1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. 賃貸物件を動画で紹介する効果とは?撮影・編集ポイントや事例を紹介

賃貸物件を動画で紹介する効果とは?撮影・編集ポイントや事例を紹介

不動産業者のWebサイトや賃貸物件情報サイトなどで、物件を撮影した動画が掲載されている事例が多くなっています。静止画では確認しきれない室内外の様子を動画で撮影し掲載することで、実際の様子がイメージしやすくなります。

この記事では、賃貸物件を動画で紹介する効果やメリットをご説明しながら、実際に物件動画を作成するポイントや事例をご紹介します。

賃貸物件を動画で紹介することのメリット

物件紹介に動画を掲載することには、どのような利点があるのでしょうか。
賃貸物件の紹介を動画で行うことのメリットには、以下のようなものがあります。

イメージと実際の物件のギャップを埋められる

静止画の物件情報は室内の様子を定点からしか確認できず、各部屋の位置関係などを把握することが困難でした。
しかし動画を加えることで玄関から入室し、室内をさまざまな場所から見た様子などを確かめることができます。
実際に部屋へ行って内見しているような気分を味わえ、物件を探す人の満足度を高めることが可能です。

YouTube配信などで新たなターゲットを開拓できる

物件紹介の動画をYouTubeなどで公開することにより、より多くの人の目に触れる機会が増えます。
また不動産業者のサイトから動画を見る人だけでなく、動画配信プラットフォームの利用者にまでターゲットを拡大することも可能です。

音声を入れられ多くの情報量を容易に伝えられる

動画には音声も入れることができます。ナレーションなどを実況風に盛り込みながら物件紹介動画を作成することで、より多くの情報が伝達可能になります。

物件紹介動画を撮影・編集する際のポイント

物件紹介動画を撮影する場合、外注で撮影を依頼するよりは不動産業者の人が自分で撮るケースの方が多いと思われます。不動産業者の人が物件紹介動画を撮影・編集して作成する際、どのような点を意識すべきかについてご紹介します。

撮影機器は高画質で撮れるものを

動画が撮影できる高画質なカメラ機能を備えた機器を準備しましょう。
最近は、スマートフォンでもかなり高画質な動画を撮れるものが選べます。
画質さえ確保されていれば、手持ちのデジタル一眼レフやスマートフォンでも十分な動画撮影が可能です。

室内撮影は三脚などで固定して行う

カメラには手ブレ補正がついているものが殆どですが、固定をして動画撮影をするのがおすすめです。
手ブレしてしまうと、見にくいばかりかユーザーにも不快感を与えてしまう可能性があります。
そのため、三脚などで機器を固定し首振りで機器を移動させながら撮ることがおすすめです。

室内は可能な限り明るく

室内が暗いのと明るいのとでは、明るい部屋の方が印象も良く魅力的に見えます。
日当たりの良い物件であれば自然光で昼間撮影することがベストですが、薄暗いなどの場合はライトを活用して明るさを確保の上撮影しましょう。

音声録音は別録りが理想的

ナレーションやBGMなどの音声を入れる場合、撮影機器のマイクをそのまま使用してしまうと雑音やノイズを拾いがちになります。
高性能なマイクを別途用意して声を録音するか、別録りした音声を編集で加える方法がおすすめです。

編集で字幕を加えて分かりやすくする

編集する際は尺の調整だけでなく、字幕の挿入も行うことがおすすめです。

現在紹介している部屋がキッチンなのかリビングなのかを字幕で示したり、推奨したいポイントを字幕で分かりやすく入れたりすると親切な動画になります。動画のイメージに合わせ、フォントや文字の色味なども工夫しましょう。

動画の尺は簡潔に

伝えたい情報は数多くあるかもしれませんが、動画の尺はできるだけ短く抑えましょう。
3分以内の尺に収めることがベストですが、ダイジェスト版の短編動画を基本にしつつ「もっと見たい人用」に長尺の動画を別途公開する方法もあります。

動画は不動産業者のサイトで公開する方法もありますが、ターゲット拡大にはYouTubeにアップロードすることがおすすめです。YouTubeに公開した動画を不動産業者のサイト上でリンクの形で掲載すると、サイトとYouTubeの両方から集客を図ることができます。

物件紹介動画の事例

物件紹介動画の事例

実際にどのような物件紹介動画が公開されているのか、事例を見ていきましょう。
短い尺のシンプルな紹介動画と、物件全体をくまなく紹介する長尺の動画の対照的な2本を取りあげます。

VR東京高級不動産360度の世界~東京ツインパークス~

約2分の動画で、高級賃貸住宅ならではの景観を余すところなく紹介しています。
景観に特化した構成が大きな特徴で、この動画を見て室内をさらに確認したくなった人が積極的に問い合わせをしたくなる内容になっています。

参照:VR東京高級不動産360度の世界~東京ツインパークス~

ドーフ上目黒 2LDK 44.96㎡ デザイナーズマンション

外観から玄関、廊下から各室内と物件全体を見て回る様子を、約7分でじっくり紹介する動画です。
冒頭の1~2分だけを見ても、物件の魅力が十分に伝わる内容になっているのがこの動画のポイント。
その後まで見れば、室内のクローゼットや外構の様子まで余すところなく確認できます。

参照:ドーフ上目黒 2LDK 44.96㎡ デザイナーズマンション 新築 低層 中目黒 dorf kamimeguro

まとめ

物件紹介動画は自分でも撮影でき、さほど難しくないと感じるかもしれません。
しかし動画紹介を不動産業者のアピールポイントにするなら、賃貸物件の数だけ動画を撮影しなければなりません。意外に手間が掛かるため、できるだけ簡単な方法で品質の高いものをとお考えではないでしょうか。

撮影した大量の動画を、スピーディに編集できる動画作成ツールを活用する方法もおすすめです。
最近では、AIによって自動で動画編集を簡単に行えるツールも登場していますので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

この記事をシェアする


Video BRAIN

Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ