1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. 会社説明動画や採用動画を活用するメリットやポイントを紹介

会社説明動画や採用動画を活用するメリットやポイントを紹介

動画マーケティング

会社紹介や会社説明は、従来パンフレットなどの印刷物で配布するケースが一般的でした。しかし近年では、より短時間で豊富な情報を伝えられる動画を活用して会社紹介を行う企業があります。

この記事では、会社紹介を動画で行うメリットや動画制作のポイントの解説から、実際に動画を活用した事例をご紹介します。

動画で会社説明を行うメリット

会社紹介動画は、採用活動や展示会での上映に使うものと考えがちですが、公開の仕方によっては思わぬ反響を呼び、企業にプラスとなることがあります。動画で会社説明・会社紹介を行うことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

伝えたい情報量が多くても短い枠に収めて紹介できる

企業説明会などで会社紹介をする場合、できるだけ沢山の情報を詰め込みたいと考えるでしょう。しかし、パンフレットで使えるページ数には限りがあります。また、文章で多くの情報を説明すると読んでもらえない可能性があるばかりか、要点がぼやけてしまう可能性もあります動画を用いることで、映像と音声により短い尺の中でも多くの情報をわかりやすく伝えられます。

動画ならではのライブ感で商品・企業の魅力を伝えられる

生鮮食品を扱う企業や良い雰囲気を重視した施設をPRする際には、その魅力を臨場感あふれる映像で伝えられる動画は非常に有効です。動画は、文章だけでは伝えられないライブ感を伝えることができます。

企業のブランディングに寄与できる場合も

会社紹介のために作成した動画が動画配信サイトで話題を呼び、企業イメージの向上につながったケースがあります。本来は採用活動や取引先へのPR用に作成した動画であっても、YouTubeなどに公開することでSNS上で拡散されて話題になる可能性があります。会社紹介の動画は、アイデア次第で単に特定の対象に向けたPRにとどまらない効果が得られる場合があります。

会社説明動画を自社で作るときのポイント

せっかく会社説明を動画で作るのであれば、社員が手掛ける手作り動画でPRしたいと考えている企業も多いでしょう。自社で動画を作成することはコストや制作期間の削減にもつながり、さまざまな利点があります。では、自社で会社説明動画を作る際には、どのような点に留意が必要なのでしょうか。

動画制作ツールの便利機能をフルに活用する

以下にご紹介する事例は、動画制作ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」による会社説明動画を活用している企業のケースです。

導入事例:Youtube チャンネル開設で潜在層にリーチ!求人広告の動画化で、他社との差別化を図る

上記の例では、映像制作の専門知識を持たないスタッフが「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」をフル活用して会社紹介を作成していることが紹介されています。以下のような機能が備えられているため、専門性が高くなくてもハイクオリティな動画を制作できることが分かります。

テンプレートによる簡単な作成機能
インターネット環境と対応ブラウザさえあれば、いつでもどこからでも操作できるクラウドサービス
「複製」機能で、過去に作成した動画データを基にした簡単な新規作成が可能
多彩なフォントの字幕や表現効果が簡単に付加できる
ユーザーのニーズに応じた機能のアップデートを活発に行っている

この事例でも、「動画制作に携わるメンバー全員がほぼ初心者」と紹介されています。ツールの便利機能を活用することで、動画編集が初めてでも、過去に専門的な動画ソフトで挫折していても高品質な動画の作成が可能です。

自社に合った動画制作ツールのプランを選定する

動画制作ツールには、料金が異なるさまざまなプランがあります。プランごとに利用できる機能や利用できるユーザー数・ダッシュボード数などが異なるため、自社に適したプランを選定しましょう。
以下で、「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」の料金プランをご紹介していますのでご参照ください。

料金プラン:https://video-b.com/plan/

いずれのプランでも、動画作成に関する基本的な機能面での差はほとんどありません。異なるのは「ユーザー数」や「ダッシュボード数」、そしてメディア配信や制作代行などに関する点となっています。

動画を作成するチームの規模などでプランを選定できますが、最もシンプルなプランの「スタンダード」でも、十分な高機能が備えられています。

会社説明動画を作る際の注意点

制作を外注依頼する際のコストに注意!

動画制作は、外注した方が手軽で楽だと考える方もいるでしょう。しかし、その分かかるコストは高くなってしまいます。以下でご紹介する、動画制作を依頼する際の料金の相場をご確認ください。

  • ・シンプルな動画を可能な限り低コストで発注する場合:300,000円弱
  • ・新卒採用に目的を絞り、学生向けの内容で発注する場合:300,000円~700,000円
  • ・自社の要望を盛り込み、理想に近い内容で発注する場合:700,000円~

簡素な動画でも外注では30万円ほどのコストがかかることを考えると、自社の要望を反映させたオリジナルの動画が自社で作れたら理想的だと思えるはずです。

制作期間も外注と内製では大きく変わる

コストばかりではなく、制作にかかる期間も重要です。外注で依頼する場合には、最短でも「1か月から1か月半ほど」の期間を要すると考えておくと良いでしょう。自社でツールを活用して作成を行えば、準備や打ち合わせにかかる期間を抑えることが可能です。

まとめ

「専門知識がなければ、動画制作はプロに任せるべき」と考える方もいるかもしれません。しかし、インターネット上には動画制作の専門教育を受けていなくても、自分で目を引く動画を作って人気を博しているユーザーが数多くいます。
近年は個人ばかりではなく企業でも、自社の動画を社内で作ることが便利ツールの普及にともない一般化しつつあります。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。
HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る