1. TOP
  2. テレワーク
  3. テレワークとは?メリットやデメリット、セキュリティ対策におすすめVPNをご紹介

テレワークとは?メリットやデメリット、セキュリティ対策におすすめVPNをご紹介

テレワークは、ICT機器を使って自宅やサテライトオフィス、あるいは出張先などから仕事をすることです。

そこでこの記事ではテレワークの意味から、メリット・デメリットやセキュリティ対策ついてご紹介していきます。

テレワークとは?

テレワークとは、情報通信技術(ICT=Information and Communication Technology)を利用した、時間や場所にとらわれない働き方のことをいいます。

テレワークは働く場所によって、自宅利用型テレワーク(在宅勤務)、モバイルワーク、施設利用型テレワーク(サテライトオフィス勤務など)の3つに分けられます。

通勤や移動の時間が節約できると同時に、ワークライフバランスが取りやすい働き方といえます。

テレワークで必要になるものとは?

テレワークに最低限必要なものといえば、PCとインターネット環境です。
さらに、働く人の健康と安全を守るための法律である労働安全衛生法のガイドラインによると、机といす、10平方メートル以上の作業スペース、300ルクス以上の十分な照度の照明などの作業環境が必要です。

必ずこの通りにするべきというわけではありませんが、健康に働くことができるためには、ある程度作業環境を整える必要があります。

また、モバイルワークの場合は、外出先でも利用ができる小型のWifiやテザリングのできる携帯電話など、通信回線を移動先でも利用できるように確認しておきましょう。
そのほかにも、テレワーク全般で、会議に集中するためにヘッドセット・モバイルスピーカーなども状況に応じて揃えるといいでしょう。

テレワークのための助成金とは?

先程紹介したように、テレワークを行うにはICT機器や作業環境を整えなければいけません。
しかし、企業では予算が必要になり、その負担は決して軽くはありません。
そこで、政府では企業に「働き方改革推進支援助成金」を交付して、テレワーク環境の整備を促進しています。

「働き方改革推進支援助成金(テレワークコース)」は、テレワーク環境を整備する企業なそに交付される助成金です。一定の規模までの企業がテレワーク環境を整備する場合に、最大で一人当たり40万円・1企業あたり300万円までの助成金を交付します。

2020年4月1日から1人当たりの上限額及び1企業当たりの上限額を倍増したことや、受け入れている派遣労働者がテレワークを行う場合も対象にするなど、拡充が行われています。

参照:テレワークとは–一般社団法人日本テレワーク協会–
参照:働き方改革推進支援助成金(テレワークコース)
参照:テレワークにおける適切な労務管理のためのガイドライン

テレワークのメリットとは?

テレワークには、通勤や移動の時間を短縮できるというメリットが挙げられますがそのほかにも、多くのメリットがあります。今回はメリットを4つご紹介します。

労働力人口の減少の緩和

日本では人口減少にともない、労働力人口の減少が問題とされています。
出生率が低下し、高齢者の人口が増えている現状で、労働力の確保が重要とされています。

しかし、テレワークを導入することで、介護や子育てで仕事を続けられなくなった方や、さまざまな事情で通勤が難しい方、地方在住の方など、労働市場に参加してもらうことが可能となります。
通勤時間と労力が節約できて、ケア責任を負う人や障害者が働きやすくなるテレワークは労働力人口の減少を補うことが期待されています。

業務の効率化ができる

テレワークは業務の効率化・スピードアップに役に立ちます。
より短い時間で同じ結果が出せるようになるため、生産性を上げることができます。
政府の主導する働き方改革も、OECD加盟国最低水準の生産性をあげることを目標にしており、先に紹介した助成金も、テレワークが働き方を変えられることを前提としています。

ペーパーレス化を促進

テレワークでは、主にオンラインで電子化された文書やデータを利用します。
そうすることで、紙を使用するよりも、環境負荷も低くなります。
テレワークの場合はより環境に優しい働き方ができるので、近時投資家が注目している企業への環境の取組にプラス要因となります。

さらに、ペーパーレス化が進むと、紙の資料を探す手間や、ファイリングする手間も省けます。
PC上の検索で簡単にほしい資料やデータが手に入りるため、業務の効率も向上させます。

災害時・パンデミック時にも業務が可能

テレワークであれば、地震や台風による交通規制などに影響されることなく、業務を行えます。
また、新型コロナウィルスの流行に伴う各地の非常事態宣言により、テレワークは大幅に促進されることとなりましたが、オフィスで感染の流行を起こしてしまうリスクを避けつつ、通常営業できることも大きなメリットです。災害時やパンデミック時も、テレワークでBCP(事業継続計画)を実行できます。

テレワークのデメリットとは?

テレワークのデメリットとは?

一方、テレワークにはデメリットもあります。主にあげられている点は次の通りです。

コミュニケーション不足

顔が見えないため、職員同士のコミュニケーションが希薄になりがちな点がデメリットとなります。
特に2020年の新型コロナウィルスの流行期は、ちょうど新入社員の入社時と重なり、「従来顔を突き合わせて行ってきた新人教育がうまくいかない」との悩みがよく聞かれました。

オンライン会議やチャットを利用しての新人教育にも限界があるため、工夫をしながら進めていくことが大事です。

労務管理がしにくい

従来でも残業について度々問題視されていましたが、テレワークにおいても労務管理は課題となっています。
会社側からしても、相手が何をしているのか見えない分、労働時間をどう判断すればよいのか難しい部分がありました。
厚生労働省のテレワークにおける適切な労務管理のガイドラインでは、「労働時間を記録する原則的 な方法として、パソコンの使用時間の記録等の客観的な記 録によること等」が挙げられています。
ガイドラインを踏まえて、労務時間管理対策を行っていく必要性があります。

参照:テレワークにおける適切な労務管理のためのガイドライン

初期の設備投資が高額になる可能性も

テレワークを促進するとオフィスの規模を縮小し、その他の職員が利用する設備投資も節約できるようになります。全員の利用を前提としていた設備等が、利用頻度が下がることになれば、コピー機の台数を減らすことなど、コストカットが可能です。

しかし、テレワーク導入の当初は、ラップトップPCの台数を増やす・会社貸与のモバイルWifiを増やす・ペーパーレス化を促進するなど、相当な投資が必要です。
助成金の交付を受けても、導入時は負担が大きいとの悩みを抱えた企業も少なくありません。
どこで初期投資と、その後のコストカットで釣り合いを取るかは多くの企業で課題になるところです。

情報セキュリティの課題

家族がいる自宅でのビデオ会議や、PCの画面を開いた状態のままにしておくなど、情報漏洩の危険のあります。
また、サーバやクラウドに格納されている重要な情報が、悪意のある第三者からのサイバー攻撃やマルウェアア感染など、情報を盗まれてしまう可能性もあります。

通信をVPNで保護して暗号化通信を行うやパソコンはセキュリティソフトを利用する、会議を行う際は、内容が漏れないようにヘッドセットを使用するなど、リモートワークでの情報セキュリティ対策を行うようにしましょう。

テレワークの最大の課題であるセキュリティ対策

最も企業にとって影響が大きいと考えられるのは、情報セキュリティ上の課題です。
万が一情報の漏洩が発生した場合、最悪億単位~数十億単位で顧客への損害賠償に応じるべき事態になることも考えられます。

しかし、VPN(Virtual Private Network)を利用すれば、安全な通信を行うことが可能です。
VPNは、ソフトウェア上の仕組みで、企業が専用の通信回線を確保しているのと同じ効果を得ることができます。

現在多くの会社で利用されているVPNには、次のような特徴があります。

  • ・低コストなのに高セキュリティ
  • ・リモートで全部の社内システムが利用可能
  • ・使い慣れた端末を利用可能

特に、暗号化通信により直接インターネット回線から悪意を持った攻撃者に情報を見られずに済むところはVPNの強みとなるところです。しかも、低コストでVPNは導入・運用できます。

おすすめのVPN製品

VPNは暗号化通信の仕組みを利用して、ソフトウェアにより企業の専用の回線と同等のセキュリティレベルを実現します。

暗号化通信は、若干PCや通信のパフォーマンスを落としてしまう傾向にありますが、日本のデータセンターを利用している場合は、パフォーマンスの差はそれほどありません。

以下のVPNサービスは、日本のデータセンターを利用しています。
パフォーマンスの面でも、安心して使えるのでおすすめです。

  • ・ExpressVPN
  • ・Surfshark
  • ・Cyber Ghost
  • ・NordVPN

まとめ

テレワークには労働力の確保やペーパーレス化の促進など、企業の業務全体をより効率よく進めることができますし、非常時や災害時にも業務を通常通り進められるメリットがあります。

しかしメリットがある一方、情報セキュリティの管理や労務時間の管理など、まだまだ課題が多いのも現状です。労務管理などは、最初にルール化を行うことで対策が可能です。
また、セキュリティに関しては、VPNを利用することで情報の漏洩を防ぐことができます。

VPNは専用回線を敷設したのと同様の効果がある安全なソフトウェアです。
テレワークの課題となる情報セキュリティですが、リスクコントロールをVPNで行い、安全に運用するようにしましょう。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

この記事をシェアする


Video BRAIN

Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ