1. TOP
  2. TwitterYouTube
  3. YouTubeとTwitterは連携できない?YouTube動画をTwitter投稿に埋め込む方法・自動投稿する方法

YouTubeとTwitterは連携できない?YouTube動画をTwitter投稿に埋め込む方法・自動投稿する方法

YouTubeでアクセスを集めていく上で、拡散力に優れたTwitterと連携していくことは非常に効果がある方法です。しかし、「動画をアップするたびにTwitterに投稿するのは大変そう」と感じる人も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では、YouTube動画を簡単にTwitter投稿に埋め込む方法と、自動投稿する方法をお伝えします。自動でTwitterと連携させることで、手間なくYouTubeのアクセス数を伸ばしましょう。

YouTubeとTwitterは連携できなくなった

以前はYouTubeにTwitterと自動連携できる機能が搭載されていました。最初に連携アプリとしてTwitterを登録しておくだけで、YouTubeで新規動画を投稿したり、コメントをしたら自動的にTwitterで拡散してくれたりする機能です。

これは非常に便利な機能だったので、多くの人手間をかけずにTwitterからの流入を得ていました。しかし、2019年1月にYouTubeがこの機能を廃止してしまったため、今ではこの方法での自動連携はできなくなっています。

YouTubeとTwitterの連携がなくなって何が変わった?

では、YouTubeとTwitterの自動連携がなくなって、作業はどのように変わったのでしょうか。YouTubeとTwitterの自動連携機能が利用できていた時は、最初に設定さえしておけば、何の作業もなしに、YouTube動画を埋め込んだTwitter投稿ができました。

しかし、自動連携が無くなってからは、動画をそのままTwitterにアップロードするか、全てのYouTube動画に対して、手動でTwitterに埋め込み投稿するかの二択で対応する必要があります。

YouTube動画をTwitter投稿に埋め込むのは可能!

ただし、手動での埋め込みは、動画をアップする毎に作業が発生するという手間はありますが、作業自体は簡単なのですぐ終わります。また、手動でTwitterに埋め込む作業を行う場合、YouTube動画と共に、140文字までの説明文も同時に入れられるため、より読者に訴求しやすいというメリットもあるのです。

ここからは、自動連携機能を使わずに、YouTube動画をTwitterに埋め込む方法についてお伝えします。

YouTube動画をTwitter投稿に埋め込む方法

YouTube動画をTwitter投稿に埋め込むには、全ての動画に対して、3つのステップで作業を行う必要があります。作業自体は1分程度で完了するので、YouTubeの動画を配信したら、すぐにこれらの作業を行うと良いでしょう。それでは、YouTube動画を手動で、Twitter投稿に埋め込む方法について解説します。

埋め込みたい動画をYouTubeで開く

まずはYouTubeを開き、自分が埋め込みたい動画を表示しましょう。同時に、別画面でTwitterにもログインしておいてください。

スクリーン下部の「共有」ボタンを選択

YouTubeの動画を開いたら、動画の右下に「共有」ボタンがあることに気づいたでしょうか。この「共有」ボタンを押すと、共有メニューがポップアップされます。中にはいろいろな項目がありますが、その中で「Twitter」のアイコンを選択しましょう。

内容を確認してツイート

共有のところで「Twitter」アイコンを押すと、Twitterに画面が移動し、自動でYouTube動画の埋め込みリンクがついた投稿が準備されます。YouTube動画に間違いがないか確認して投稿ボタンを押せば、動画を埋め込んだツイートが投稿されます。

この時に、文章を追加してツイートすることで、より読者に訴求する投稿を行うことも可能です。

動画URLを直接ツイートに貼り付けてもOK

このように、YouTubeの埋め込み機能を利用すれば、3ステップで簡単に動画をTwitterで拡散することが可能です。また、この方法以外にも、YouTubeの動画URLを直接ツイートに貼り付けるだけでも、埋め込みと同様のツイートができます。これならリンクをコピーして貼り付けるだけなので、さらに簡単です。

YouTube動画をTwitterに自動投稿する方法

ここまで手動でTwitterに埋め込みする方法についてお伝えしましたが、YouTubeを定期的に投稿されている方にとっては、毎回埋め込みを行うのは大変です。

実は、Zapierというツールを利用すれば、Twitterに自動投稿することができることをご存じでしょうか。以下では、Zapierを用いた自動投稿の方法についてお伝えしていきます。

Zapierにアクセスする

まずは、Zapierのホームページにアクセスしましょう。

アクセスしたら、まずは「Sign up」のところをクリックして会員登録しましょう。メールアドレス、名前、パスワードと属性の確認がありますが、これらを入力すれば登録はすぐに完了します。

また、GoogleやFacebook、Microsoftアカウントを利用して登録することもできます。こちらの場合は属性のみを入力すればOKです。

登録後「どのアプリを使用していますか?」という画面が出ますが、こちらはスキップしても問題ありません。

ログイン後、YouTubeのアカウント指定を行う

新規登録が完了し、Zapierにログインしたら、早速設定を開始しましょう。トップページの左下に「MAKE THE ZAP」というボタンがあるので、こちらをクリックしてください。

すると、「1.Trigger」という画面が出てきます。この画面内にある「Search Apps…」の検索窓に「YouTube」を入力し、選択肢として出てきたYouTubeを選択します。

すると、YouTube用の設定画面に変わるので、「Trigger Event」のところをクリックします。選択肢の中から「New Video In Channel」を選択しましょう。これは、チャンネルに新しい動画が投稿されたときに自動ツイートするという意味です。

自動投稿トリガーを「新規投稿」に設定

「Trigger Event」の入力が終わったら、YouTubeのアカウント指定に移ります。すぐ下にある「Continue」ボタンを押すと、「Choose account」の項目が出てくるので、YouTubeに投稿するアカウントを指定しましょう。

登録チャンネルIDを入力

「Choose account」が終わったら、次は登録チャンネルIDの入力です。「Continue」ボタンを押すと「Set up trigger」という項目が出てくるので、ここにチャンネルIDを入力しましょう。「channel/○○○」の○○○部分のみを入力すればOKです。

ここまでの入力が終われば「Test trigger」ボタンが出てきます。このボタンを押し、「We found a video!」と表示されれば、YouTubeの紐づけは完了です。

Twitterのアカウント指定

続いてはTwitterのアカウント設定を行いましょう。先ほどの「1.Trigger」の下に「2.Action」という項目があるので、クリックして設定画面に移ります。

「App Event」の項目にある「Search Apps…」のところでTwitterと検索し、Twitterのアイコンを選択します。

すると、Twitter用の設定画面に変わるので、「Action Event」のところをクリックします。選択肢の中から「Create Tweet」を選択しましょう。これは新しいツイートを作成するという意味です。

選択できたら、次はTwitterアカウントを登録しましょう。「Sign in to Twitter」のボタンを押して、アカウントを選択すればOKです。

これでTwitterへの登録が終わったので、あとは自動ツイートの際の文面を決めましょう。アカウント登録が終わると出てくる「Set up action」の項目で、ツイートする際の文章などのテンプレートを設定できます。

自由に文章を追加、動画のタイトルやディスクリプションなどを自動挿入するオプションを選択して、投稿文を決めましょう。投稿内容が決まったら、設定は終了です。

「Test & Continue」の欄で送信テストを行い、問題が無ければ最後に「Turn on Zap」を押して設定を有効にしましょう。

ちゃんと動画クリエイティブのPDCAサイクルを回せていますか?

このように、Zapierを用いてYouTubeとTwitterを自動連携させれば、動画をより幅広い人に拡散し、認知度を高めることが可能になります。

ただし、認知度を高めるだけでは、集客力を大きく伸ばすことはできないため、動画の質を上げることも忘れてはなりません。

より集客力の高い動画を作るために試行錯誤されている方も多いかと思いますが、動画のPDCAサイクルを適切に回すことはできているでしょうか。

ここからは、動画のPDCAサイクルを素早く、かつ効果的に回すことができる動画編集ツール「Video BRAIN」をご紹介します。

動画編集ソフトがPDCAサイクルを加速させる理由

「Video BRAIN」は「AI によるサポートで誰でも簡単、どこでも動画作り放題」がコンセプトで、専門知識はないが動画を自作したい人にぴったりの動画編集ソフトです。

月額制で無制限に動画を作成でき、またAIを搭載することで、これまで時間がかかっていた動画編集作業を一気に短縮できるのが特徴です。

ここでは「Video BRAIN」を使うことで、どのようにPDCAサイクルが加速でき、集客力の向上に繋がるのかを3つのポイントに分けてお伝えします。


まず1つ目のポイントは、テキストと素材を入れるだけで、自動で動画が作成できるという簡単さです。

「Video BRAIN」に使いたい動画素材と対応するテキストを入れ、動画サイズや秒数を指定すれば、あとはAIが自動的に動画をトリミングし、テキストの配置を最適化して動画を作成してくれます。

動画が生成されたあとは、パワーポイントのようなインターフェース上で気になるところをすぐカスタマイズできるので、AIで最適化できなかった部分や自分でこだわりたい部分も簡単に変えることができます。

60分以下なら長尺の動画も作成でき、適切な動画が手持ちになかった時はソフト内にも豊富に素材があるため、汎用性がかなり高いです。

豊富なテンプレート×フォントで「ワンパターン」から解放される

2つ目のポイントは、テンプレートやフォント、アニメーションが豊富で、様々なバリエーションの動画を作成できるということです。

自動で動画作成するときに問題となりがちなのが、どこかで見たことがあるようなワンパターンな動画になってしまうことです。しかし、「Video BRAIN」ではバリエーションが幅広いことから、オリジナリティを確保したまま動画を量産することができます。

また、著作権フリーで利用できるBGMも充実していることも、動画ごとのオリジナリティを確保する上で嬉しいポイントです。

投稿したクリエイティブを素早く分析・効果検証できる

3つ目のポイントは、投稿した動画を素早く簡単に分析できるということです。「Video BRAIN」には「Insight BRAIN」という分析ツールが付属されており、SNS(Facebook、Instagram、YouTube)のURLを登録しておけば、自動で分析を行ってくれます。

投稿データとフォロワー数の関係性や、投稿別のエンゲージメント比較、日付や曜日ごとのエンゲージメントの推移など、様々なデータをグラフ化してくれるので、効果の高い投稿を一目で判断することが可能です。

同時に30個までのSNSアカウントを登録でき、自社だけでなく競合のSNSも登録して分析できるので、より正確に動画の効果を分析し、PDCAサイクルを回す材料として利用できるでしょう。

まとめ

今回は、YouTubeに投稿した動画をTwitterで拡散したい人に向けて、YouTubeとTwitterの連携方法についてお伝えしました。

YouTubeとTwitterの連携は毎回手動で行うこともできますが、Zapierというツールを利用すれば、YouTubeに投稿した動画を自動で認識してTwitterに投稿してくれます。

ツールは全て英語表記ですが、設定は簡単です。ぜひ自動連携を設定して、Twitterによる拡散力を体感してみてください。

また、動画の集客力を向上させるには、拡散力と同時に動画の質を上げることも重要です。
「質を上げたいが、費用や工数の面からなかなかPDCAサイクルを回せない」とお悩みの方は、動画編集ソフト「Video BRAIN」の利用をおすすめします。

Video BRAINでは、AIがテキストと素材を自動でマッチングする・テンプレートやフォントが充実しているためワンパターンにならない・投稿したクリエイティブを素早く分析・効果検証といった、PDCAサイクルを加速させるものが全て備わっています。

費用や工数を抑えた上で、オリジナリティのある動画を量産し、動画製作に詳しくない人でも簡単にPDCAサイクルを回せるようになるでしょう。

使用する動画編集ツールが決まっていないのであれば、ぜひ以下の事例を参考に、「Video BRAIN」の利用をご検討ください。

https://video-b.com/case/


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする