1. TOP
  2. テレワーク
  3. テレワークは不公平? 社員の不満をなくす方法とは

テレワークは不公平? 社員の不満をなくす方法とは

働き方改革の一環として検討されてきたテレワークですが、社員が全員無条件にテレワークをおこなえるわけではなく、一部で不公平を感じる人もいます。では、テレワークは本当に不公平な仕組みなのでしょうか。

ここでは、テレワーク導入により不公平と感じる理由や不満をなくす工夫について紹介します。

テレワークが不公平と言われる理由

政府が推し進め、企業が実践を始めているテレワークには、さまざまなメリットが考えられます。

その一つがコスト削減です。エンジニアやデザイナーなどのクリエイティブな仕事をする人は、環境が整っていればオフィスで仕事をする必要がない場合もあります。
企業から見ても、オフィス環境を一人分確保するコストが削減されますし、交通費もかかりません。
さらに、通勤にかかる時間や満員電車のストレスを低減できることから、効率アップが図れます。

人材不足が叫ばれている昨今の人材確保にも大きく貢献します。
オフィスに通う必要がなければ、遠隔地での採用が可能になるからです。

このように多くのメリットが考えられるテレワークですが、オフィスで働く人とテレワークで働く人とで環境が違うため不満も出てきます。オフィスで働く人から見るとテレワークの人は自由に仕事ができるばかりか、社内の雑務から免除されているように見えます。

その結果、本当に在宅で仕事をしているのだろうかというような疑惑や、評価が公平におこなわれているのだろうかといったような不満がうまれます。特に、社内の電話対応や来客対応など社内にいるからこその業務は、オフィスにいる人たちへ負担が大きくなったように感じさせます。

一方で、テレワークで働く人たちにも不満はあります。
テレワークでの仕事はどうしても情報伝達の時間に差があったり、コミュニケーションが減ってしまい孤独感を感じたりします。今まで、仕事の合間にしていた雑談もなく、自分だけが取り残されてしまったかのような感覚になってしまうのです。

テレワーカーは会社の様子や雰囲気がわかりにくく、自分が出社していないことによるしわ寄せや、上司から正当に評価をしてもらえるのか、仲間意識がうすれてしまわないかといった不安により、メンタル的にストレスを感じることが多いようです。

一方、オフィスで働く人たちにとっても、テレワークに対しそれなりの理由があるのだと理解できるのですが、相手の動きが見えないぶん、仕事をちゃんとしているのかや、距離を感じてしまうといった不安がでてきてしまいます。

テレワークの不公平感をなくす工夫

テレワークを行っている企業内部で起きるテレワークに関する不公平感や不満をなくすためには、できるだけお互いの状況を把握できることが大切です。
そのためにコミュニケーションをより密にとるようにしましょう。

情報共有

オフィス内にいる場合といない場合でもっとも大きな違いは、情報の流れが寸断されることです。
オフィス内にいれば自然と耳に入ってくる情報も、自宅にいたのでは受動的になってしまいます。
そのため、テレワークをする人がいる職場であれば、情報の流れを意識して活発化させる必要があります。

特に業務にかかわる情報の共有は徹底して行いましょう。
業務情報が共有化されていないと、チームワークが乱れ、業務効率も落ちてしまいます。
外部から社内の情報共有エリアにアクセスができるようにしたり、チャットやWebミーティングなどを活用したりと情報共有を徹底することが重要です。

就業ルールの徹底

オフィスで働く場合であっても、テレワークであっても社員であることに変わりありません。業務形態によって異なる条件はあるにせよ、どこで業務をしても就業条件は、揃うに就業ルールを徹底しましょう。

各自のスケジュールは管理ツールを活用し、お互いの状況が見えるようにします。
プロジェクトの進捗は、進捗管理ツールを活用してリアルタイムにアップデートされるようにしましょう。
今までその場で話していた業務相談もWeb会議をひらいてそこで議論するようにするのも良い方法です。

多種多様な働き方への意識改革

テレワークは、ある一部の人たちに特別に許可されたものではなく、働き方の一つであることを認識してもらうことが大切です。

業務の内容によって社内でしかできないもの、社外でも可能なものとありますし、家庭の事情から自宅から離れられないが、テレワークであればフルに働けるというような事情の人もいます。
それぞれが自分のパフォーマンスをより高めるために、必要であればテレワークを選んで上司と相談するようにしましょう。

今や多種多様な働き方が生まれているためテレワークは、その中の一つの選択肢というだけで、特別なことではないことを意識づけしましょう。

テレワークをなじませるには上司のマネジメントが重要

テレワークをなじませるには上司のマネジメントが重要

テレワークをしている部下とオフィスで働く部下を一つのチームとしてまとめ上げ、より高いパフォーマンスを引き出すには、上司のマネジメント力が試されます。

信頼関係を築くためのコミュニケーションや情報共有、業務の見える化など、だれもが公平に必要な情報を入手したり相談できる環境を整えることが大切です。

まとめ

テレワークはさまざまな働き方の一つです。
しかし、社内業務とテレワーカーとそれぞれが不満や不安を感じてしまうことがあります。
お互いの不満や不安を解消し、気持ちよく仕事ができるように、さまざまな取組が必要です。
オフィス内にいる人もテレワークをしている人も共通に企業のメンバーの一人として効率の良い業務活動をめざしましょう。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

この記事をシェアする


Video BRAIN

Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ