1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. クオリティの高い動画を制作するには?4つのステップに分けて解説

クオリティの高い動画を制作するには?4つのステップに分けて解説

動画マーケティング 動画 クオリティ

近年、動画視聴環境が飛躍的に整ったことに伴い、多くの企業が自社で動画を制作し、マーケティングに取り入れ始めています。

しかし、動画制作に手を出したのは良いものの、なかなか思うようなクオリティに仕上がらず視聴数が伸びない、という悩みもよく耳にします。今回は、ユーザーに視聴してもらえる「クオリティの高い動画」を制作するためのポイントを、4つのステップに分けてご紹介します。

ユーザーに選ばれる動画を作ろう

なぜユーザーに選ばれる「クオリティの高い動画」が必要なのか。
まずは、動画コンテンツを取り巻く現状を知っておきましょう。

動画コンテンツが溢れている

昨今、スマートフォンの爆発的な普及や次世代高速通信規格「5G」に代表される通信回線網の強化により、動画視聴が非常に身近なものとなりました。かつてのようにPCやテレビを用意しなくても、手元のスマートフォン一台で動画が視聴できる時代。TwitterやFacebookなどSNSの流行により気軽に動画を「シェア」できるようになったことも追い風となり、動画は私たちにとって当たり前のものとなっています。

最近では商品PRなどのオンライン広告はもちろん、「〇〇の使い方」といったチュートリアル、不動産の物件紹介、求人情報の掲載などあらゆるジャンルで動画コンテンツが活用されるようになりました。
今後もこの傾向は強まり、私たちが目にする「動画の数」は増え続けることが予想されます。

動画にクオリティが求められている

このように、現代は動画コンテンツが世の中にあふれ、飽和しているといっても過言ではない時代です。
他の動画コンテンツに負けずに視聴してもらうためには、ユーザーの目を惹き「観てみたい」と思わせるだけのクオリティが求められます。

クオリティの高い動画とは

クオリティの高い動画とは、そもそも具体的にどのようなものでしょうか。

一つの定義としていえるのは、「伝えるべき情報をわかりやすく伝えられる動画」であることです。

何を伝えたいのかわからない動画やいたずらに人を傷つける動画は、決してクオリティの高い動画とはいえません。この動画で視聴者へ何を伝えたいのか、十分に伝わるように工夫されているか、誰かを不快にさせる内容ではないか。そうしたことを企画段階から意識することで、自ずとクオリティの高い動画に仕上がります。

クオリティの高い動画がもたらすメリットとは

では、動画のクオリティを上げることでどのようなメリットが得られるのか。代表的なものを紹介します。

ブランドイメージを向上させる

最も大きなメリットは、動画のクオリティ次第でユーザーのブランドに対するイメージを劇的に向上させられることです。

そのブランドをあまり知らないユーザーにとって、動画との出会いはそのブランドを深く知るきっかけとなります。ユーザーの興味・関心をあおる動画を提供することで、「こんなにおもしろい動画を作るブランドだったのか」というプラスのイメージを植え付けることができます。

より拡散される動画になる

SNSによる拡散効果が狙える点も動画の大きなメリットといえるでしょう。

ユーザーに気に入ってもらえたコンテンツはSNSを通じてあっという間に拡散されます。

周りに拡散したくなるようなクオリティの高い動画を提供できれば、二次拡散、三次拡散と次々に広がっていきます。ユーザー間の拡散は広告費用がかからないため、積極的に狙いたい要素です。

SEO効果が見込める

検索順位を決定つけるアルゴリズムは200以上あるとされていますが、正式には発表されていません。

しかし、Googleをはじめとする大手検索エンジンでは「ユーザーファースト」を掲げており、ユーザーにとって有益・最良であると判断されるサイトは評価されやすい傾向にあります。

動画においては直接検索順位に直結しているわけではありませんが、ユーザー不ファーストを意識した動画作りをすることで、評価の向上へとつながります。

動画のクオリティを上げる4つのステップ

動画 クオリティ 上げる

上記のように、クオリティの高い動画の制作は多くのメリットをもたらします。
それでは、動画のクオリティを上げるためのコツをステップ形式で見ていきましょう。

画質に気をつける

最初に気を付けたいのは画質です。

ここ数年でフルHDや4Kのような高画質動画も当たり前のものとなり、低画質な動画はそれだけでユーザーにストレスを与えてしまうようになりました。最低でもHD画質以上にするなど、画質(解像度)には気を配りましょう。

また、三脚を使用して画面のブレを防止する、自動で被写体にピントを合わせてくれる「オートフォーカス機能」を積極的に活用するなどの工夫を加えるだけでもワンランク上の動画を撮影できます。
画質とあわせて意識してみてください。

音質に気をつける

音質も画質同様にユーザーのストレス原因となり得る要素です。

周囲の雑音がたくさん入っていたり、音声が不明瞭で聞き取りづらかったりする動画は、とてもクオリティが高いものとはいえません。静かな環境で撮影する、高性能なマイクを使うなど、ユーザーへストレスを与えないために最善を尽くしましょう。

内容・構成を意識する

ユーザーが不快に感じる要素はないか、中身のある動画といえるかを構成段階から意識しておく必要があります。

上記で紹介したように、SNSによる拡散効果はクオリティの高い動画の大きなメリットです。
逆にいえば、拡散したいと思ってもらえない内容では効果がありません。
視聴後に「観て良かった」と思ってもらえるような内容を目指しましょう。

編集を工夫する

最後に大切となるのは、編集に力を入れることです。

たとえ上手に撮影できた動画があっても、そのままアップロードしたのでは、単なるメリハリのない動画で終わってしまいます。不要な部分をカットする、最小限のエフェクトやテロップを入れるなど、わずかな編集を加えるだけでも全体のテンポが大きく改善されます。

ユーザーの満足度を高めるため、工夫を凝らしましょう。

まとめ

このページでは、クオリティの高い動画を制作するメリットや、制作するために気を付けたいポイントをご紹介しました。

伝えたいことを不快感なく伝えられる「クオリティの高い動画」は、ブランドイメージの向上などさまざまな恩恵を企業にもたらします。その恩恵を受けるためにも、ここで紹介したいくつかのポイントは間違いなく大切なものとなりますが、それに加えて動画編集に対する相応の知識や経験もやはり欠かせません。

もし「なかなか思うような動画に仕上がらない」という場合は、ぜひ動画制作ツールのご利用をおすすめします。「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、AI技術により動画編集を強力にサポートするツールです。
未経験からでも手軽に高品質な動画を作ることができますので、クオリティの高い動画の制作を実現してください。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る