1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. 動画の画面比率を解説。YouTubeに最適なアスペクト比は?

動画の画面比率を解説。YouTubeに最適なアスペクト比は?

動画マーケティング 動画の画面比率を解説。YouTubeに最適なアスペクト比は?

動画には「アスペクト比」と呼ばれる画面比率があります。
YouTubeに動画を出稿するにあたって、このアスペクト比を適切に設定することが動画の効果を発揮するうえ非常に大切です。また動画の利用シーンによってアスペクト比を使い分ける必要もあります。

そこで今回は、YouTubeにおける最適なアスペクト比などについて解説します。

動画の「画面比率」とは何か

テレビやインターネット動画などの映像の縦横比を「画面比率(アスペクト比)」と呼びます。
代表的な画面比率は「4:3」(スタンダード)と「16:9」(ワイド)の2種類で、スタンダードの比率は正方形に近く、ワイドは横長の画面になります。
その他、「WXGA」や「シネスコ」と呼ばれる比率も利用されます。

動画を配信する媒体によってさまざまな画面比率が存在し、動画制作の際はこの画面比率を念頭に置く必要があります。
制作者のイメージどおりにユーザーに視聴してもらうためには、適切なサイズで制作しなければなりません。

動画の「解像度」とは

動画を制作する際には解像度も重要です。
解像度は「映像の密度」を表す単位で、1インチ内に含まれるドット(ピクセル)の量を表しています。
解像度が高いほど鮮明な画面になり、低いとぼやけて文字などが読み取りにくくなります。

高品質な動画を制作するためには十分な解像度が必要ですが、高ければ良いというわけではありません。
解像度が上がるほど動画の容量が大きくなり、編集処理やアップロードに長い時間がかかるためです。
通信環境によっては読み込みに時間がかかり、ユーザーが離脱する原因にもなるため、適切な解像度を設定することが大切です。

画面比率の代表的な種類と用途

では、よく使われている画面比率の具体的な種類や用途を紹介します。

スタンダード(4:3)

正方形に近い形の比率です。
昔のブラウン管テレビやVHSのビデオテープなどはこの比率でしたが、現在も広く使われています。主流の解像度は「640pix×480pix」です。

ワイド(16:9)

ワイドは横長の見た目になります。地上デジタル放送に対応しているテレビやミュージックビデオ、アニメやドラマのブルーレイなどによく利用されています。
YouTubeの動画もワイドが基準サイズです。解像度は「1280×720」が主流です。
また「1920×1080」で制作するとフルHDと呼ばれる高解像度の動画になります。

WXGA(16:10)

パソコンのディスプレイやプロジェクターの比率はWXGAが採用されているケースが多いです。
解像度は「1280×800」です。

シネスコ(2.35:1)

映画のスクリーンはこの比率を採用しており、映画以外にはほとんど使われていません。
解像度は「1920 x 817.02」が主流です。

さまざまな端末を意識した動画制作が重要

さまざまな端末を意識した動画制作が重要

メディアリサーチ事業などを手掛けるニールセンが行った「Digital Trends 2019上半期」によると、スマートフォンからの動画視聴時間は2016年からの5年間で約4倍になりました。
その要因としてスマートフォンの普及が考えられます。
さまざまな世代でスマートフォンの利用率は上昇しましたが、特に50代・60代の利用率が大きく上昇しています。この調査から、さまざまな世代でスマートフォンが普及し、手軽に動画を視聴できる環境が整っているといえるでしょう。

一方、パソコンも根強く利用されており、タブレットを利用する層も一定数いるため、動画は幅広い端末で視聴されていることが想像できます。

この結果から、さまざまな端末で表示されることを前提に動画を制作する重要性が分かります。
どの端末から見ても違和感のない画面比率を意識すること大切です。

参照:「Digital Trends 2019上半期」

YouTubeに適した動画比率は?

パソコンとスマートフォンでは、YouTubeに適した動画比率は異なります。
パソコンの場合、YouTubeの基本の動画比率は「16:9」のワイドです。
制作した動画がワイド以外だと、ユーザーの視聴環境に合わせて自動的にサイズが調整されます。
さまざまな解像度に対応していますが、高精細な映像が必要な場合は「1920×1080」や「2560×1440」などの解像度も利用できます。

一方、AndroidやiOSが搭載されたスマートフォンでは、プレーヤーが自動的に動画のサイズを調整します。
画面比率は元の動画と一致しますが、縦型、横型、正方形のどの動画でも画面全体に表示されます。
正方形や縦向きの動画はサイズが縦長になり、ワイドスクリーンの動画では横長に表示されます。

まとめ

ここまで、動画の画面比率の種類や利用シーン、YouTubeに適した画面比率などについて解説してきました。
適切な画面比率は端末だけでなく利用する媒体によっても異なるので、事前に対応サイズを確認しておくと良いでしょう。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る