1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. Twitter広告で見込める効果とは?より効果的な活用方法についても紹介

Twitter広告で見込める効果とは?より効果的な活用方法についても紹介

Webマーケティング

SNSの広告媒体の一つとして存在感を示しているのが、Twitterです。
Twitterは140文字以内の文章を投稿し、それを他の人が読んだりフォローやリツイートすることで交流できるSNSです。Twitterは国内でも多くのユーザーを抱えており、話題性や影響力が大きいメディアといえるでしょう。

この記事では、Twitter広告の特徴やその運用によって得られる効果、そして使い方のコツについて解説します。

Twitter広告の特徴

ここでは、他のSNSと比べたTwitter広告の特徴についてご紹介します。

10代~30代前半に効果的にアプローチできる

SNSに広告を掲載するためには、SNSのユーザー層が自社のターゲティングと一致しているかという点が重要です。Twitterの利用者は、他のSNSと比べて若い世代に支持されている傾向にあります。
中心となるユーザー層が10代から30代前半に集中しており、この年代へアプローチできることがTwitterの強みです。

宣伝したい商材のターゲットがTwitterのコアユーザー層と合致する場合は、Twitterは効果的なプロモーションを行うのに最適な広告プラットフォームといえるでしょう。
その他の世代の利用者は少ない傾向にあるので、自社のマーケティング方針と照らし合わせて検討する必要があります。

参照:Instagramアプリの利用者数は前年から43%増加し1700万人を突破~ニールセン SNSの最新利用状況を発表~

細かいターゲティングが可能

Twitterには詳細なプロフィールを登録するステップがないため、ターゲティングがネックになりそうというイメージがあると思います。
しかし、実際にはデータに基づき推測された年齢や性別、居住地などの情報が蓄積されており、精度の高いターゲティングが可能です。
更に、フォローやツイート内容により、興味・関心などの項目もターゲティングできます。

拡散力が高い

Twitterは情報の拡散に優れています。多くのユーザーの関心を引き付ける魅力的な広告を作成することで、広告ツイートがリツイートされ、拡散する可能性があります。
周りの人にシェアしたくなるような広告を配信していきましょう。

Twitter広告がもたらす3つの効果

Twitter広告は、コツをおさえて運用することで効果を出しやすい広告プラットフォームです。
ここでは、Twitter広告によって期待できる効果をご紹介します。

話題性が高まる

Twitterは短い文章を簡単に投稿できる仕様になっており、常にさまざまな話題が飛び交っています。
Twitterで広告を配信した場合、広告で扱う内容が話題性を集めることがあります。
また、商材の名前に限らず話題になりそうな言葉をハッシュタグで活用することで、共感したユーザーに拡散してもらえるため、そこから更に話題が広まっていくことが期待できます。
更にTwitter広告では、話題づくりに特化した「プロモトレンド」というメニューが存在します。ここに出稿することでトレンドトピックの広告枠が独占でき、短期間で集中的にユーザーの関心を集めたり、認知度をアップさせたりできます。

アカウントがあると通常のツイートで情報を配信することは可能ですが、基本的にフォロワーにしか配信されず、情報がなかなか拡散しません。
広告として配信することで、より多くのユーザーに情報が伝わり、話題性が高まります。

参照:プロモトレンドとは何ですか?

ユーザーと長期的なつながりを持つことができる

Twitterでは、ユーザーとつながりやすいというメリットがあります。
広告を閲覧したユーザーが商材やビジネスに興味を持った場合、また配信される情報が有益だと思った場合は自社のTwitterアカウントをフォローしてくれることがあります。

更に、コンバージョンまで達したユーザーが商品に納得した場合も、アカウントをフォローし新商品や情報をチェックしてくれる可能性があります。
ツイートを通してコミュニケーションを取ることもできるため、このような積み重ねによりユーザーと長期的な関係を築くことが可能です。

ユーザー間での2次拡散が期待できる

Twitterには他のユーザーの投稿をそのまま自分のタイムラインで発信できるリツイート機能があります。
Twitter広告として配信したツイートもリツイートできるため、ユーザーが価値のある情報だと判断した場合、2次拡散が期待できます。
ユーザー同士の間で繰り返しリツイートされることで更に拡散され、広告が多くのユーザーにリーチします。

更に、ユーザーのリツイートで拡散した分には広告費用が発生しないのもメリットです。
2次拡散で広まるほど、コストを抑えて高い宣伝効果で広告を配信できます。
そのため、例えばインフルエンサーなどの拡散力が高いユーザーの心を掴むような、話題性や魅力のあるTwitter広告を作成するのがおすすめです。

Twitter広告の効果的な活用方法

Twitter広告の効果的な活用方法

Twitter広告で最大限の効果を発揮するためには、特徴を押さえたうえで活用方法を知っておくことが大切です。
ここでは、Twitter広告を効果的に行うためのコツをご紹介します。

宣伝する商材がTwitterのユーザー層と合っているか確認する

先述したように、Twitterの特徴としてユーザーの年代が10代から30代と若年層であるといえます。
どんなに魅力的な内容の広告を作成しても、ターゲットがコアユーザーとずれている場合は広告の高いリーチ数が見込めないため、一致しているかどうか事前に確認しましょう。

2次拡散を狙って広告を配信する

Twitter広告では、2次拡散によりプラスされるコストがありません。
そのため、リツイートされるほど、課金せずに宣伝効果が高まります。
ユーザーの心理を考えたときも、企業の広告ではなく知っているユーザーのリツイートを見ることで、興味や関心が持ちやすくなるでしょう。

ユーザーに拡散してもらうには、コンテンツの話題性や独自性などにおいて工夫が必要です。
作成段階からリツイートで広めてもらうことを視野に入れて広告を設計すると、高い宣伝効果が期待できるでしょう。

最適なクリエイティブを選択し、インパクトを残す

インパクトの残る広告は、拡散してもらいやすくなります。
宣伝する商材やタイミング、ターゲットに合わせて最適なクリエイティブを選択しましょう。
広告クリエイティブのタイプは文字のみや画像付きなど数種類あるので、ユーザーの目を引くためにどう工夫すれば良いのか考えてみると良いかもしれません。

まとめ

Twitter広告では、アプローチの仕方次第で効果的な配信ができます。
10代から30代のユーザーによるツイート投稿にはスピード感があるため、印象的なコンテンツを配信することで広告が一気にシェアされる可能性があります。

新商品やお得に購入できる商品なども、若年層に響きやすい広告内容です。
自社のキャンペーン企画などがある場合は、Twitter広告で拡散してみましょう。

また、Twitter広告はアカウント運営のうえに成り立つので、通常ツイートも並行して活用することでユーザーとの距離を縮めることができます。Twitterの特徴を押さえて、効果的に広告を掲載していきましょう。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る