1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. Twitter広告の費用対効果とは?計算方法や効果向上のためのポイントを解説

Twitter広告の費用対効果とは?計算方法や効果向上のためのポイントを解説

Webマーケティング

Twitter広告は、企業のマーケティング戦略に活用できる施策の一つです。
実際に、Twitter広告の費用対効果が気になる担当者も多いのではないでしょうか。
Twitter広告を適切に運用するためにも、事前に費用対効果の計算方法や高めるポイントついて深く理解しておくことが大切です。

この記事では、Twitter広告の特徴やTwitter広告の費用対効果を高めるためのポイントについて詳しく解説します。

Twitterとは?

Twitterは、世界中で話題になっていることを知るだけではなく、自ら情報も発信できる、リアルタイムが特徴的なSNSです。
国内の月間アクティブユーザー数は4500万人で、個人のアカウントはもちろん、最近はさまざまな企業が商品やサービスを宣伝するために活用しています。

参照: Twitterの月間アクティブユーザー数は日本で4500万超

Twitter広告とは?

Twitter広告とは、Twitterのタイムラインや検索結果に掲載する広告です。検索キーワードやユーザーの興味関心などから細かなターゲティングができます。
マス広告とは違い、細かなターゲティングができることから、Twitter広告の費用対効果は高いと言われています。
ここから、Twitter広告の費用対効果について詳しく見ていきます。

費用対効果の計算方法

なぜ費用対効果が高いと言われているのか見ていく前に、まずはTwitterの費用対効果を測るための計算式についてご紹介します。
効果を測るものさしとして、「ROI」と「費用対効果」があります。

ROIは「投資率利益」で、投じた資金が生んだ利益を表しています。
一方、費用対効果は実際にかかった費用と効果の差額です。

計算式は、以下の通りです。

  • ・ROI=利益÷コスト×100
  • ・費用対効果=効果―費用

Twitter広告の費用対効果が高い理由

ここでは、Twitter広告の費用対効果について詳しくご紹介します。

次拡散が発生しても広告費はかからない

Twitterには、「リツイート」という機能があり、ツイートされた情報をリツイートすることで、フォロワーのタイムライン上にもその投稿が反映されます。そのため、Twitter広告でもユーザーがリツイートしたくなるような広告を配信することで、多くのユーザーに広告を見てもらえるのです。

2次拡散されたツイートに対しては広告費が発生しないため、拡散されればされるほどコスパ良く、多くのユーザーに投稿を届けることができます。

キーワードターゲティングができる

Twitter広告ではキーワードターゲティングができ、ユーザーのツイートや検索キーワードに基づいて広告を配信できます。
それにより、Googleなどの検索エンジンから検索しないユーザーにもアプローチが可能です。

Twitter広告の費用対効果を高めるためのポイント

Twitter広告のポイント

ここでは、Twitter広告の費用対効果を高めるためのポイントを解説します。

広告クリエイティブを定期的に更新する

Twitterはリアルタイム性が高く「いま」起きていることが話題になります。その情報をもとに広告クリエイティブを更新することで、高い広告効果を得られる可能性が高まります。
また、効果の低いクリエイティブの配信量を減らすことで、コスト削減にもつながるでしょう。

シェアされやすいツイートを作成する

Twitter広告を運用する際には、ユーザーに拡散されやすいツイートを作成しておくことが大切です。
例えば、話題性がある、特別感がある、人気ジャンルを扱っている、具体的なメリットを提示している、などを意識してツイートすると拡散されやすいです。
多くの人に拡散されると、低コストでユーザーの獲得が可能になります。

キャンペーンの目的を適切なものに設定する

Twitter広告においてキャンペーン作成時に設定する目的は、広告内容に適したものを選択する必要があります
。キャンペーンの目的には、「フォロワー」「ブランド認知度の向上」「ウェブサイトのクリック数とコンバージョン」などがあり、選択した目的によって課金方式が異なります。

自社のマーケティング戦略に合わない目的を選択してしまうと、広告費の無駄が生じてしまいます。そうならないためにも、適切に目的を使い分けるようにしましょう。

配信結果を随時確認する

Twitter広告を運用するにあたっては、配信結果を常に確認することが大切です。
具体的には、予算の消化具合はどうか、戦略通りに配信されているのか、などを確認しましょう。
確認することによって、設定にミスがあった場合でも、被害を最小限に留められます。

まとめ

Twitter広告においては、リツイートされやすい広告を配信することで、高い費用対効果が期待できます。
実際に広告を運用するときは常に結果を検証し、改善していきましょう。また、配信する前にはどのような結果を得たいのか具体的な目的も明確にしておくことが大切です。

今回紹介したポイントを踏まえて、Twitter広告で情報発信を試してみてください。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る