1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. 動画マーケティングで効果測定はどうやるの?見るべき指標と改善のポイントを紹介

動画マーケティングで効果測定はどうやるの?見るべき指標と改善のポイントを紹介

動画マーケティング 動画マーケティングの効果測定

マーケティングの手法として、さまざまなシーンで動画が用いられるようになりました。行った施策がどのくらい効果をあげたか、どんなところを改善すればよいかを判断するには、正しい効果測定が必要です。

動画を公開している企業は、どのような効果測定をしているのでしょうか。
ここでは、動画マーケティングの効果を上げるためのヒントとなる効果測定について説明します。

動画マーケティングとは

動画マーケティングは、インターネット上で行われるマーケティング活動の中でも、動画コンテンツをメインに据えて活用する手法です。
スマートフォンをはじめとするモバイルデバイスを利用するユーザーが増えたことで、あらゆるデバイスで親和性の高い動画が注目されています。

また、動画はテキストや画像に比べて伝えられる情報量が格段に多く、インパクトが大きいというメリットがあります。
他のマーケティング手法と同様、動画マーケティングにおいても、効果を見つつ改善をしていくことが大切です。
動画をアップするFacebook やYouTubeにはリアルタイムで効果を測定する解析ツールがあります。
このツールを活用して、効果測定と改善を行っていきましょう。

動画マーケティングに注目すべき指標

動画がどのくらい効果をもたらしているかを測定するには、どの指標を参考にすればよいのでしょうか。
主に見ておくべき基本の指標を説明します。

再生回数

動画は視聴されて初めて効果を発揮します。
そのため、最初に確認すべきはどれだけ動画が視聴されたかを示す「再生回数」です。

再生回数を見るときには、カウント方法に気をつけなければなりません。
どのようにカウントされているかはプラットフォームによって異なります。

「すぐに動画を見るのをやめた場合は再生回数としてカウントしない」「同じ人(同じIPアドレス)が短時間に何度もリロードした場合は再生回数としてカウントしない」などのルールが定められている場合もあります。
複数のプラットフォームを利用している場合は特に、単純な比較にならないように気をつけましょう。

また、再生回数の多さだけにとらわれないように注意することも重要です。
認知目的の施策であれば再生回数の多さが成功を判断する指標になりますが、CVを増やすところまで目標に含めている場合は「再生回数は多いがCVまで至っていないユーザーが多すぎる」という問題点が見つかるかもしれません。

クリック再生率

動画の再生は、ページを訪れると自動で再生される自動再生と、ユーザーがクリックすることによって再生されるクリック再生の2種類があります。
クリック再生率とは、この2つの再生方法のうち、後者の「ユーザーの手による動画再生の割合」です。クリック再生率はページ表示回数と動画の再生回数から算出することができます。

クリック再生率が高ければ、動画が掲載されているページの内容やユーザーが知りたがっていた情報に動画の内容がマッチしていたことがわかります。
コンテンツの内容からユーザーが欲している情報を動画として提供できていれば、ユーザーが自ら行動し再生を行ってくれます。

クリック再生率がどれくらいであれば、成功といえるかは、そのサイトや動画の目的によりますし、コンテンツの内容や全体のどの部分を補完しているかといったことによっても変わります。

視聴維持率

一本の動画を最後まで視聴してもらえるのが一番ですが、必ずしもそうとは限りません。
ユーザーがどれくらい長く視聴してくれたかを見るのが視聴維持率です。
視聴維持率は、スタートして何秒後にどれくらいの人が視聴を継続していたかの割合で示されています。

多くのユーザーが動画を再生してくれたにも関わらず、始まってから数秒で視聴をやめてしまったとしたら、動画のコンテンツに何らかの問題があるということになります。
伝えたい内容が伝わっていなかったり、飽きさせるものであったりと、理由がいくつも考えられますので、それらを考慮して動画のメンテナンスをする必要があります。

YouTubeでは視聴者支持率、Facebookでは、オーディエンスリテンションという指標にて、視聴維持率を見ることができます。視聴者が離脱しやすいポイントがわかれば、動画の内容を見直すことも検討しましょう。

動画掲載サイトの滞在時間や直帰率、CV率

動画自体の指標も重要ですが、サイト全体、あるいは、動画が掲載されているサイトの指標も注目しておく必要があります。動画がWebページ内に掲載されたことで、どのような効果が出たかは、掲載サイトの滞在時間や直帰率、コンバージョン率などから判断します。

これらの数値が悪い場合は、動画自体の問題であるかもしれませんが、掲載される場所の問題であったり、コンバージョンポイントとの位置関係であったりします。ちょっとした変更で改善されることも多々あります。

このようにさまざまな観点からの指標がありますが、これらの指標を見て、どう解析するのかといったことは、動画を作成する目的によって異なってきます。

KPIの設定

KPIの設定

動画マーケティングにおいて、KPIはどのように設定すればよいのでしょうか。
ここでは、YouTubeに動画広告を配信した場合のKPIで考えてみましょう。

まず、認知が目的の場合のKPIとしては、視聴回数、インプレッション、ユニークユーザー数で見ます。
実際にどれだけのユーザーの目にとまって再生されたのかが指標になります。
検討を目的としている場合は、製品やサービスの内容などをじっくりと見てほしいことから、KPIは、視聴完了率を使います。製品やサービスの購入が目的であれば、KPIはクリック数や問い合わせ数、そのあとの会員登録数、そして売り上げになるでしょう。

このように、目的によってチェックすべき指標が異なってきます。何を目的として動画を用いるのかをよく確認しましょう。また、KPIは、一度決めたら変更してはいけないというものではありません。
動画の内容を変えたり、ページでの掲載場所を変えたりと、指標をもとにPDCAを回すことでより効果的な動画になっていきます。

まとめ

動画マーケティングでは常にPDCAを回し、リアルタイムに調整をし続けることが大切になります。
その過程で、ぶれてはならないのは、動画配信の目的です。
目的に合わせた質の高い動画を制作し、サイトに最も効果的な方法で掲載するようにしましょう。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る