1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. 動画広告の効果や活用方法について!効果の測定方法も合わせてご紹介

動画広告の効果や活用方法について!効果の測定方法も合わせてご紹介

動画マーケティング

動画サイトがスマートフォンの普及などで誰でも気軽に見られるようになり、それらに掲載される動画広告の出稿数もここ数年で急増しています。
動画広告と言うと、テレビCMと同じようなものと思うかもしれません。しかし、動画広告は今後さらに発展していく可能性があるジャンルであり、インターネット広告ならではの利点も備えています。
この記事では、動画広告の効果や活用の仕方、また出稿した動画広告の効果を測定する方法についてもご紹介します。

動画広告の効果とは

動画広告が持つ主な効果には、以下の3つが挙げられます。

  • ・テキストや静止画より短い時間で多くの情報を伝えられる
  • ・テレビよりもインターネット動画に親しむ若年層への訴求力が高い
  • ・出稿するサイト次第では低コストで広告を出せる

音と映像で商品のPRをする広告と言えば、従来はテレビCMがありました。しかし現在ではテレビの視聴層が限定的になりつつあり、CMだけでは一部の世代に伝えることが難しくなっています。その点動画広告なら、テレビよりも動画サイトの視聴機会が多い若年層を含めた幅広い層へのアピールが可能です。

また、YouTubeや一部SNSの広告課金の仕組みを活用すれば、テレビCMと比較すると低コストで広告出稿することもできます。視聴層を問わずPRでき、出稿費用も抑えられる方法が選べる点で、動画広告は企業とユーザー双方がプラスの効果を得られると言えます。

動画広告を出稿する目的

動画広告は、どのような目的で広告を出す場合に適しているのでしょうか。ここでは、動画広告を出す目的についてご紹介します。

認知度の向上

企業や商品をまず知ってもらいたい、名前を覚えてもらう所から始めたいという場合は、内容次第で強いインパクトをユーザーに与えられる動画広告が適しています。

購入・契約などユーザーの購買活動につなげる

商品を買ってほしい、商材を契約してもらいたいなど広告の基本に沿った目的にも、動画広告は適しています。CMと同様の古典的な手法で、動画広告も制作できるからです。

企業や商品の印象構築(ブランディング)

企業や商品に対しより良いイメージを持ってもらうため、印象的な内容の動画広告でユーザーを惹きつける目的です。このように特定の商品を売り込むというよりは、自社や商品のファンを増やすという目的で作られる動画広告もあります。

動画広告の効果が高い理由

動画広告は従来のテキスト・静止画で構成されるWeb広告より広告効果が高いと言われます。ここでは、なぜ動画広告の効果が高いと言われるのかについて、具体的にご紹介します。

動画サイトやSNSを楽しむ人が増えたため

YouTubeなどの動画サイト、InstagramやTwitterなどのSNSは、スマートフォンの普及によりどなたでも楽しめる媒体となりました。またモバイル通信速度が高速化され、どこにいても動画視聴が楽しめる環境が整ってきています。
特に10代から20代の世代では、テレビ番組より動画配信やSNSを楽しむ機会が多いとも言われ、インターネットの広告も静止画や文章から動画へ移行しています。

参照:電通との共同研究 「 MCR / ex 」とシークエンスでみる生活行動とメディア利用の中の「 動画視聴 」(最新分析)

動画広告の市場規模そのものが急拡大している

動画広告の市場は、2019年現在ですべてのインターネット広告のうち約2割を占め、前年比約157%と急成長を遂げています。2020年以降も動画広告の伸びは続くと予測されており、さらに動画広告が数多く作られて発信され、見られていくことも広告効果を高める要因となるでしょう。

参照:2019年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析

動画自体の「目を引く」「情報量が多い」という特性

動画は短時間の中に音と動きでさまざまな表現を盛り込めるため、テキストなどよりも豊富な情報をユーザーに伝えることができます。また、人は動くものに関心を持つため動画はより目を引くという特性もあります。これらが広告効果にも好影響をもたらし、成果を生み出しやすくすると考えられるでしょう。

効果測定の方法と測定時の注意点

効果測定の方法と測定時の注意点
テレビCMでは効果が計測できませんでしたが、動画広告が実際どれほどの効果を生んでいるかを測定することができます。ここでは、動画広告の測定方法と行う際の注意点をご紹介します。

動画広告の効果測定ツールを活用する

動画広告を出稿した後、どのような効果が得られているかを詳細に調べられる、以下のような測定ツールがあります。

・Googleが提供している「Google Consumer Surveys」
アンケートにより、広告に関する詳細な意識調査を行うことができます。ただしこちらは利用に別途料金が発生するため、独自の調査が難しい場合に活用するのがおすすめです。

・YouTube動画投稿者が利用できる「YouTubeアナリティクス」
YouTubeに投稿した動画の詳細な調査ができるツールで、こちらは無料で利用できます。「再生回数」や「視聴ユーザー層」、「再生場所や再生端末」など、詳細なデータまで得ることができます。

注意点は、目的に適したKPIを設定の上測定すること

ただデータを測定するだけでなく、広告目的に即したKPIを設定して測定結果を達成のために生かすことも大切です。たとえば、認知向上が目的であれば視聴回数がKPIになりますし、何らかのアクションを促す目的であればクリック数やサイトからの問い合わせがKPIになります。広告の目的をはっきりさせ、それに合わせたKPIを設定した上で測定を行いましょう。

動画広告が持つ課題と動画広告の今後

動画広告は高い効果を得られるという特性がありますが、課題も含んでいます。ここでは、動画広告が持つ課題についてもご説明し、企業として今後どう取り組んだほうがいいのかについてもご紹介します。

動画広告の課題

動画広告は強いインパクトを与えられる長所を持っていますが、これが逆に作用すれば強いマイナスイメージをユーザーに与えてしまうリスクも含んでいます。いったんネガティブな印象を持たれてしまうと、その後の軌道修正には時間がかかるでしょう。
また、動画広告の出稿自体は低コストで行えますが、制作する動画の質が低ければ効果も思ったように得られません。高品質な動画広告を作るには、一定の制作コストも必要となるでしょう。

動画広告の今後

スマートフォンの普及とモバイル通信の高速化で、動画はより多くのユーザーに見られるコンテンツとなるでしょう。またSNSに加え、TikTokやSnapchatなど動画をメインにしたSNS風プラットフォームも流行する可能性があります。
動画広告の市場も引き続き拡大すると見越されるため、今からでも進出を検討する価値はあると言えるでしょう。

まとめ

「動画広告の制作には、知識やコストが必要なのでは」と、お悩みではありませんか? 現在では、簡単な手順で高品質な動画を制作できるツールも増えています。
AIによるサポートでどなたでもクオリティの高い広告動画が生成できる「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、操作が簡単なだけでなく導入事例も豊富です。以下の事例や制作動画のサンプルを確認の上、ぜひ動画広告制作にお役立てください。
導入事例:https://video-b.com/case/
サンプル動画:https://video-b.com/samples/


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る