1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. 企業動画の活用方法は?メリット・デメリットやポイントについても解説

企業動画の活用方法は?メリット・デメリットやポイントについても解説

パソコンやスマートフォン、の普及により、誰でも手軽に動画を見られるようになりました。
そのため、最近では動画コンテンツを活用する企業が増えています。しかし、何も準備をせずに取り入れてしまうと、せっかくのコンテンツが埋もれてしまうこともあります。

ここでは、動画を取り入れるにあたっての注意点や、基本的な活用方法について解説します。

企業による動画活用のメリット・デメリット

動画の特徴や運用方法など、動画を取り入れる際に知っておきたいポイントを解説します。

企業が動画を取り入れるメリット

動画を使うメリットとして、表現の幅が広がることがあげられます。
短い時間で多くのことを伝えられる動画は印象にも残りやすく、テキストよりも情報を盛り込むことが可能です。

メーカーであれば、工場内で機械を動かしている様子や製品試験の様子を映し、ユーザーの興味・関心を満たすと同時に信頼を獲得するといった方法が考えられます。
その他にも、製品の使用方法を動画で解説し営業に役立てる、社員のインタビュー動画を求人サイトに掲載するなど、あらゆるシーンで活用することができます。

企業が動画を取り入れるデメリット

動画の完成度によってはマイナスのイメージを与えてしまう可能性もあります。
例えば、おしゃれな雰囲気が人気を集めているのカフェなのに、完成度の低い動画を作り公開したことで、全く逆のイメージを持たれてしまうケース、などが考えられます。

また、動画作成の際では、コストがかさむのは避けられません。
動画制作の知識がない場合、外注という選択肢がありますが、時間やコストがかかります。
反対に、自社制作をするには撮影・編集のためのツール、スキルを身につけるための研修なども取り入れる必要があります。

しかし現在では、初心者でも簡単に高品質の動画制作ができる、動画編集ツールやソフトが数多く出ているため、コストや時間の削減も可能になってきています。

動画の効果測定も必須

動画は公開したらそれで終わりではありません。
定期的にデータを収集し、より見てもらえるように改善していく必要があります。
動画コンテンツで目安となるものは「再生回数」「クリック再生率」「視聴維持率」の3つです。
データを計測する仕組みと、この3項目を向上させるための環境を整えておきましょう。

動画の活用方法

動画の活用方法

次に、企業がどのような方法で動画を活用すると効果的かを解説します。

自社サイトに掲載する

もっともオーソドックスな活用方法は、自社のウェブサイトに掲載することです。
サイトをくまなく見て、どこに動画を挿入すると効果的か考えてみましょう。

例えば、トップページで定期的に新製品のお知らせをしている場合は、それを動画に置き換えてみるなど試してみるのもいいと思います。
また、製品紹介ページに実際に使用している動画を掲載してみたり、製品のイメージに合わせたBGMを使用するなど、訪問するユーザーへ向けアピールしてみるのも一つの手です。

SNSで発信する

企業のSNSアカウントに動画を投稿することで、より多くのエンゲージメント獲得と、ユーザーによる拡散が期待できます。
実際に、静止画から動画に移行したことでエンゲージメントが2倍になったという事例もあり、SNSによるマーケティング強化に動画を使うのは、非常に有効な手段だといえます。

参照:GROOVE X 株式会社〜動画で SNS エンゲージメント 200%改善!〜

動画プラットフォームからの流入を促す

動画をYouTubeなどのプラットフォームに投稿することで、ユーザーを集めることも可能です。
製品を実際に使用している動画や、企業紹介で社員のインタビュー動画をアップしてみたりと、企業のイメージが伝わりやすくユーザーの目を引く動画作りが大切です。

また、そのチャンネルから自社サイトやECサイトへ誘導できるような作りにするのも重要です。
認知度を高めると同時にサイトへの流入数を増やすことができます。

メールやSMSで配信する

動画を公開したら、ECショップの会員などに配信しているお知らせメールやSMSなどで通知をしましょう。
ブランドのファンや新商品や季節商品の発売を心待ちにしているユーザーであれば、積極的に再生してくれます。

動画をより多くの人に見てもらうための工夫

動画コンテンツによって一定の効果を得るには「再生回数」「クリック再生数」「視聴維持率」の3つを高めることが重要です。
これらを向上させるために重要なポイントをご紹介します。

ウェブサイトのトップ部分にプレイヤーを配置する

自社サイトなどにプレイヤーを埋め込んで動画を見せるときは、なるべくページのトップに近い位置へ配置しましょう。スクロールしなければ見えないような位置にあれば、動画があること自体に気づいてもらえないかもしれません。プレイヤーの位置が下部になるほど再生率が下がってしまいます。

参照:再生率を上げる:ビデオの位置とサイズを最適化する

最初の15秒で注目を引きつける

動画を見るのをやめる視聴者がもっとも多いのは、冒頭の15秒だといわれています。
ここで離脱させないためには、最初の15秒で結論を述べるなど、ユーザーの興味・関心を引くコンテンツ作りが重要です。冒頭に視聴者がつまらないと感じるような前置きを入れるのは避けたほうがいいでしょう。

参照:視聴者維持率を測る-YouTube ヘルプ

コンパクトにまとめる

エンターテイメント性のある動画であれば別ですが、PRを目的とした動画は長くすると途中で再生を辞めてしまう確率は上がります。
よく見られている動画を参考にして、最適な尺(動画の長さ)や飽きられない構成を導き出し、最後まで見てもらえる動画づくりを目指しましょう。

参照:ビデオの長さは重要ですか?

まとめ

短時間で多くの情報を伝えることができ、印象にも残りやすい動画は、企業の認知度を高めるために重要です。
今では、初心者でもすぐに本格的な編集ができるツールも登場し、動画制作に対するハードルは確実に下がっています。企業やブランドの認知度を上げたいときは、積極的に取り入れてみましょう。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

この記事をシェアする


Video BRAIN

Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ