1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. 【企業担当者向け】動画制作のコツや押さえておきたいポイントとは

【企業担当者向け】動画制作のコツや押さえておきたいポイントとは

企業のブランディングや商品のプロモーションなどを目的とした動画制作を考えているマーケティング担当者は多いと思います。スマートフォンが普及し、動画を視聴するユーザーも増えてきていることから、マーケティング戦略の一環として動画制作が注目され始めています。

効果的な動画を制作するためには、動画制作のコツや注意点を事前に把握しておくことが大切です。

この記事では、動画制作前におさえておきたいポイントや撮影時のコツ、制作時の注意点などを詳しく解説します。

動画制作前に押さえてくべきポイント

ここでは、動画制作前に押さえておくべきポイントを紹介します。

動画の目的を明確にする

動画を制作する前には、まず動画の目的を考えることが大切です。例えば、「ユーザーの声を動画にして信頼性を高めたい」「商品やサービスのハウツー動画を紹介してユーザーの不安を取り除きたい」「動画を使って企業のブランディングがしたい」などのように、なぜ動画を制作したいのか、その目的を明確にしておきましょう。

目的を立てないと、どんなに演出にこだわってかっこいい動画を作ったとしても、ユーザーにメッセージが伝わらず、期待する効果が得られない可能性があります。

内容・構図をしっかりと考える

動画の目的が明確になったら、次はその目的に合わせて動画の内容や構図を考えましょう。例えば、商品・サービスの紹介動画であれば、「使い方」や「特徴・機能」などを盛り込むことでユーザーのニーズが満たせます。また、動画の長さや音楽の有無などについても考えましょう。

動画の長さはプラットフォームによって異なります。例えば、Instagramは30秒、Twitterは45秒、Facebookは1分、YouTubeは2分がベストであるといわれています。

最近は、時間のかかる工程を倍速再生に凝縮した1分動画も流行しているので、取り入れてみると良いかもしれません。例えば、メイクや料理のハウツー動画は1分動画がおすすめです。

参照:HubSpot「How Long Should Your Videos Be? Ideal Lengths for Facebook, Instagram, Twitter, and YouTube [Infographic]」

動画撮影時のコツ・ポイント

ここでは、動画撮影時のコツ・ポイントを紹介します。

手ぶれに注意する

スマホやカメラを手で持って撮影する場合、手ぶれが発生する可能性があります。動画の揺れはユーザーに不快な気持ちを与えるので、制作時には注意が必要です。手ぶれ対策をするためにも、なるべく三脚を使用しましょう。

自分がイメージしている構図の動画を真似る

初めての動画制作でどのように撮影すれば良いのか分からない場合は、イメージしている構図に近い動画を探し、真似てみると良いかもしれません。例えば、撮影の角度や色使い、構図などを真似して撮影することで、失敗する可能性も低くなり、徐々に撮影のコツが分かっていきます。

テキスト追加を想定する

動画にテキストを入れることで、ユーザーは音をつけなくても動画の内容が理解できるようになります。そのため、撮影時にはテキストを追加することを想定しながらレイアウトを考えることが大切です。

撮影環境を整える

撮影する場所の環境を整えておくこともポイントです。例えば、室内で撮影する場合、空調による風に注意する必要があります。マイクに風が当たってしまうと、ノイズの原因になります。

また、光の入り方によっても映像の明るさが変わってきます。室内ではカーテンを閉める、夜間に撮影するなど調整しながら撮影すると良いかもしれません。背景もコンテンツの一部です。動画のテーマに合う場所を選びましょう。

動画制作時の注意点

動画を制作する時とき、使用する素材や伝えたい情報は予め整理しておくことが大切です。動画に必要以上の情報を盛り込んでしまうと、メッセージが伝わりにくくなってしまうだけではなく、混乱や離脱につながります。また、長文のテロップや過剰なエフェクトにも注意しましょう。最後に、動画の画面が切り替わるシーンでは、しっかりメリハリをつけるように心がけると良いかもしれません。

まとめ

効果的な動画を制作するためにも、まずは目的を明確にし、それに合った構図を考えることが重要です。また、動画制作の方法が分からない、難しいと思う担当者のみなさまはツールを活用してみましょう。

現在では、動画編集ツールやソフトが数多くあり、AIアシストによる動画編集など未経験の方でも簡単に作成できます。テンプレートやフォントの数も豊富で、さまざまなデザインを実現できるため、これから動画制作をする方はぜひご活用ください。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。
HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

この記事をシェアする


Video BRAIN

Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ