1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. 動画コンテンツマーケティングの重要性とは?活用のポイントも紹介

動画コンテンツマーケティングの重要性とは?活用のポイントも紹介

動画マーケティング

コンテンツマーケティングは記事やインフォグラフィックなどさまざまな手法が取り入れられていますが、動画が身近になっている近年では、動画によるコンテンツマーケティングが注目されるようになりました。

この記事では、コンテンツマーケティングで動画を活用する重要性、活用方法、ポイントなどについて幅広くご紹介します。

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、ユーザーが興味を持っている情報を提供し、ユーザーを見込み客としてニーズを育て、購買意欲を促しながら「ファン」として定着させることを目的としたマーケティング手法です。
自社の商品やサービスを売り込むのではなく、見込み客の購買支援を行いながら段階的に関係を深めることができます。

近年、コンテンツマーケティングで動画の活用が注目されていますが、その理由として動画の持つ影響力があります。動画は、1分間に180万言語分の情報量を伝達でき、イメージを含めわかりやすく伝えることができます。

また、SNSやYouTubeの発達により、幅広い層にリーチし、共感を得られればシェアされる可能性もあります。
この結果、コンテンツマーケティングに動画を活用したほうが、商品の購買率が64%向上すると言われており、注目が集まっているのです。

参照:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社「文字の5000倍!?映像の持つ圧倒的な情報量とは」

動画コンテンツマーケティングの活用事例

動画コンテンツマーケティングはどのように活用されているのでしょうか。活用事例をご紹介します。

ブランディング

ブランディングでは企業理念や商品の特性などを視聴者に印象付けることができるため、会社認知や商品認知を目的として活用されます。

商品や会社理念に直結しない場合でも、ユーザーが共感しやすいストーリーを盛り込んだ動画を制作することで、社会的価値を生み出すことができるでしょう。

動画は、Webサイトや動画配信サイトなどさまざまなシーンで利用可能です。
Web限定公開など特別感を演出し、シリーズ化することでファンを増やすことにつなげることもできます。

商品紹介

商品の特徴や特性を動画で伝え、使い方やデモなども合わせて紹介できるのが、商品紹介動画です。
ユーザーによる商品の認知を目的として活用されます。

操作説明などのチュートリアル動画としても用いられ、操作や機能を分かりやすく伝えられるため、商品の購入を前向きに検討してもらうことができます。

ハウツー動画(HowTo動画)

ハウツー動画は、顧客満足度を向上させる目的として活用されます。
動画を使うことで、商品やサービスの使い方や上手にコツの紹介、文字で伝えられない手順や過程なども詳細まで伝達できます。

ハウツー動画は、商品購入前の手法などを調べる際に、ユーザーに見てもらうのが効果的です。

導入事例紹介

導入紹介動画は、購買率の向上を目的として活用されます。
商品やサービスを利用している人の様子やインタビューなどを動画として伝えることで、商品やサービスの購入を検討しているユーザーの参考材料となるでしょう。

動画コンテンツマーケティングを行うポイント

動画コンテンツマーケティングを行うポイント

次に、動画コンテンツマーケティングを行う上で覚えておきたいコツをご紹介します。

ターゲットと目的を明確化する

動画コンテンツを制作する前には、ターゲットと目的を明確にすることが大切です。
ターゲットは、年齢、性別、興味関心、職業、地域など詳細に設定しましょう。

次に、目的を明確にします。例えば、ファンを獲得したいのか、商品を売りたいのか、ブランディングがしたいのかなど挙げられます。

最後に、ターゲットや目的に合ったプラットフォームを選択します。
若い世代にはYouTubeやInstagram、社会人層にはFacebookなど、その世代における利用率が高いプラットフォームで配信するようにしましょう。

ユーモアやインパクトのある動画を制作する

シェアされる動画は、最後まで視聴される傾向にあります。
商品のお役立ち動画や、感動するストーリー動画、第三者による商品レビュー動画などジャンルはさまざまです。多くのジャンルの中でもシェアされやすい傾向にあるのが、ユーザーの共感を得ているだけではなくユーモアとインパクトがある動画です。

何度も見たくなるような、楽しい動画を作ってみましょう。

長期的な運用を前提に計画する

コンテンツマーケティングはユーザー認知のみならず、どのような導線で購買までつなげるのか戦略を考えることが重要です。

そのため、例えば1本の動画だけでなく動画をシリーズ化するなどして、配信する必要があります。
購買につなげる導線を計画的に設計し、継続的に運用していきましょう。

既存のコンテンツと合わせる

これまでのブログやSNS、メディアなどでコンテンツマーケティングを行なってきた場合は、動画をコンテンツに合わせることも方法の一つです。
各コンテンツのそれぞれの特徴を生かし動画を作ることで、よりユーザーのニーズに応えやすくなります。

まとめ

動画によるコンテンツマーケティングは、テキストに比べ、リーチできる年代も広いです。
また、購入率が大幅に上昇することから、今後も伸び続けることが予想されます。より効果的に見込み客を獲得するためには、クオリティの高い動画制作のプロセスを確立させることが重要です。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る