1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. チュートリアル動画とは?制作のメリットと注意点について

チュートリアル動画とは?制作のメリットと注意点について

チュートリアルとは、商品やサービスの利用者に向けた説明を意味します。そして、紙媒体やホームページにテキストと写真で記載していた内容を動画化したものがチュートリアル動画です。くわえて、社員に向けた研修教材や業務マニュアル、セールスマニュアルなどを動画化したものもチュートリアル動画とされています。

本記事では、チュートリアル動画の概要や制作するメリット、制作時のポイントや注意点などについて説明します。

チュートリアル動画の概要

チュートリアル動画の目的は「だれかに何かをわかりやすくレクチャーする」ことです。
チュートリアル動画の対象者は取引先や見込み客、商品やサービスを購入した人など「社外の人」の場合もあれば、新入社員や派遣社員、中堅社員など「社内の人」の場合もあります。

チュートリアル動画を制作するメリット

ここでは、チュートリアル動画を制作するメリットについて、それぞれ説明します。

文章や写真よりも理解しやすい

商品やサービスを使用しているシーンや業務をこなしているシーンなどを動画で見ることによって、ユーザーは視覚と聴覚から多くの情報を同時に得られます。

そのため、同じ内容であっても、文章や写真による説明より動画のほうが感覚的に理解しやすいのです。
また、動画のほうが時間あたりの情報量が多いため、短時間で全体を理解するのに役立ちます。

場所を選ばない・繰り返し学べる

モバイル端末とインターネット環境の普及により、移動中や休憩時間など、すき間時間に動画を視聴することも容易になりました。動画を端末にダウンロードすればオフライン視聴も可能です。

分厚いマニュアルやページスクロールが必要なホームページとは異なり、スマートフォンやタブレットがあれば、時と場所を選ばずに動画で学べます。動画では、しっかりと理解したい箇所などを繰り返し視聴することもできるため、理解度が上がりやすい点もメリットといえます。

コストが抑えられる

紙のマニュアルの場合、ユーザーの人数分を用意しなければならず、印刷コストや保管コストがかかります。
一方、チュートリアル動画を制作すれば、データとしてユーザーに送信したり、アップロードした場所からユーザーがダウンロードしたりできるため、印刷や保管にかかるコストを大きく削減することが可能です。

チュートリアル動画制作時の注意点

チュートリアル動画注意点

チュートリアル動画を制作する際は、以下の3点に注意しましょう。

動画素材のライセンス

すべて自社で撮影した写真や動画、ライセンス購入した画像・音楽素材などであれば問題ありませんが、フリー素材を使用する場合はライセンスや利用条件に注意が必要です。
以下の点を確認しましょう。

  • ・ライセンスフリーか
  • ・商用利用、改変は可能か
  • ・クレジット表記は必要か

アスペクト比

アスペクト比とは画面比率(長辺と短辺の比率)を意味します。SNSなどで人気のショートムービーの場合、アスペクト比は、スマートフォンの画面で見やすい縦型(9:16)が効果的といわれています。

一方、ユーザーがパソコンやタブレットで視聴する場合や画面録画をチュートリアル動画に使用する場合は、ワイドスクリーン(16:9)が適しています。

アスペクト比は動画編集ツールなどで動画を制作する際に選択が可能です。
ユーザー層の属性や使用デバイス、ビジュアル素材の内容に応じて、適切なアスペクト比を選択しましょう。

参照:スクエア動画や縦長の動画を使ってモバイル ユーザーにアプローチする – Google 広告 ヘルプ

ショットやシーンの長さ・再生スピードを調整する

チュートリアル動画のメリットは「短時間で多くの情報を伝えられる」ことです。そのため、各シーンが冗長な印象を与えると、ユーザーの集中を妨げるおそれがあるため、注意しながら動画を制作しましょう。

ショットやシーンがユーザーにとって十分に理解できる長さを超えた分は、トリミングが必要です。
また、作業の流れなどを動画で見せる場合、実際のスピードで再生すると多くの時間を要するケースもあります。
その場合、再生スピードを速めに設定して「早送り」の状態で見せるのも効果的です。

チュートリアル動画の事例

ここでは、チュートリアル動画を効果的に使用している事例を3つ、紹介します。

社員研修用チュートリアル動画

PHP研究所が社員に向けて「PDCAの基本」を学ぶ教材として制作したチュートリアル動画です。初めて「PDCA」という用語を耳にした人も、ビジュアルとナレーションで学ぶことにより、理解しやすくなります。

参照:社員研修ビデオ「PDCAの基本」 – YouTube

顧客・取引先用に社史を伝えるチュートリアル動画

「株式会社こんの」の創業から営業所を全国展開するまでの流れを、戦後から平成までの時事的ニュース映像を絡めながら2分弱で紹介する動画です。

説明は短いキャプションのみのスライドショーでナレーションはなく、クラシックの名曲「パッヘルベルのカノン」をBGMに使用しています。

シンプルなつくりですが音楽の美しさと郷愁をそそる写真を組み合わせた効果が絶大で、ユーザーを魅了するチュートリアル動画になっています。

参照:創業から現在まで、弊社の歴史を二分間で御覧になれます! – YouTube

電子ピアノの組み立て方を紹介するチュートリアル動画

CASIOの製品である電子ピアノを家庭で組み立てる手順を紹介したチュートリアル動画です。

実際に作業する順序で各ステップのポイントを取り上げて見せることにより、ユーザーは組み立て作業の全体イメージを把握しやすくなります。ピアノの購入層に好まれそうなBGMも効果的です。

参照:電子ピアノPX770 組み立て方動画 – YouTube

まとめ

チュートリアル動画は配布やストックのコストを削減できることにくわえて、ユーザーにとっても理解しやすく、利便性が高いといえます。視覚と聴覚からより多くの情報量を短時間で得られる、いつでもどこでも視聴できる、重要な部分を繰り返して視聴できるなど、動画ならではのメリットもあるのです。

顧客や取引先、社員などへの対応を改善するためにも、今後、チュートリアル動画の需要と重要性は、さらに高まっていくでしょう。だれでも短時間で動画を制作できる動画編集ツールを導入するなど、チュートリアル動画の内製化を進めていくことをおすすめします。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

この記事をシェアする


Video BRAIN

Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ