1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. 動画によるプレスリリースが効果的な理由や、メリットについて紹介

動画によるプレスリリースが効果的な理由や、メリットについて紹介

Webマーケティング 動画によるプレスリリース

プレスリリースといえばテキストが主体でした。
しかし、近年ではプレスリリースに動画を用いている企業が増えてきています。
動画によるプレスリリースは、なぜ効果的なのでしょうか。

この記事では、動画によるプレスリリースが効果的な理由とメリット、動画作成のコツをご紹介します。

動画によるプレスリリースが効果的な理由

動画によるプレスリリースが効果的な理由は、動画の持つ特徴にあります。
例えば、動画はテキストと比較すると、情報伝達力に優れています。
1分間の動画に180万文字分の情報を伝えることができるだけではなく、テキストよりも素早く正確な情報が伝えられます。

また、アメリカ国立訓練研究所が提唱している「ラーニングピラミッド」によると、動画の記憶定着率はテキストのおよそ2倍です。文字よりも記憶に残りやすいということが分かりました。
これらの理由から、情報を正確に瞬時に伝え、人々の記憶に印象付けたいプレスリリースに動画が効果的であるといえるのです。

参照:Education corner「The Learning Pyramid」

プレスリリースに動画を活用するメリット

プレスリリースに動画を活用するとどういったメリットがあるのでしょうか。
ここでは、2つのメリットをご紹介します。

短時間で情報が伝わりやすくなる

メディア担当者は日々、膨大な情報を確認しているため、1つのプレスリリースに時間をかけてゆっくり読む時間がありません。そのため、動画を活用することで、短時間で情報が伝わりやすくなります。
これは、動画の大きなメリットといえるでしょう。

拡散されやすくなる

プレスリリースに活用した動画をSNSなどにアップすることで、ユーザーから拡散されやすくなるというメリットがあります。例えば、ストーリー性のある動画などは印象に残りやすく共感してもらいやすいため、ユーザーによる拡散が期待できるでしょう。

プレスリリース用の動画作成のコツ

プレスリリース用の動画作成のコツ

プレスリリースに使用する動画は、どのように作成すれば良いのでしょうか。
次に、動画作成のコツをご紹介します。

ストーリー性のある動画を作成する

プレスリリース用の動画を作るには、ストーリー性を意識しましょう。
プレスリリースは広告ではないため、商材やサービスを売り込むのではなく、「商品がなぜできたのか」「開発者インタビュー」「商品を中心にしたドラマ」など、人々が共感するようなストーリーを入れるように意識することが大事です。

また、新商品のプレスリリースを動画にする場合、テキストなどでは伝わりにくい内容を入れることでより訴求力を高めることができます。

動画再生時間は短くする

動画の再生時間は決まりがありません。しかし、長すぎると視聴者は飽きてしまいます。
メディア担当者やユーザーに最後まで見てもらうためにも、要点を完結にまとめ、可能な限り再生時間を短くしましょう。

インフォグラフィックを入れる

重要な情報を図やグラフで素早く伝えるために有効なインフォグラフィックは、動画の情報伝達力をより高めるために使用するのにも便利です。
動作や音が入れられることができ、伝えたい情報も伝わりやすくなるでしょう。

スマートフォンからの閲覧を想定する

動画再生のデバイスとしてスマートフォンの存在を忘れてはいけません。
PCとは違い、場所を選ばず容易に再生できるため、多くの人はスマートフォンを利用して動画を再生します。
動画を作成するとき、スマートフォンでも見やすいものを作りましょう。

インフォグラフィックを入れる場合は数字や文字を大きくする、新商品は画面いっぱいに映るカットをつけるなど、スマートフォンから動画再生をしても、商品や媒体の魅力が分かるように工夫することが大切です。

まとめ

テキストの告知が主流となっていた中、訴求力の高い動画を用いたプレスリリースの需要が高まってきています。
プレスリリースやニュースリリースの配信プラットフォームでも、動画によるプレスリリースが投稿しやすくなっており、より多くの人に動画を配信できるツールがあるため、動画を活用したプレスリリースを作成してみると良いでしょう。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る