1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. 電話コンバージョンをアナリティクスで計測・設定方法を徹底解説

電話コンバージョンをアナリティクスで計測・設定方法を徹底解説

Webマーケティング 電話コンバージョンをアナリティクスで計測・設定方法を徹底解説

最近のWebサイトでは、タグを仕込み表示されている電話番号をクリックすることで、電話をかけられる仕組みが構築できます。
来店予約や問い合わせなど、ユーザーから電話をかけてもらうことが必用なビジネスでは、電話コンバージョンの計測が必要になります。

電話コンバージョンの計測には、さまざまな方法があるため、事前に把握しておくことが大切です。
この記事では、電話コンバージョンを計測する必要性や電話コンバージョンを計測する方法について詳しく解説します。

電話コンバージョンの計測が必要なケース

電話コンバージョンの計測に必要なのは、主に緊急性を要するサービスです。
例えば、水道工事や鍵交換サービスなどが挙げられます。
他にも、電話予約が一般的な飲食店やフィットネスクラブ、美容院なども含まれます。

これら以外のサービスでも、自社のホームページに電話番号を掲載している場合は、電話コンバージョンを計測しておくといいでしょう。

アナリティクスで電話コンバージョンを計測する方法

ここでは、アナリティクスで電話コンバージョンを計測する方法を紹介します。
アナリティクスで電話コンバージョンを計測する際には、事前にアナリティクスのアカウントを作成しておきましょう。

管理画面から目標を開く

アナリティクスにログインし、管理画面から目標を開きます。
次に、新しい目標を開きます。そして、目標設定のなかの「カスタム」を選択し、「続行」を選択します。

目標を設定する

まずは、管理用の名前、タイプを選択します。
管理用の名前は「電話コンバージョン」など分かりやすいものを入力しておきましょう。
タイプはイベントを選びます。次に、目標の詳細を決定します。
「カテゴリ」「アクション」「ラベル」「値」の項目があるので、それぞれすべて設定していきます。
入力が終われば、最後に「保存」をクリックし、設定が完了です。

htmlを設定する

アナリティクスでの設定が完了すれば、Webサイトのhtmlソースにイベントトラッキングのタグを記載します。
基本のタグは、以下の通りです。

  • ・ユニバーサルアナリティクスの場合
    < a href="http://example.jp/" onclick="ga('send','event','カテゴリ','アクション','ラベル');">
  • ・グローバルサイトタグの場合
    < a href="http://example.jp/" onclick="ga('send','event','linkclick','click1','label');">

正確に設定できたか確認するには、アナリティクスにログインし、「リアルタイム」の「コンバージョン」メニューをクリックし、確認します。

Googleタグマネージャーで計測する方法

ここでは、Googleタグマネージャーで計測する方法を紹介します。
事前に、Googleタグマネージャーのアカウント作成と、アナリティクスのタグ設定と埋め込みをしておく必要があります。

変数を設定する

Googleタグマネージャーの管理画面のメニューから「変数」を選びます。
そして、「設定」をクリックし、「クリック」にあるすべての項目にチェックを入れます。

トリガーを設定する

メニューのトリガーから「新規」ボタンを選びます。
「トリガーのタイプを選択」の画面で、「リンクのみ」を選択します。
そして、「タグの配信を待つ」にチェックを入れ、待ち時間の上限は「2000」のままとします。

次に、「Page URL」「正規表現に一致」をプルダウンメニューから選択します。
最後に、「一部のリンククリック」を選択し、「Click URL」「含む」から、「tel:」を入力します。

タグの設定をして公開する

メニューから「タグ」を選び、「新規」ボタンをクリックします。
「タグタイプを選択」の画面から「ユニバーサルアナリティクス」を選択します。
そして、次の画面で「トラッキングタイプ」「カテゴリ」「アクション」「ラベル」の項目を入力します。

最後に、配信するタイミングを設定し、タグ名を入力し、保存して完了です。
設定が完了したあとは、「公開」ボタンをクリックするのを忘れないようにしましょう。

Google広告・yahoo広告での計測方法

Google広告・yahoo広告での計測方法

ここでは、Google広告・Yahoo!広告での計測方法を紹介します。

Google広告

Google広告の設定手順は以下です。

  1. 【1】管理画面の右上のツールアイコンを開き、「測定」で「コンバージョン」をクリックする
  2. 【2】プラスボタンをクリックし、「電話件数」をクリックする
  3. 【3】「電話番号表示オプションを使用した広告や電話専用広告経由の通話数」を選択する
  4. 【4】トラッキング設定を行い、「作成して続行」をクリックし完了

参照:Google広告ヘルプ「広告経由の通話数を計測する」

Yahoo!広告

Yahoo!広告の設定手順は以下です。

  1. 【1】管理画面から、「ツール」をクリックし、プルダウンメニューから「コンバージョン測定」を選択
  2. 【2】「コンバージョン測定の新規設定」をクリックし、各項目を入力する
  3. 【3】最後に「保存してタグを取得」をクリックする
  4. 【4】表示されたタグをサイトに設置する

参照:Yahoo!広告ヘルプ「コンバージョン測定の新規設定(電話発信)」

電話発信タップを計測するときの注意点

電話コンバージョンの計測では、実際に電話がかかってきた回数とは異なる場合があります。
これは、電話番号リンクのクリックを電話発信とみなすためです。

例えばスマートフォンから電話番号の部分を一度クリックし、その後表示されたポップアップから電話をかけなかった場合にも媒体計測やアナリティクス上では電話発信が1件と計測されます。

また、イベント集客などでは、詳細や予約内容の確認、キャンセルなどを理由に電話をかけるユーザーもおり、申込み以外にも架電が多く発生する可能性もあります。
このように、宣伝内容によっては、正確に測定できないこともあるため、電話番号タップをコンバージョンに含めないほうが良いケースもあります。

まとめ

電話コンバージョンの計測は、緊急性のあるサービスや電話予約が一般的なサービスには必要です。
計測は、広告経由なのかによっても方法は異なるため、自社の施策にあわせて設定をしましょう。

実際に電話がかかってきた回数が異なる可能性や、宣伝内容によっては電話コンバージョンの計測が向いていないこともあることから、自社の状況も常に把握する意識を持つことも大切です。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る