1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. 企業がコンセプト動画を作る目的とメリットとは?制作のポイントについても紹介

企業がコンセプト動画を作る目的とメリットとは?制作のポイントについても紹介

動画マーケティング

SNS、ニュースサイト、企業サイトなどで動画コンテンツを見かける機会は非常に多くなりましたが、ビジネスシーンにおいても、商品紹介、採用、キャンペーン告知などで動画を活用する企業が増えています。
動画を活用することにより、画像や文字では伝えきれないメッセージを伝えることができます。

さまざまな動画の中でも、企業の理念やビジョン、商品の世界観、プロジェクトの狙いなどをユーザーに直観的に伝え、ブランディングにつなげる動画を、「コンセプト動画」と呼びます。
この記事では、コンセプト動画の基礎知識、メリット、制作プロセス、注意点などを説明します。

コンセプト動画とは

企業の理念やビジョンは抽象的な文言で語られることが多く、文字だけではユーザーに共感されにくい場合があります。また採用・求人情報を告知する場合においても、企業側の「求める人材像」を文字だけでは伝えにくく、応募する側にとっても「どのような職場環境なのか?」などの情報を把握しにくいことがあります。

コンセプト(concept)とは「概念、観念、考え方」という意味です。
つまりコンセプト動画は、企業の理念やビジョン、採用・求人情報の告知、商品やサービスの紹介などにおいて「概念、観念、考え方」を伝えるための動画ということになります。
また、商品開発の背景やブランドの説明の際にもコンセプト動画は有効です。

コンセプト動画の目的

コンセプト動画を制作する前には、まず「誰に何を伝えたいのか」「誰に何をして欲しいのか」という目的を明確化することが重要です。以下にその目的の例をご紹介します。

商品・サービスの紹介

新しい商品やサービスの良さ、ユーザーがどのようなことを体験できるのかを伝えることが目的です。
例えば、商品がソフトウェアの場合、操作感をテキストや画像のみで伝えるのは難しいですが、動画であればマウスの操作や動きなどでリアルに伝えることができます。

人事採用、求人募集の案内

人事採用や求人募集の際に企業や仕事の魅力をPRできます。
例えば、社内の様子や雰囲気、実際に働いている社員のインタビュー動画など、必要な人材像だけでなく職場のリアルなイメージも伝えることができます。

キャンペーンの告知

期間限定のキャンペーンを短期間で広く周知し、多くのユーザーにキャンペーンを利用してもら目的です。
画像やテキストによる告知と比較すると、動画の告知の方がよりユーザーの反応が大きい傾向にあります。

参照:What Is the Average Click-Through Rate (CTR) from Videos? | Campaign Monitor

企業理念やビジョンの紹介

商品の購買意欲の向上や人事採用の際にプラスになるよう、企業イメージを向上させる目的で活用する場合もあります。例えば、CSR活動の状況を報告するような際、テキストでは伝わりにくい部分も、動画であれば分かりやすく伝えることができます。

営業活動の効率化

商品開発の狙いや他社製品との違いをユーザーに理解してもらうために活用します。
動画であれば一度作成すれば何度でも使用できるため、営業担当者の負担を軽減しながらユーザーに正しい理解を広めることができます。

コンセプト動画の活用シーンとメリット

次に、コンセプト動画の活用シーンとメリットについて、事例を挙げて説明します。

【事例1】ソニー 「α7S III:コンセプト動画」


一眼デジカメで動画撮影する本製品の機能や開発コンセプトを映像と音声とによって訴えかける動画です。
夜景と人物の同時撮影や被写体の速い動き、炎や水などの繊細な動きを追うハイスピード撮影、逆光での撮影など、一般的に難しい撮影環境でも被写体を確実に捉えられることをアピールしています。
これらを静止画とテキストで伝えきることは困難ですが、中級者から上級者向けのコンテンツに仕上げられています。

参照:α7S III:コンセプト動画【ソニー公式】 – YouTube

【事例2】JR東日本「TRAINつなげ、未来へ。」


JR東日本のビジョンをインターンシップ参加者の視点も交えて伝えているコンセプト動画です。
インターンシップの様子をダイジェスト形式で紹介しています。
プログラムの様子や参加者の感想を声と表情によって伝えることで、テキストでは伝えきれない臨場感や感情が伝わってきます。
企業の事業の枠に問われず、社会貢献の考えをもって入社して欲しいという企業の想いが表現されています。

参照:【JR東日本】コンセプトムービー「TRAINつなげ、未来へ。」 – YouTube

コンセプト動画の制作プロセス

コンセプト動画の制作プロセス

コンセプト動画の制作プロセスは、誰に何を伝えたいかを決める、つまり企画の立案がスタートです。
次に動画のストーリーを大まかに検討し、撮影機材の用意、ロケハン、撮影を行い、最後に撮影した動画を編集し公開します。

自社で行うか、制作会社に依頼するか選択できますが、制作会社に依頼する場合でも、定期的な打ち合わせを行い、意図したコンセプトを伝える動画に仕上げることが大切です。
では、自社と制作会社でそれぞれ動画制作を行う場合のメリットやデメリットはどういったものがあるのでしょうか。

自社で制作する場合

動画、画像、音声、音楽、テキストなどの素材を自社で用意し、動画編集ソフトで編集することによって、自社でもクオリティの高い動画を制作できます。
しかし、動画編集ソフトを利用するためには、社内担当者にソフトの使い方や動画編集の知識を習得してもらう必要があります。
しかし近年は直感的なインターフェースで初心者でも簡単に高品質な動画を作ることができる動画編集ツールも登場しているため、低コストで高クオリティーな動画を制作することが可能です。

制作会社に依頼する場合

プロに任せることで、一定レベル以上のクオリティの動画の制作が期待できます。
また、素材集めの段階から請け負ってもらうこともできるため、依頼元に大きな作業負荷は発生しません。
しかし、自社で制作する場合と比較すると、動画制作のコストは大きくなる傾向にあり、理想の動画を制作するには入念なすり合わせも必要になってくるため、時間もかかる場合があります。

コンセプト動画制作時の注意点

最後に、コンセプト動画を制作する場合の主な注意点を説明します。

目的とターゲットを明確化する

目的とターゲット(誰に何を伝えたいのか? 誰に何をして欲しいのか?)の設定は、動画制作、動画配信、配信結果の検証など、すべての作業の軸となります。
目的とターゲットを明確化しPDCAサイクルをまわすことで、より良い動画制作が可能になります。

素材や効果を盛り込み過ぎない

動画制作においては、素材(動画、画像、音声、音楽、テキストなど)を盛り込み過ぎないように注意しましょう。素材や効果が目立ちすぎて、本来伝えたいメッセージがユーザーの記憶に残らない可能性があります。
常にターゲットとしているユーザーの視点で検討し、企業側の自己満足にならないように気をつけましょう。

必要に応じて比較テストを前提とした制作を行う

動画作成において、編集やBGMの選択で迷う、または意見が分かれる事があると思います。
ユーザーの視点でどちらが良いのか公開するまで分かりません。
そこで、今後のコンセプト動画の制作ノウハウを蓄積する狙いで、テストしたい項目(BGM、効果、素材など)を変えた動画を同時配信し、動画再生の状況を分析することができます。
例えば、Facebook広告の動画広告を活用すれば、複数の動画広告を同時配信し、ユーザーの反応を定量的に比較できます。

まとめ

企業がコンセプト動画を作る目的とメリットについて、ご理解いただけでしょうか。

コンセプト動画により売上アップなどの成果を得るには、継続的な動画配信を行う必要があります。
しかし、制作会社に依頼する場合は十分な予算を確保する必要があり、継続性という点で不安を感じることもあるのではないかと思います。

自社で制作する場合においても、動画編集時の作業負荷が懸念の一つとしてあげられますが、動画編集ツールを利用することで作業効率を上げることが可能です。
自社で動画制作を行う際は、動画編集ツールの導入を検討してみるのも一つの手です。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る