクト比 – パソコン – YouTube ヘルプ

高解像度のメリットとデメリット

動画を高解像度にするメリットは、先ほども触れましたが、画質が綺麗になり見やすくなることです。

しかし、必ずしも解像度が高ければ良いという訳ではありません。
動画を再生するディスプレイにおいては、表示可能な解像度よりも高い解像度に設定してしまうと、設定した解像度での画質は再現できません。更に高解像度にすることで、動画ファイルのサイズが大きくなってしまいます。

例えば、解像度を1080pにし、ファイルサイズが1GBとします。
これを、同じ画質、長さで2160pに設定した場合、画面面積が4倍となり、ファイルサイズは4GBとなります。
ファイルサイズが大きいほど動画データの転送が遅くなり、ユーザーがスマートフォンを使用している場合はデータ通信量を消耗しやすくなってしまいます。そのため、ファイルサイズも考慮しながら、解像度を設定することが大切です。

解像度を確認する方法

動画の解像度は、パソコンに動画を取り込むことで簡単に確認できます。

Windows10の場合は、エクスプローラーのリボンの「詳細ウィンドウ」から動画を選択します。
動画の詳細ウィンドウが表示されるため、そこから確認してみましょう。
フレーム幅が720、フレーム高が480となっていた場合、解像度は「720×480」です。

また、Macの場合は、動画ファイルを取り込み、ファイルを右クリックして、「情報を見る」の項目から確認できます。

解像度を変更する方法

Windows10の場合、標準搭載されている「フォトアプリ」で解像度の変更ができます。
フォトアプリを開き、「新しいビデオ」をクリックし、「新しいビデオプロジェクト」を選びます。
該当の動画を選択し、プロジェクトライブラリにドラッグ&ドロップします。
エクスポート時に、ビデオの画質を選ぶことで解像度を変更できます。

Macの場合は、「iMovie」を利用します。既に作成した動画をiMovieにコピーし、画面上部にある「共有」ボタンから「ファイル」を選択することで、解像度の変更ができます。

解像度を決めるときのポイント

解像度を決めるときは、コンテンツがどういった内容のものなのかを考慮すると良いかもしれません。
例えば、風景など美しさを表現したい映像であれば、高解像度を選択しましょう。
セミナー動画や研修動画などの場合は、細密さはあまり求められないため、720pあたりが適切です。

迷った場合は高解像度と少し低めの解像度の両方を試し、画質を確認してから決定するようにしましょう。

また、どの解像度に対応しているモニターがよく使用されているのか事前に確認することも覚えておきたいポイントです。

まとめ

解像度はユーザーにとっての見やすさに大きく関係してくるため、動画を編集する際には解像度を考慮して適切な数値に設定しましょう。解像度を高くすると、一般的なディスプレイに対応できない、ファイルサイズが大きくなるなどのデメリットもあるため、注意が必要です。

そういったことも踏まえながら、バランスよく解像度を決めてみましょう。今回ご紹介した解像度の決めるときのポイントなどを踏まえて、ユーザーにとって見やすい動画を制作してください。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る