1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. Twitter広告のフォロワーターゲティングについて徹底解説

Twitter広告のフォロワーターゲティングについて徹底解説

Twitter広告のフォロワーターゲティングとは、自社以外のユーザー名を複数登録することで、自社の商品に関心があるフォロワーに向けて広告配信できる機能です。Twitterの公式ページでは簡単な解説のみとなっているため、内容がよく分からない人も多いと思います。

この記事は、Twitter広告のフォロワーターゲティングとは何か、設定手順、効果的なターゲティングのコツなどを紹介しています。

Twitter広告のフォロワーターゲティングとは

「類は友を呼ぶ」ということわざがありますが、Twitterではまさにこの言葉に当てはまる便利なターゲティングが可能です。例えば、フォロワーターゲティングとして「@TwitterBizJP」を追加することにより、このアカウントのフォロワーに似たユーザーをターゲットに追加できます。

こうした手順であることから、Twitter広告は「ハンドルターゲティング」と呼ばれることもあります。

フォロワーターゲティングを行うためには、「フォロワーと類似ユーザー」設定で複数のアカウントを追加していきます。設定の際に、どのターゲティングが効果的なのか見極めるためにも、以下のカテゴリーを意識すると良いかもしれません。

競合他社

自社商品と競合している会社のアカウントです。すでに競合している事実が分かっている、非常に効果的なターゲティングができます。BtoCやBtoBビジネスに関係なく必須のアカウント群と言えるでしょう。

関連会社

直接的に自社商品と関係していないものの、つながりがあると思われる企業のアカウントです。例えば、ランドセルメーカーのオーディエンスはその年ごろの子どもや孫がいることが多いため、子ども服メーカーのターゲティングとして活用するなどが考えられます。

メディア

テレビや雑誌、Webサイトなど、ターゲット層が閲覧・利用していると考えられるメディアのアカウントです。これも競合会社や関連会社の関係と同じように、直接的なつながりのあるメディアと、関連が予想されるメディアの両方が対象です。例えば、飲食店の経営ノウハウに関するオウンドメディアのフォロワーの場合、経営陣であることが予想されるため、こうした層にアプローチができます。

インフルエンサー

有名ブロガー、業界に影響力を持つ社長、更にはオピニオンリーダーなどのアカウントのことです。多くのフォロワー数を持つユーザーを追加するほど、広告配信先が増えるメリットがあります。

類似オーディエンス

自社のアカウントのフォロワーから抽出した、ターゲット層に似た属性を持つアカウントです。「自分のフォロワーに似たユーザーもターゲティングする」という設定にチェックを入れることで、自社アカウントの類似オーディエンスが自動で追加されます。

フォロワーターゲティングの設定手順


Twitter広告のフォロワーターゲティングの設定についてご紹介します。

  1. 【1】Twitterの「広告マネージャー」を開く
  2. 【2】「キャンペーンを作成」で、キャンペーンを新規作成する
  3. 【3】「ターゲティングセクション」に移動し、「オーディエンスの条件」の表記下にある入力フォームに、ターゲティングしたいアカウント名を入力する(@TwitterBizJPなどと追加)
  4. 【4】自社アカウントのフォロワーの類似オーディエンスを追加したい場合は、「自分のフォロワーに似たユーザーもターゲティングする」をチェックする

フォロワーターゲティングをより効果的に行うためのコツ

ここでは、フォロワーターゲティングを効果的に使うためのコツを紹介します。

広告キャンペーンごとに約30件のユーザー名をターゲティングする

Twitterは、広告キャンペーンごとにユーザー名を約30件追加することを推奨しています。つまり、十分な数の広告配信先を確保することが不可欠であるということです。

この目標は、ユーザー数の多いBtoCの商品を販売している企業なら比較的容易でしょう。一方、ニッチな分野を取り扱うBtoBでは難しいかもしれません。

しかし、いずれにせよ一定数以上の数が必要です。また、広告配信先にある程度の幅を持たせるためにも、30件程度のユーザー名追加が欠かせません。

広告キャンペーンごとにセグメント化する

Twitterは、広告キャンペーンごとのセグメント化も推奨しています。また、フォロワーターゲティングを使う場合、興味関心ターゲティングは追加しないことで、どのターゲティングが有効なのか判定しやすくなるそうです。

ユーザー名ごとのコンバージョン数は、広告キャンペーンを選択し、「オーディエンス」タブの「ユーザー名」をクリックすることで確認できます。この方法ではフォロワーの重複は避けられませんが、パフォーマンスを判定するのに十分活用できるでしょう。

参照:興味関心およびフォロワーが似ているアカウントのターゲティング

コンバージョンにつながりやすいフォロワーを選ぶ

大企業のアカウントを追加することで、数十万か数百万のフォロワーが一気に獲得できる可能性があるため、簡単に一定のフォロワー数を満たすことができます。

しかし、その中で自社の商品に関心がある人がどれほどいるのか見極めることが大切です。フォロワーの質やマッチングも考えなければなりません。

芸能人や有名ブロガーなどをユーザー名に加える場合も注意が必要です。例えば、自社商品に関連する商品のCMに出演している芸能人がいたとします。この芸能人のフォロワーのほとんどは、CMの商品自体には関心ない可能性があります。追加する場合は、フォロワーと自社とのマッチングを確認することが重要です。

まとめ

Twitterのフォロワーターゲティングは、アカウント名を指定することにより、自社の商品に関心を持つと想定されるフォロワーをターゲティングできる便利な機能です。ターゲット層を絞り込み広告配信することで、クリック単価を抑えながらコンバージョン率を高められます。

しかし、一定量の広告配信数がない場合やマッチング度が低い場合は、十分な成果を挙げられません。ユーザー数30件以上、フォロワー数は5~10万を目安にフォロワーターゲティングを設定しましょう。
成果が上がっているユーザー名とそうでないユーザー名を取捨選択し、フォロワーターゲティングの精度を高めていく取り組みも重要です。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。
HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

この記事をシェアする


Video BRAIN

Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ