1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. ブランディングではトンマナを統一することが重要!意識すべきポイントについて

ブランディングではトンマナを統一することが重要!意識すべきポイントについて

Webマーケティング ブランディングではトンマナを統一することが重要!意識すべきポイントについて

商品やサービスが持つ世界観を正確に伝えるためにはトンマナを統一することが重要です。
統一させることでブランドの認知度を上げやすくなります。

当記事では、ブランディングにおいての「トンマナ」の重要性について解説していきます。
ブランディングを成功させるためのコツについても紹介していくので、ブランディングをおこなう際の参考にしてみてください。

トンマナとは?

ブランディングにおいて重要とされているのが、トンマナです。
トンマナとは、「トーン&マナー」を略した言葉で、デザインに一貫性を持たせることを指しています。

例えば、ジュエリーブランドのティファニーは、さわやかなスカイブルーをイメージカラーとしています。
そのブルーはティファニーブルーとも呼ばれるほどに、ティファニーのブランドイメージとして浸透しています。
ティファニーブルーを使った商品もたくさん発売しており、特に女性にとっての憧れの商品として人気です。
ティファニーは、色のトンマナを統一させることによって、ブランディングに成功しています。

このように、ブランディングにおいてトンマナの統一は重要です。
ティファニーの場合は色を統一してブランディングをおこなっていますが、そのほかにもフォントやデザインなどを統一することも有効です。

「◯◯といえばあの商品」というイメージを消費者に持たせることができれば、ブランディングは成功したといえるでしょう。

トンマナで成果を上げるための4つのポイント

ブランディングにつなげるには、文章やデザインなどのトンマナを統一する必要があります。
ここからは、ブランディングに成功するためのトンマナのコツを紹介していきます。

根拠を明確にする

なぜそのブランドにそのトンマナなのか、という根拠を明確にする必要があります。

例えば、「良品価格の探求」「成長の量循環」「最良のパートナーシップ」という企業理念を持つ「無印良品」ですが、「自然と」、「無名で」、「シンプルに」、「地球大」の4つをキーワードとしてきました。
そのため商品は、シンプルでオーガニックな雰囲気を持つパッケージを特徴としています。
まさに企業のイメージとトンマナが一致している例といっても良いでしょう。

このように、トンマナはただデザインを統一させれば良いというわけではありません。
企業のアイデンティティをデザインに落とし込み、消費者に印象付けることで、ブランディングとしての効果を発揮するのです。

自社のポジションを把握する

自社のポジションをトンマナに反映させることも大切です。

例えば、老舗ブランドであれば伝統的で威厳のあるトンマナが合いますが、新規参入ブランドであれば挑戦的なトンマナで差別化を図っても良いでしょう。

トップシェアのブランドと2番手や3番手のブランド、ラグジュアリーなブランドとお手頃価格のブランドなど、ブランドによってポジションは異なります。それぞれのポジションに合わせたトンマナが大切です。

ターゲティングを明確にする

ブランドのターゲット層を把握することも大切です。
ブランドのポジショニングをおこなったら、そのポジションを好むターゲットについて分析していきましょう。
ターゲットの興味・関心があることやライフスタイルなどを創造し、ターゲットに響くようなトンマナを構築していくのが重要です。

ブランディングにはさまざまな種類がある

ブランディングにはさまざまな種類がある

ブランディングには、従業員のサービスに一貫性をもたせる「インターナルブランディング」や自分自身をブランディングする「パーソナルブランディング」などいくつかの種類があり、それらのブランディングを成功させるためには、さまざまな手法を使います。

トンマナは、そういったブランディングの手法の一つです。
自社のブランドに合わせたブランディングをおこない、ブランド認知を深めていきましょう。

まとめ

ブランディングにはさまざまな手法がありますが、その中でも、トンマナはブランドの軸を確立させるために大切な手法です。
優先的に取り組むべき要素であるといえます。

トンマナを統一させることで、ブランドのイメージをわかりやすく伝えることができるため、色やフォントなどに統一感を持たせ、ブランドイメージを構築していきましょう。

また、ブランディングに成功するためには、ブランドに合わせたトンマナが必要になります。
まずはブランドのイメージやポジション、ターゲットを分析しましょう。
そうすることで、適切なブランディングができるようになります。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る