1. TOP
  2. テレワーク
  3. テレワークとリモートワークの違いって?リモートデスクトップについても紹介

テレワークとリモートワークの違いって?リモートデスクトップについても紹介

テレワーク テレワークとリモートワークの違い

働き方改革が進む中、浸透しつつある「テレワーク」と「リモートワーク」という言葉。
いずれも「遠隔勤務」という意味合いを持つ言葉ですが、その使い分けの仕方はご存知でしょうか。

当記事では、テレワークとリモートワークの違いを解説していきます。テレワークやリモートワークをする際に便利なリモートデスクトップについても紹介していきますので、導入の際の参考にしてみてください。

テレワークとは?

はじめに、テレワークについて解説していきます。テレワークという言葉が生まれた背景や、日本におけるテレワークという言葉の立ち位置について見ていきましょう。

「テレワーク」の言葉が生まれた背景

テレワークとは、「tele(離れた場所)」と「work(働く)」という二つの単語を合わせて生まれた造語です。
テレワークという言葉が生まれたのは、1970年代のロサンゼルス周辺で、自動車による交通の混雑や大気汚染を起因として発生するさまざまな問題を改善するために導入されたとされています。

また、アメリカで発生したのノースリッジ地震で、大規模な災害に対応するために、在宅勤務などを取り入れる動きが増加したとの報告もあったそうです。

参照:関連キーワード解説:テレワーク・企業の社会的責任

「テレワーク」が導入された時期とは

日本で初めてテレワークを導入したのは、日本電気(NEC)です。女性が結婚や子育て、介護などにより、仕事を辞めざるを得ない状況の改善を目的としていました。
その施策の一環として、吉祥寺にサテライトオフィスを設けています。

今では、多くの企業にテレワークが導入されており、出社が困難な人や、出社を負担に感じる人も、テレワークのおかげで仕事をしやすくなってきました。働き方改革という言葉が叫ばれるようになり、ますます働く人にとって負担がかからない働き方が注目を集めるようになっています。

「テレワーク」が使われ続ける理由とは

テレワークという言葉が生まれてから30年以上経っている今も尚、なぜテレワークという言葉が使われ続けているのでしょうか。

政府は、テレワークを導入した企業に「働き方改革推進支援助成金」という助成金を交付しますが、それを「テレワークコース」と呼びます。
このように、政府も「テレワーク」という言葉を使用していることから、世間にも「テレワーク」が浸透するようになったとも考えられます。

リモートワークとは?

それでは、「リモートワーク」とはどのような意味を持つのでしょうか。

リモートワークは、「remote(遠隔)」と「work(働く)」が合わさって生まれた造語です。
意味合いとしては、テレワークとほぼ同義といえます。
テレワークと異なる点は、リモートワークという言葉は近年使われるようになった言葉だということです。

テレワーク とリモートワークの違い

テレワークとリモートワーク

テレワークもリモートワークも、同じく遠くで働くという意味合いを持った言葉です。
それでは、この2つの言葉の違いは何なのでしょうか。

テレワークの定義とは

テレワークの定義とは「日本テレワーク協会」によれば、「情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない、柔軟な働き方」と定められています。

そして、働く場所によって「在宅勤務」「モバイルワーク」「サテライトオフィス勤務」の3つに分類されています。このように、定義付けがされているのは、リモートワークにない特徴といえます。

参照:テレワークとは|テレワークの導入・活用|一般社団法人日本テレワーク協会

テレワーク・リモートワークが向く人とは

テレワークが適しているのは、次のような人たちです。

  • ・ライフステージの変化や身体的事情などにより、通勤が困難な人
  • ・企画や人事など、管理部門・開発部門の人
  • ・営業やSEなどの顧客対応業務の人

仕事内容によって、常時在宅勤務が適していたり、部分在宅勤務が適していたりと、スタイルは異なります。

使い分けの方法とは?

テレワークとリモートワークには、厳密な使い分けはありません。
ただ、テレワークが上記のように定義があるのに対して、リモートワークには定義がありません。
そのため、リモートワークはより柔軟な意味合いを持ちます。

また、テレワークが省庁や大企業で使われている言葉、リモートワークはIT企業やフリーランスに使われている言葉という違いもあります。やりとりをする相手に合わせて使い分けをすると良いです。

テレワークとリモートデスクトップ

テレワークの方法の一つに、リモートデスクトップというものがあります。
メリットや注意点をまとめて解説しているので、導入の参考にしてみてください。

リモートデスクトップとは?

リモートデスクトップとは、オフィスにある自分のPCに外部のPC(クライアントデバイス)からアクセスし、操作することです。データはオフィスのPCに残り、クライアントデバイスには残らないのが特徴です。

リモートデスクトップのメリットは?

リモートデスクトップのメリットは、次の3つです。

  • ・クラウドサービスだから導入しやすい
  • ・低コストで導入できる
  • ・androidやiOSなどさまざまなデバイスから接続できる

リモートデスクトップは、新たにサーバーを設置したり、デバイスを購入したり必要がないため、導入障壁が低いです。

リモートデスクトップで注意すべきこと

リモートデスクトップを利用する際には、次の点に注意しましょう。

  • ・オフィスのPCの電源をオンにしておく
  • ・セキュリティを万全にしておく

リモートデスクトップは、オフィスのPCをオンにしておかなければいけません。
しかし、24時間オンにしておくわけにもいかないので、出勤している人が電源を管理するようにしてあげるといいでしょう。

また、クライアントデバイスを紛失してしまうと、不正アクセスされる可能性があります。セキュリティを万全にしておかなければいけません。

まとめ

テレワークとリモートワークは、どちらも同じような言葉で「遠隔勤務」を意味します。
多様な働き方ができるようになってきて、今後も取り入れる企業が増えていくと予想されます。

また、テレワークやリモートワークをするときには、リモートデスクトップが便利です。
低コストで導入しやすいので、これからテレワークやリモートワークを始めたいというときには、リモートデスクトップの導入を検討してみてはいかがでしょうか。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る