1. TOP
  2. テレワーク
  3. テレワークの失敗って?上手くいくためのポイントを理解しよう

テレワークの失敗って?上手くいくためのポイントを理解しよう

テレワーク テレワークの失敗

近頃、広まりつつあるテレワークですが、必ずしも導入や運用がうまくっている企業だけとは限りません。
テレワークを始めてみたもの業務効率があがったとはいえないケースもあります。
ここでは、テレワークによる失敗例や、活用ポイントについて説明します。

急激に増えたテレワーカー、そのメリットとは

最近ではテレワークという言葉をニュースなどで聞くようになりました。
テレワークは、ICTを活用して、オフィス以外で業務が行える働き方の一つのスタイルです。
インターネットがつながっている場所であればどこからでも仕事ができる環境が構築されますので、通勤することなく、仕事ができるようになりました。

テレワークによって、自宅からでも業務できることは、通勤のストレスを低減させますので、小さい子供がいる家庭や、介護などの心配がある家庭などであっても、業務を遂行することができますし、時間の有効活用も可能です。

しかしテレワークは、業務の内容によって、可能な場合とできない場合があります。
特にテレワークに適しているのは、エンジニアやデザイナーのようなクリエイティブな業務の人たちや、社外にでることの多い営業職、一人で黙々と研究をすすめる研究開発職、市場リサーチなどを行うマーケティング職など多岐にわたっています。
実際にその現場でなければできない販売員のような接客業や、工事現場職人、製造ラインの従業員などを除けば、たいていの業務はテレワークが可能です。

テレワークで得られる効果

テレワークを導入することでさまざまな効果を期待することができます。
もっとも大きなものはパンデミック時の対応です。パンデミックや災害時には、オフィスに行くことすら難しい場合があります。しかし業務は行わなければなりません。
このようなときに、テレワークで業務を継続することができます。

また、平常時でも効果はあります。テレワークをしている従業員の通勤費やオフィスのコストなどが削減できますので、全体として経費削減につながります。

テレワークの失敗例

テレワークには大きなメリットがありますが、必ずしもすべてが成功するわけではありません。
ここではいくつかの失敗例をご紹介します。

リテラシー不足

テレワークを希望したものの、実際にやってみるとうまくいかないという場合があります。
これは、当事者のリテラシー不足によります。
通常企業のオフィスは、使うパソコンも含めすべて環境が整えられた状態で業務をしています。
普段何がなく使っているのですが、何かトラブルがあった場合でも、社内線でIT担当者に連絡をして対処してもらえばすぐに復旧できます。

ですが自宅の場合は、ネットワークがつながらなかったり、速度が遅いためにアプリケーションが起動しないや、アップデートができなかったりと、さまざまなトラブルが発生する可能性があります。
普段からそれらの対応に慣れていればいいのですが、そうでない場合テレワークに切り替えるのが難しいです。

報連相がうまくいかない

テレワークでは、オフィスにいるときと比べるとどうしてもコミュニケーション不足になりがちです。
それによって報連相がうまくできず、情報共有に問題が発生する場合があります。

特に同じ業務を共同で行っている時に起こった場合、業務が円滑に進まなくなる可能性があります。
プロジェクトの中でちょっと問題が発生した場合も、報連相がスムーズにいっていない場合は業務効率が極端に下がってしまいます。

ハンコ文化に代表される社内制度がテレワークに合わない

テレワークでうまくいかない代表的な業務フローがハンコによる承認フローです。
ほとんどの企業は本社にすべての機能を集約し、その中でFace to Faceでの業務を基本にしています。
その代表的なものがハンコによる承認です。

ですが、テレワークではこの承認プロセスをまわすことができず、途中で止まってしまいます。承認フローは大切ですので、システム上で承認が可能な電子承認を採用するなどの変更をしなければ対応できません。

評価システムの変更

テレワークを行う上で、もっともハードルが高いのが人材管理と評価システムです。
テレワークでは、勤怠管理をどのように行うか考える必要があります。

テレワークを想定せずに通常の管理方法をそのまま使おうとすると評価システムに不公平がでたり、正しい評価がされないなどが起こる可能性があります。
テレワークを行っている社員の管理が行き届いていなかったり、動きが見えないから正当な評価が難しいという場合もあります。そのため、今までの評価方法を変える必要があるのです。

テレワークを始めた企業の中には、テレワーク化を理由に給料を下げるという企業もあるようです。
これは、現行の評価システムで評価できない場合に陥りやすいケースです。
テレワークにおいては、時間外労働を認めないとする企業もあるため、テレワークで効率的に仕事をこなし成果をあげることができる人から不満が上がる場合もあります。

テレワークで失敗しないために

テレワークで失敗しないためには

さまざまなメリットやデメリットがあるテレワークですが、失敗例から失敗しないためのポイントを押さえてみましょう。

コミュニケーションツールの積極的な活用

テレワークで最も不安に感じるのは社内との関係性が薄くなることです。
今までコミュニケーションツールとして使っていたEメールだけでなく、ちょっとしたことを聞けるチャットなど、仕事以外のことでも雑談できるスペースを確保して、オフィス内にいてもテレワークであっても、情報共有できる場を確保するようにしましょう。

適正な人事評価

テレワークでの仕事ぶりは、アウトプットでしか判断できません。
だからといってどれだけ仕事をしたかの勤怠管理をより細かくして、勤務時間の管理で評価を決めるのもよくありません。評価をする側もされる側も納得できる評価システムにおいて、テレワークでの業務も考慮できるように修正を加えましょう。

まとめ

テレワークでさまざまな課題が解決できる一方で、新たな課題も出ています。
これらすべてを解決するには時間も労力もかかります。まずはできることから変革してみましょう。

毎日の報連相を忘れないこと、成果物やゴールがなにかを予め決めておくこと、ちょっとしたことも相談できる環境を整えることなど、テレワークであっても、オフィスワークであってもモチベーションを維持しながら業務を行える環境を作ることが大切です。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る