1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. 動画コマースとは?ライブコマースとの違いについても紹介

動画コマースとは?ライブコマースとの違いについても紹介

動画コマースとは、簡単にいえばライブ動画を見ながらオンラインショッピングできる通販様式のことです。
中国での盛り上がりにより日本でも動画コマースを利用する企業が増加しています。

本記事では、動画コマースのメリットや動画コマースの種類について紹介します。
今後の展望にも触れるていきますので、この記事を読んで動画コマースを利用するか検討してみてください。

動画コマースとは

動画コマースとはeコマースの1種で、動画コンテンツから商品やサービスの情報を入手し、インライン上でショッピングを楽しめる特徴があります。eコマースとは、オンライン上で商品やサービスを売り買いできるサービスのことで、AmazonやYahoo!ショッピングなどのネットショッピングが代表例です。

従来のeコマースは、消費者に商品やサービスの情報を写真などの画像や文章で提供するのが一般的でした。
しかし、動画コマースの出現によって多角的な視点で商品を見たり、具体的なサービス内容を把握できたりするなど、一度により多くの情報を得ることが可能になったのです。

ライブで動画を配信するライブコマースを活用する企業やインフルエンサーも増加しており、リアルタイムで消費者とコミュニケーションを取ることができるので、消費者の悩みや不安を直接解消することも可能になりました。

動画コマースのメリット

動画コマースのメリットの主なメリットは以下の3つです。

  • ・一度に提供できる情報量が多い
  • ・コンバージョンを獲得しやすい
  • ・販売チャネルが広がる

順に紹介していきますので、動画コマース導入の参考にしてください。

一度に提供できる情報量が多い

動画コマースを使えば、一度にたくさんの商品やサービスに関する情報を届けることができます。
従来のeコマースでは商品・サービスページに画像が添付され、それ以外の情報は全て文字で伝えなければなりませんでした。

読み手によっては捉え方が異なるため、提供側が意図したメッセージが正確に伝わらない可能性があります。
しかし、動画であれば多面的な見方ができ、質感や動きなど、よりリアルな情報を得ることができます。

コンバージョンを獲得しやすい

動画によって実際に自分が使っているシーンをイメージできるため、コンバージョンにつながりやすくなります。出演者が画像だけでは判断できない具体的な利用シーンを見せることで、購入後のメリットを認識しやすくなり、消費者の購入意欲を高めることが可能です。

利用シーンや出演者のリアクションを見て、商品やサービスへの不安を解消した状態で安心して購入できるため、コンバージョンを獲得しやすくなります。

販売チャネルが広がる

動画配信プラットフォームを活用できるようになるので、販売チャネルが広がります。
販売チャネルが広がることで、消費者への販売機会を増やすことが可能です。

動画配信プラットフォームの認知が広がりユーザーも増加傾向にあるので、新規顧客を獲得し売上げ拡大を図るために有効な手段といえます。SNSで拡散しアクセス数を集めることができれば、動画広告を使うよりも高い費用対効果が期待できるでしょう。

動画コマースの展望

動画コマースの展望

動画配信サービスの普及により、YouTubeやInstagram、Tik-Tokなどの動画コンテンツを利用するユーザーが増加しています。動画配信プラットフォームの登場により、ネットショッピングの利便性と消費者の不安の解消、両方を確立することに成功しました。

消費者の購買行動促進に一役買う形で中国では動画コマース市場が急増しており、過去の実績があるので動画コマースの導入を検討している日本企業が増えています。

動画コマース市場の拡大と共に、通信技術の発展により5G(第5世代移動通信)のサービスが開始しました。
通信環境が整うことで、スムーズな動画の読み込みによりストレスが軽減され、動画コンテンツのユーザーがますます増加することが予想されます。

動画コマースを利用することで、商品やサービスごとに特徴やメリットをアピールしやすくなり、他社製品との差別化が可能です。

出演者のトークスキルにより商品やサービスへの訴求力が変わるため、動画コマースを成功するためには、アプローチするターゲットを明確にし、訴求力のある出演者を用意できるかがカギといえます。

まとめ

動画コマースを利用することで、商品やサービスに関する情報を多く提供できるだけでなく、消費者が利用シーンをイメージしやすいのでコンバージョンの獲得率が向上します。

今後動画コンテンツの市場がますます拡大することが見込めるので、動画コマース事業を前向きに検討してみましょう。なお、動画制作にリソースを割く余裕がない企業は、動画コンテンツの制作を外部に委託するのも有効です。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

この記事をシェアする


Video BRAIN

Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ