1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. Twitterの広告キャンペーンとは?目的別に選んで効果を最大化

Twitterの広告キャンペーンとは?目的別に選んで効果を最大化

Webマーケティング

Twitter広告には、さまざまなキャンペーンがあります。
広告を出稿する目的に合わせて適切なキャンペーンを選択することで、大きな効果を得ることが可能です。

当記事では、Twitter広告キャンペーンについて解説していきます。
目的ごとの特徴も解説していくので、Twitter広告を作成する際の参考にしてみてください。

Twitter広告キャンペーンとは?

Twitter広告を利用する際には、何かの目的があると思います。
「フォロワーを増やしたい」、「アプリのインストール数をあげたい」など、目的はそれぞれですが、それらの目的を達成するために立ち上げるのがキャンペーンです。

Twitter広告キャンペーン目的の種類

Twitter広告のキャンペーンを立ち上げる際には、目的を選択する必要があります。
目的によってそれぞれ特徴あるので、まとめていきます。

リーチ

多くのユーザーにリーチすることが目的のキャンペーンです。
ブランドやサービス、商品の知名度を上げたいときに選択するとよいでしょう。

インプレッション数(タイムラインに表示された回数)が、1,000回に到達するごと課金されます。

動画の再生数

動画の視聴回数を増やすことを目的としたキャンペーンです。
「リーチ」同様、ブランドやサービス、商品の認知度を上げたいときに最適で、動画の再生数に対して課金がおこなわれます。

プレロール再生数

Twitterと提携しているコンテンツ配信パートナーの動画の本編の前に再生される動画広告のことをプレロールといいます。
ターゲットを絞ったプレロール広告を表示することで訴求力が高くなるので、ユーザーの興味・関心を惹きたいときに利用するとよいでしょう。課金は、プレロール動画再生数に対して発生します。

アプリのインストール数

アプリのインストール数を増やすことを目的とします。
アプリカードを作成し、ユーザーの興味を惹きつける広告を作成すると効果的です。

課金はユーザーがApp StoreまたはGoogle Playストアのインストールページのリンクをクリックしたときに発生します。

ウェブサイトのクリック数

特定のWEBサイトやランディングページの訪問数を増やすことを目的とします。WEBサイトカードを作成することで、効果的に訪問数を増やすことが可能です。
商品の購入目的や、資料請求などのCVを目標としている時にはこの目的を選択します。ユーザーがリンクをクリックした数に対して課金が発生します。

エンゲージメント数

Twitterのユーザーへ広告の拡散を促すことを目的とします。
ハッシュタグや印象的なクリエイティブを駆使し、拡散したくなるような広告を作るとよいでしょう。課金はエンゲージメント数(いいね、リツイートなど)に対しておこなわれます。

フォロワー数

アカウントのフォロワー数を増やすことを目的とします。
ユーザーに、長期にわたって媒体に興味を持っていてほしいときにぴったりです。課金は新規フォロワー数に対しておこなわれます。

アプリのリエンゲージメント数

ユーザーがすでにインストールしているアプリを開いたり更新したりすることを促します。
アプリの利益をさらに上げたいときに活用します。課金は、ユーザーがアプリをクリックしたときにおこなわれます。

参照:Twitter広告キャンペーンの基本

Twitter広告の効果をアップさせる3つのコツ

Twitter広告の効果をアップさせる3つのコツ

Twitter広告を効果的に運用するには、Twitterの特性を活かすことを意識しましょう。
ここからは、Twitter広告の効果をアップさせるコツを紹介していきます。

適切なターゲティングをおこなう

広告でリーチしたいユーザーを適切にターゲティングすることで、効果を向上させることができます。
そのため、ターゲティングは適切におこなわなければいけません。

Twitter広告では、さまざまなターゲティング機能を利用できます。
細かく絞れば絞るほどターゲットのユーザーに強いインパクトを与えられますが、ターゲットを絞りすぎて、思ったように広告が表示されないことや、届けたかったユーザーがターゲティングから外れてしまったなどのリスクがあります。ターゲティングごとに効果を計測しながら、試行錯誤するとよいでしょう。

印象的なクリエイティブフォーマット

Twitter広告では、さまざまなクリエイティブフォーマットを利用できます。

  • ・プロモビデオ
  • ・インストリーム動画
  • ・インストリーム動画スポンサーシップ
  • ・ブランドオリジナル絵文字
  • ・カンバセーショナルカード
  • ・GIF画像と静止画像
  • ・ライブ配信

使用できるクリエイティブ素材と配信フォーマットを掛け合わせ、キャンペーンに合わせてインパクトのある広告を作りましょう。
たとえば、インプレッション数を上げたいのであれば、カンバセーショナルカードを使ってハッシュタグの拡散を狙うなどの手法をとるとよいです。

参照:Twitter広告クリエイティブの種類

2次拡散を狙う

Twitter広告の特徴として、2次拡散が狙えるということがあります。
さらに2次拡散にはコストもかからないので、費用に対して大きな広告効果を得ることが可能です。いいねやリツイートなどをしてもらえるようなクリエイティブを作成するとよいでしょう。

まとめ

Twitter広告には、さまざまなキャンペーンがあります。
適切に選択することで、大きな効果を得ることが可能です。
また、広告を制作する際には、「適切なターゲティングをおこなう」「印象的なクリエイティブをする」「2次拡散を狙う」などのコツを意識しましょう。そうすることで、さらに効果をアップすることができます。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る