1. TOP
  2. テレワーク
  3. テレワークのマネジメントはどう行えばいい?成功させるためのコツとは

テレワークのマネジメントはどう行えばいい?成功させるためのコツとは

今では、テレワークを取り入れる企業が増えてきています。
初めてテレワークを導入する場合、どのようにマネジメントをするべきなのか悩んでいるマネージャーもいると思います。

この記事では、テレワークの働き方をマネジメントの視点から考え、課題を乗り越えて成功させるコツをご紹介します。

マネジメントの役割とは

一般的にマネージャーは、複数の部下を抱えてチームを統括します。
チームの各メンバーが能力を発揮し、結果が出せるようにリーダーシップをとることがマネージャーの役割ですが、マネジメント自体は大きく分けて2つに分類できます。

業務のマネジメント

業務が滞りなく行われるようにチームプロジェクトの進歩管理などを管理します。
目標達成のためにも、スキルやポテンシャルにより適切な人材配置や仕事の振り分けを行うのもマネージャーの役目です。

部下のマネジメント

チームとして業務を遂行し目標を達成するには、マネージャーによる部下の管理が必要です。
日常的に部下が業務タスクをスケジュール通りにこなせているかを確認し、必要があればサポートします。

テレワークで社員がぶつかりやすい壁

ここからは、テレワークの実施により部下が目の当たりにする問題点や悩みを紹介します。
部下にどのような悩みが生まれるのか事前に把握しておくことで、対策ができるかもしれません。

上司とのコミュニケーションが取りにくい

テレワークで一番多い悩みは、上司とのコミュニケーション不足や意思疎通の難しさです。
上司と部下が同じオフィスにいる場合、自然な会話が生まれるため、問題が発覚しやすいだけではなく、分からないことがある場合は積極的に上司に質問ができます。

一方テレワークは、相手の表情や仕事の状況が見えにくいため、部下は適切なタイミングがつかめずコミュニケーションが取りにくいと感じてしまう可能性があります。

先輩や同僚に相談できない

テレワークではチームメンバーが近くにいないため、問題が起きても誰にも相談できず、一人で抱え込んでしまう可能性があります。
その結果、プロジェクトの遅延を引き起こしたり、自己判断による業務上のミスにつながることがあります。

オン・オフの切り替えが難しい

自宅を職場としている場合、社員によっては仕事とプライベートの線引きが難しいと感じることがあります。
また、自宅に家族がいる場合など家の環境によっては、仕事に集中することができず、生産性が下がってしまうこともあるでしょう。

評価方法への不安

上司に自分の働きぶりを見てもらうことができないため、部下は自分が適切に評価されているかどうか不安になることがあります。
成果や数字が評価に直結する可能性もありますが、見えないからこそ「さぼっていると思われているのでは?」「ちゃんと評価してくれないのでは?」と考える人も少なくありません。

今後のキャリアへの不安

組織としての社内の様子が見えにくく、キャリアパスがイメージしにくいというのも、社員にとっては不安要素の一つです。他のポジションや部署についての情報が得られないため、今後のキャリアがイメージできずに悩むこともあるでしょう。

テレワークを成功に導くマネジメント方法

それでは次に、なるべく社員の不安を取り下げ、テレワークを成功に導くためのマネジメント方法をご紹介します。

コミュニケーションツールを導入する

テレワークの大きな壁は、コミュニケーションが取りにくいという点です。
上司と部下の間で意思疎通がうまくいかなかったり、上司への報告・連絡・相談の頻度が下がってしまったりすることが懸念されます。

こうした問題は、Web会議システムを日常的に使い、リアルタイムの対面コミュニケーションを習慣にすることで軽減できるでしょう。Webカメラで相手の表情を見ながら会話をすると、メール文面のやりとりに比べて状況や心境を伝えやすくなります。
更に、ビジネスチャットや社内SNSなどのコミュニケーションツールの利用も、コミュニケーションを円滑にするために有効な手段です。

また、コミュニケーションツールを導入したら、コミュニケーションを取るためだけの時間を作ることも大切です。例えば、1日に10分程度の時間を取り1on1ミーティングを実地すると良いかもしれません。
現状の報告のみならず、相談できる時間を作ってあげることで部下の不安が軽減できます。

人事評価や労務管理を適切に実施する

部下の状況が見えにくいテレワークでは、従来よりも目標を小刻みにして報告してもらうなどの工夫が必要です。
そうすることで、日常的な勤務態度や進捗状況を確認し、適切な人事評価を行うことができるでしょう。

また、正確に労働時間を把握できるシステムを取り入れるのもおすすめです。
オンラインで打刻ができる勤怠管理システムを導入するなど、ITツールを活用して効率的に管理しましょう。
 

まとめ

テレワークでは社員に柔軟な働き方を提供できる一方、コミュニケーションやマネジメント方法の難しさが課題になります。
ITツールなどを最大限に活用し、コミュニケーションが取りやすい環境を作ることが大切です。
社員の生産性やモチベーションの向上などにつながり、テレワーク本来のメリットを発揮させることができます。

また、テレワークを成功させている多くの企業では、段階的なテレワークの導入を行っています。
テレワークと適切なマネジメント方法を徐々に取り入れることで、課題と改善策を見つけながら成功に導くことができるでしょう。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

この記事をシェアする


Video BRAIN

Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ