1. TOP
  2. Video BRAIN
  3. 【AIで動画作り放題?】Video BRAIN って?どんなことができるの?

【AIで動画作り放題?】Video BRAIN って?どんなことができるの?

2019年2月に正式にリリースされたインハウス AI 動画編集クラウド「Video BRAIN」。「AIのサポートで誰でも簡単に動画が作れるクラウドツール」として、誰もが知る有名企業を含めた多くの国内企業に導入されています。

今回は、「Video BRAINってなに?」「他の動画編集ツールと何が違うの?」「AIがどこまで自動で作ってくれるの?」など、よくいただく疑問にお答えします。

AIのサポートにより動画編集が簡単に

Video BRAINは、「AI によるサポートで誰でも簡単、どこでも動画作り放題」を実現する動画編集クラウドです。

動画編集でも特に手間のかかる画像やテロップの調整、構成などをAIがサポートしてくれるのが特徴。画像や動画などの素材と、テロップにしたいテキスト情報を入れれば、AIが最適な構成で動画を自動生成します。

書き出す必要なくすぐにプレビューを確認することもできるので、こだわりたい部分やイメージと違う部分は微調整し最後の仕上げをすれば、あっという間にプロが作ったような動画を作ることができるのです。

AIがどのようにサポートしてくれるのかイメージが沸かない方は、ぜひこちらの動画をご参考ください。

他の動画編集ツールとVideo BRAINの大きな違い

動画編集ツールは、ミュージックビデオやテレビ番組の編集にも使われるようなプロ向けのものから、スマートフォンアプリで手軽に編集できるものまで数多く存在します。 その中で、Video BRAINは以下のような特徴があります。

AIを搭載している

先述した通り、Video BRAINはAIを搭載しています。これは一般的な動画編集ツールには無い大きな特徴です。 動画編集はトリミングやテロップ入れなど、細かく煩雑な作業が多く、数分の動画を編集するのに何時間もかかることが珍しくありません。

Video BRAINは、このような動画編集で一番工数がかかる作業を大幅に自動化することで、生産性高くスピーディーな動画制作を可能にしています。

クラウドツールである

Video BRAINはブラウザ上で使えるクラウドサービスです。一般的な動画編集ツールはソフトとしてダウンロードすることが必要ですが、Video BRAINはURLを入れるだけで、どのPCでもすぐにログインして使用できます。

ソフトではなくクラウドであるということは、複数の端末を行き来して動画編集をしたい場合や、2人以上で使用したい場合などに非常に使い勝手がよくなるというメリットがあります。

またダウンロードするわけではないので、容量を食い重くなることもなく、高スペックなPCでなくてもサクサクと動画を編集できることも喜ばれるポイントです。

誰でも簡単に使えるUI

Video BRAINは、「直感的に理解し誰でも簡単に操作できるUI」に徹底してこだわっています。

一般的な動画編集ツールは、多機能で編集の幅が広いという利点があります。しかしあまりにもできることが多く、初めて聞くような用語も多々出てくるので、初心者はある程度の学習意欲がないと挫折してしまうことが多いのです。 動画クリエイターとして極めたいというわけではないのなら、マスターするのにあまりにも大きな労力がかかることは賢明とは言えません。

Video BRAINは、Power Pointで資料を作るような感覚で、老若男女問わず誰でも簡単に操作することができます。難しい用語などは使わず、視覚的に分かるアイコンなどを多く使用しており、より使いやすいUIを目指して日々アップデートしています。 

Video BRAINが向いている企業・向いていない企業

Video BRAINは次のような企業様に特におすすめです。

社内で動画を量産したい

Video BRAINは定額で、何本動画をつくっても追加で料金がかかることはありません。つまり、作る動画の数は多ければ多いほどお得になります。SNSに動画を毎日アップしたい、動画広告をたくさん作ってどんどんPDCAを回したいなど、スピーディーに数多くの動画を作りたいというニーズにぴったりなサービスです。

一方で、動画は月に1本つくるかつくらないかくらいのペースであったり、動画をつくる時期が偏っている場合は、定額であることがデメリットになりえます。必要に応じ外注などで対応したほうが費用対効果がいいかもしれません。

社内にデザイナーがいない・学習コストをかけられない

動画編集に長けている人材が社内にいるというケースは当たり前ではありません。デザイナーであっても動画ではなく静止画のデザインが得意であったり、そもそもデザイナーがいない企業もあります。

そういう場合、動画編集経験が豊富なデザイナーを採用したり、未経験者に編集を学ばせたりすることもできますが、どちらも大きなコストがかかるうえ、個人に依存してしまうことが懸念されます。

Video BRAINは誰でも簡単に使うことができるので、「動画担当者がいない」という状況で大きな力を発揮します。

芸術性の高い動画を求めていない

Video BRAINは、誰でも簡単にハイクオリティな動画をつくることができるツールです。 しかし、ミュージックビデオのような高度なエフェクトをかけたり、CGやアニメーションをふんだんに使ったりすることはできません。

動画を通して、こだわり抜いたアーティスティックな表現をしたいという場合、Video BRAINは最適なツールではないかもしれません。

逆に、そこまでの芸術性を求めているわけではなく、「外注費を節約したい」「もっとスピーディーにたくさん動画を作りたい」「動画編集未経験だけど動画制作をしたい」というニーズがある企業様には、自信を持っておすすめすることができます。

この記事をシェアする


Video BRAIN

Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ