1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. Twitter広告のターゲティング11種の概要や使い方について徹底解説

Twitter広告のターゲティング11種の概要や使い方について徹底解説

Twitter広告は、ターゲティングの種類が豊富で、さまざまな条件を組み合わせることが可能です。
しかし、種類が多いため「どのターゲティングを選べばいいのか分からない」と悩む方も多いと思います。
本記事ではターゲティングの種類や特徴、Twitterターゲティング広告で成果を上げる方法について説明します。

Twitter広告の種類

ターゲティングの説明の前に、まずはTwitter広告の種類についておさらいしておきましょう。
Twitter広告には、「プロモアカウント」、「プロモツイート」、「プロモトレンド」の3種類があります。
それぞれの特徴や仕組みについて説明します。

プロモアカウント

ユーザーのタイムラインなどに「おすすめユーザー」としてアカウントへのフォローボタンを表示する広告で、フォロワーを集めたい時やブランド認知度を高めたい時に効果的です。
オークション制で最低落札価格が決定し、フォローされると課金される仕組みです。

プロモツイート

フォロワー以外のユーザーに対しても、通常のツイートのような見た目の広告を配信できます。プロモツイートでは商品・アプリなどの紹介、購入・ダウンロード・会員登録などができ、WEBサイトへの誘導が可能です。

プロモトレンド

1日1社限定の広告枠で、トレンド欄の最上部に任意のハッシュタグ(#)やキーワードなどをずっと表示できます。スマートフォンでTwitterを表示する場合は、検索窓の直下にトレンド欄が見えるため、プロモトレンドは認知度向上などを図る時に有効です。

ターゲティングの効果的な活用法

ターゲティングの効果的な活用法

Twitter広告ではターゲットを細かく設定できるため、広告出稿の目的に合わせてターゲットの範囲を調整することが可能です。

Twitter広告のターゲティングは複数種類があり、大きく分けると「テイラードオーディエンスターゲティング」「オーディエンスの特性」「Twitterの機能によるターゲティング」の3つに分類されます。

【ターゲティングの分類とターゲティング方法】

分類 ターゲティング方法
テイラードオーディエンス
ターゲティング
アカウントや広告主の所有する独自データリストを使用
オーディエンスの特性による
ターゲティング
言語、性別、端末モデル、地域、OS、プラットフォーム、デバイス、
プラットフォーム、キャリア
Twitterの機能による
ターゲティング
フォロワー、行動、キーワード、興味・関心

Twitter広告では「だれに広告を見てほしいのか」と考える際の「だれ」をオーディエンスと呼びます。
すなわちオーディエンスとは、広告を配信するターゲットとなるユーザーです。

以下、Twitterターゲティング広告の中でも主要なターゲティングの特徴について、分類別に説明します。

テイラードオーディエンスターゲティング

テイラードとは「個人に合わせて仕立てられたオーダーメイド」を意味します。

テイラードオーディエンスターゲティングは、アカウントや広告主の所有するリストなどを活用し、ユーザーをオーディエンスに設定するターゲティングです。

テイラードオーディエンスターゲティング(リスト)、テイラードオーディエンスターゲティング(ウェブ)、モバイルオーディエンスターゲティングの3つの設定方法があります。

テイラードオーディエンスターゲティング(リスト)

広告主の保有するデータや、ターゲティングしたいTwitterユーザー名またはTwitterユーザーIDなどを指定することにより、ウェブに訪れたことがあるユーザーをオーディエンスに設定する方法です。
情報リストを作成し、暗号化してアップロードする必要があります。

ウェブサイトタグを使用する方法

Twitterピクセルタグをウェブサイトに設置し、自社ウェブサイトにアクセスしたユーザーをオーディエンスとして設定する方法です。アクセスしたページのURLを限定するなど、条件を絞り込んだ設定もできます。

ウェブサイトタグは以下の2種類です。

参照:ウェブに基づくテイラードオーディエンス

モバイルアプリのユーザーをターゲティングする方法

自社アプリをインストールや登録などの行動をしたユーザーをオーディエンスに設定する方法です。
モバイルアプリユーザーのデータを収集するためには、特定のモバイルアプリのコンバージョントラッキングパートナーと連携する必要があります。

参照:アプリのインストール数キャンペーンを作成する

オーディエンスの特性によるターゲティング

ユーザーの使用言語、性別、使用端末、地域などで絞り込むターゲティングです。

言語ターゲティング

オーディエンスの使用言語を20言語(※)から選択できます。

日本語/英語/スペイン語/ポルトガル語/中国語/韓国語/タイ語/インドネシア語/アラビア語/ロシア語/ヒンディー語/フランス語/トルコ語/スウェーデン語/イタリア語/ノルウェー語/オランダ語/ペルシア語/フィンランド語/ポーランド語
※2020年7月現在

参照:地域、性別、言語、年齢ターゲティング

性別ターゲティング

オーディエンスの性別設定を男性・女性・指定なしの3種類から選択できます。

参照:地域、性別、言語、年齢ターゲティング

端末ターゲティング

使用している端末属性ごとにオーディエンスを設定します。
設定可能な内容(※)は以下の通りです。
OSのバージョン/端末の種類/Wi-Fi接続状況/携帯電話会社/新しい端末
※2020年7月現在

参照:端末ターゲティング

地域ターゲティング

ユーザーの位置情報履歴を利用し、特定の地域に絞り込んで広告を配信できます。
日本国内では都道府県単位の設定が可能です。

Twitterの機能によるターゲティング

ユーザーのフォロワー、行動、キーワード、興味関心で絞り込むターゲティングです。

フォロワーターゲティング

自社に関連のあるインフルエンサーや企業などのアカウントを指定すると、そのアカウントのフォロワーや類似するユーザーに広告を配信できます。

行動ターゲティング

ユーザーがTwitter内外で行ったオンライン、オフラインの行動履歴に基づき、オーディエンスを設定できます。
ただし、2020年8月現在、対象となるのはアメリカ・イギリスのオーディエンスのみ(※)です。
※2020年8月現在

参照:行動ターゲティング

キーワードターゲティング

ユーザーが最近Twitterの検索タイムラインで入力した内容やエンゲージメントしたツイート内容からキーワードを設定し、ターゲティングできます。広告は検索結果画面とタイムラインの両方に表示されるのがデフォルトですが、どちらか1つに限定する設定も可能です。

参照:Twitter上でのキーワードターゲティング

興味・関心ターゲティング

自社と関連するキーワードを設定し、興味関心を持ちそうなオーディエンスにターゲティングします。
興味・関心カテゴリー25種類、サブトピック350種類(※)から選択が可能です。
※2020年7月現在

参照:興味関心およびフォロワーが似ているアカウントのターゲティング

ターゲティングの成功事例

Twitterではさまざまな要素でターゲティングを行えますが、その活用方法を迷う場合もあるでしょう。
以下、ターゲティングの成功事例を3つ紹介します。

シルバーアクセサリー通販会社

シルバーアクセサリー購入層はシルバーアクセサリーを愛用している芸能人などをフォローして情報収集する傾向があることに注目。

EXILE公式アカウントのフォロワーターゲティングを行い、エンゲージメントを獲得。

ゲームアプリ運営会社

ゲームアプリのユーザー数増加を目的とし、「カードゲーム」「デッキ」など、ゲームアプリユーザーのツイートに頻出する用語を設定したキーワードターゲティングを実施。

ゲーム内イベントと連動したキャンペーンなどにTwitter広告を利用し、既存ユーザーの呼び戻しや良質な新規ユーザー獲得に成功。

ユーザーが枯渇した場合のユーザー拡張

顕在層へのターゲティングを続けた結果、ユーザーが枯渇したヘアケア用品会社。
ヘアケアと似た関心を持つユーザーへのターゲティング拡張を検討し、美容やダイエット、ファッションなどをテーマとするアカウントも含めることにした。

さらに、ターゲット別でクリエイティブを変更することによって、エンゲージメント拡大に成功。

まとめ

豊富な種類があるTwitter広告のターゲティング。
幅広い設定が可能なため、さまざまなターゲットを想定した広告配信が可能です。

しかし、ターゲティングを活用して、意図したユーザーをターゲティングできたとしても、配信内容がわかりにくかったり、ユーザーの興味や目を引くクリエイティブが作成できていなかった場合は、想定していたよりもユーザーの反応が芳しくない事があります。ターゲティングの成功事例からも分かるように、ユーザーの目を一瞬で引き付けるクリエイティブとして動画を活用している例が多くあります。

Twitterでは文字数の制限があるため、より多くの情報を伝えたい場合は動画広告がおすすめです。
動画制作ツールを利用して、だれでも訴求性の高い動画広告をつくってみてはいかがでしょうか。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

この記事をシェアする


Video BRAIN

Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ