1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. 動画配信プラットフォームとは?ビジネスへの活用法を紹介

動画配信プラットフォームとは?ビジネスへの活用法を紹介

近年は動画コンテンツが普及しつつあり、個人や企業などからの動画配信プラットフォームへの関心も高まってきています。

そこでこの記事では、動画配信プラットフォームの概要や種類、メリットや代表的なプラットフォームなどをピックアップし、ビジネスへの活用法とともにご紹介していきます。

動画配信プラットフォームとは?

動画配信プラットフォームとは、WEBを利用して動画コンテンツを配信できる場所のことを指します。
配信方法としては、あらかじめアップロードした動画を再生する「ストリーミング」と、映像をリアルタイムで配信する「ライブ」の2種類があり、さらにプラットフォーム自体にも無料版と有料版があります。

無料版

無料版では動画ファイルのアップロードや再生などが無料でできるとあって、企業だけでなく個人での利用者にも好まれる傾向があります。
無料で利用できるプラットフォームにおいて最も有名なのが「YouTube」です。

メリット

コストが掛からないため誰でもすぐに利用できるので、媒体自体にもアクティブユーザー数が多く存在します。
また、シェア機能によっては多くの人の目に留まりやすいことなどが挙げられます。

デメリット

一般消費者も動画をアップロードすることができるため、大量の動画がサイト内に存在し、ターゲットに届けたいと考え動画をアップロードしても、適切な設定などを行わなければ、ユーザーにリーチすることができません。

有料版

有料版のプラットフォームは利用にあたって料金が発生するため、企業の研修や学習などの限定的な目的で利用されることが多いです。
「Hulu」や「Netflix」をはじめとするVODサービスもここに属します。

メリット

コンテンツが保護された状態でアップロードされるため、セキュリティ性が高いです。
さらに自社Webサイトへの誘導やデジタルサイネージとして利用するなど、活用方法が柔軟であることも特徴として挙げられます。

デメリット

導入コストがかかるほか、拡散されにくいため用途によっては不向きであることが挙げられます。
ユーザーを集めてくる必要があるため、立ち上げるのに時間がかかるのに加え、ユーザーを集めてくるためのコストもかかります。

動画配信プラットフォームを活用することのメリット

動画配信プラットフォームを活用するメリットはいくつか挙げられます。
主なメリットは以下のようなものが考えられるでしょう。

コンテンツの作成・管理が容易にできる

画像などと比較すると容量が大きい動画コンテンツですが、動画配信プラットフォームでは動画を編集できる機能を保持している媒体もあるため、簡単にコンテンツの作成や編集をすることができ、管理も比較的簡単に行なうことができます。

動画の配信先を限定することができる

動画配信プラットフォームには視聴者を限定する機能があるため、企業内でのeラーニング動画や、特定の地域への動画配信などにも活用することができます。
さらにコンテンツの内容やターゲットに応じて、お問い合わせページのリンクや関連する商品動画のサムネイルを表示させることも可能ですので、マーケティングを取り入れた効果的な配信が可能です。

視聴者のデータ・視聴状況など細かいデータ収集が可能

動画配信プラットフォームでは、コンテンツの再生数や視聴完了率、視聴状況などの細かいデータを収集することができます。こうした数値データを収集し、分析することで視聴者の好みなどが把握できるため、動画マーケティング戦略などに役立てることも可能です。

動画配信プラットフォームの例

動画配信プラットフォームの例

動画配信プラットフォームにはさまざまな便利機能が付いていて、誰でも簡単に使用できるものがたくさんあります。ここでは、よく利用されているプラットフォーム3つをご紹介します。

ULIZA

ULIZAは日本国内で開発された有料の動画配信プラットフォームです。
ストリーミングやライブ配信、ウェブ講演会など機能が充実しているほか、パソコンやスマートフォン、スマートテレビといったマルチデバイスにも対応しています。
すべての機能が利用できるのはもちろんですが、自社で必要な一部の機能だけを利用することも可能ですので、幅広く活用できるのも魅力です。

また、ULIZAは会員限定配信にも対応しているため、目的ごとの使い分けもできます。
そしてコンテンツの配信だけでなく、エンジニアや専門スタッフによるサポート体制が充実していることも特徴です。

Video Cloud

Video Cloudは国内外の3,000社以上で利用されている人気の動画配信プラットフォームです。
デジタルマーケティングや、企業などのクローズドな環境での動画配信に定評があり、それぞれの用途に特化した機能やプランが充実しています。

海外有数のテレビ局やメディア、VODサービスでも利用されているとあって、動画の高速配信やマルチデバイス対応、コンテンツ管理やセキュリティ対策なども万全です。

ひかりクラウド スマートビデオ

NTT東日本による動画配信プラットフォーム「ひかりクラウド スマートビデオ」は、一つの動画形式でアップロードするとPC・スマートフォンなどのマルチデバイスに一括で配信してくれる便利機能を備えています。
NTT東日本のフレッツ網を利用しているためセキュリティ性が高く、限定配信やライブ配信なども手軽にできるとあって人気のプラットフォームです。

まとめ

動画配信プラットフォームは、動画コンテンツの配信・管理がWEBで簡単にできる場所のことを指します。
近年は動画コンテンツの普及により、企業での導入も進んでいます。
さらに動画配信プラットフォーム自体はたくさんあり、それぞれ特化している分野や強みなどが異なります。

したがって自社で導入する際は、そもそも動画配信プラットフォームを導入するメリットがあるのか、そして導入する目的やコンテンツに合ったプラットフォームはどれかを精査することも重要です。
導入することで、より高い効果を得るためにも、自社に適したプラットフォームを選びましょう。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

この記事をシェアする


Video BRAIN

Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ