1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. 動画コンテンツが注目されている理由とは?制作のポイントも紹介

動画コンテンツが注目されている理由とは?制作のポイントも紹介

企業によるコンテンツマーケティングといえば、コラム(記事)、ブログ、ホワイトペーパーやメールマガジンなどでした。しかし近年は5G通信の実用化や動画配信プラットフォームの盛り上がりなどを背景に、動画コンテンツに対する注目も高まっています。

この記事では、企業のコンテンツマーケティングで動画が注目され始めている理由や、企業による動画コンテンツ制作のポイントについてご紹介します。

動画によるコンテンツマーケティングのメリット

企業の動画によるコンテンツマーケティングが注目されている理由とは、何なのでしょうか。
社会的背景などを基に、動画によるコンテンツマーケティングの一般化についてご説明します。

デバイスや通信環境の変化に適している

2010年代以前までは、携帯電話(いわゆる「ガラケー」)やパソコンが、インターネットにアクセスする主な機器でした。当時はモバイル通信速度も十分ではなく、どこでも気軽にインターネット経由で動画を見ることは難しいものでした。

しかし4G通信サービスやYouTubeの台頭を機に、動画視聴の習慣が定着し始めました。2020年には5G通信が実用化され、モバイル通信環境下でも十分な画質・音質で動画を楽しめる環境が整いました。

動画は純粋な娯楽・情報コンテンツにとどまらず、広告やプロモーションムービーなど企業の広報手段としても幅広く活用されるようになってきているのです。

動画の特徴と企業広報との親和性の高さ

一般的な静止画+テキストによる情報伝達と比較し、動画は短時間内におよそ5千倍の情報量を盛り込むことが可能とされています。

また、動画による情報は記憶への定着度も高く、テキストよりも、動画のほうが記憶に残りやすいともいわれています。そのため、企業の商品やサービス紹介など、テキストでは伝えにくい部分を伝えやすい動画は企業広報との親和性が高いといえます。

企業活動で動画コンテンツの活用に向いている分野

企業活動において動画コンテンツを活用可能な分野は、数多くあります。
その中でも、特に動画と相性の良い企業コンテンツについてご紹介します。

商品紹介

商品紹介はカタログやパンフレットなどの紙媒体か、営業担当者によるデモンストレーション(実演)などで行われてきました。

これらの商品紹介を動画で行えば、一つのコンテンツをさまざまなシーンで活用することが可能です。
企業サイトでの公開や展示会での上映をはじめ、商談で営業担当がタブレットなどで先方に見てもらうといった活用法もあります。

研修資料

社内外で実施する研修には、膨大な資料を要する場合もあります。
紙の印刷物で資料を用意する場合、人数分を印刷しなければならず作業自体も大変です。

しかしそれらを動画で紹介する方法にすれば、紙や印刷に関する手間とコストを省けます。
また動画ファイルを一つ用意しておけば、研修での公開と受講者への共有の両方に活用可能です。

動画広告

年代によっては、テレビよりもインターネット上の動画に親しむユーザーが増加しています。
それを背景に、業界次第では高額なコストをかけたテレビCMよりもインターネット上の動画広告の方が効率よく宣伝できるケースも目立ってきました。

動画広告の中でも、YouTubeのTrueViewインストリーム動画などは特に多くの人の目に触れるため、大手企業が大量露出を行う例も見られるようになっています。

企業が動画コンテンツを作成する際のポイント

動画コンテンツの作成

企業が動画コンテンツ作成する際、予算が潤沢にあるケースばかりではないと思われます。
自社で動画コンテンツを作成する際に、留意したいポイントを動画広告を例に挙げてご紹介します。

冒頭10秒までに要点を盛り込む

コンテンツの冒頭は「つかみ」と呼ばれるように、視聴者の心を引き付ける重要なポイントになります。
最初の10秒(できれば8秒くらいまで)の間でユーザーの興味を引き付け、意思決定を促す内容を盛り込みましょう。

終盤には具体的な意思決定手段を入れる

動画を最後まで視聴してもらうことを前提に、ラストではその後のアクションにつなげる具体的な手段を提供することが重要です。
リンクを表示してクリックを促したり、「いいね」やシェアをお願いする内容を含めたりしましょう。

動画の目的やターゲットユーザーを決めておく

動画の目的と対象ユーザーは、動画制作の前段階で必ず決定しておきましょう。
目的であれば商品の認知や購入、ブランドイメージの向上や人材採用などがあります。

またターゲットも年代、性別、居住地域、職業、興味関心の対象などさまざまな要素を想定します。
目的とターゲットが事前に決定されていることで、出稿する媒体や動画の尺、内容の構成などもそれらに合わせて決めていくことができます。

ストーリー性を持たせつつ短い尺にまとめる

ユーザーが離脱することを防ぐため、動画広告にも物語性を盛り込む必要があります。
短い動画広告には「起承転結」の構成が適しています。

また動画の尺自体があまりに長いとそれだけで離脱を招いてしまいます。
長くても1~2分までに抑えることが無難です。

テキスト(字幕)で分かりやすさをアップさせる

動画とナレーションやBGMだけでは、ユーザーに強い印象を残すには不十分な場合もあります。
動画広告には適宜テキスト(字幕)を入れ、どなたにでも理解しやすい工夫をしましょう。
翻訳字幕を入れるなどすれば、海外のユーザーへの訴求にもなります。

まとめ

今後は企業の広告手段として、動画を活用する機会が増えていくでしょう。
制作会社への外注など、ハードルが高い印象をお持ちかもしれません。

しかし最近は、一般ユーザーが動画を公開し「ユーチューバー」として人気を博すケースもあります。
初心者が動画を作成することのハードルは下がりつつあるといって良いでしょう。

また、動画制作ツールなどを導入すれば、動画制作の技術がなくても簡単に高品質な動画を制作することができます。自社での動画制作を考えている場合は、ぜひ導入を検討してみてください。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

この記事をシェアする


Video BRAIN

Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ