1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. 動画広告を出すのに適している媒体とは?それぞれの特徴について解説

動画広告を出すのに適している媒体とは?それぞれの特徴について解説

Webマーケティング

近年はリビングでテレビを見るばかりではなく、自分の部屋でスマートフォンやタブレットなどでインターネットを楽しむライフスタイルが定着しました。それによりインターネット上の広告にも、動画を活用したものが増えています。

そこでこの記事では、動画広告の出稿先となる媒体についてご紹介します。出稿媒体も数多くあるため、自社で動画広告を展開するにはどの媒体が適しているかよく検討して出稿媒体を決定すると良いでしょう。

動画広告が増えている理由

インターネット上で、動画を用いた広告を目にすることが増えたと感じる方も多いのではないでしょうか。動画広告が近年増加しているおもな理由には、以下の点が挙げられます。

スマートフォンによる娯楽ジャンルが増えたこと

携帯電話(ガラケー)からスマートフォンへの代替が進み、現在では若年層から高年層までの幅広い層でスマートフォンが利用されています。特に若年層ではテレビよりもスマートフォンを見る時間が長くなっており、スマートフォンの利用を前提とした若年層向け娯楽ジャンルが増加しています。ユーザーがスマートフォン動画に接触する機会が増えたことで、動画を活用した広告も多くなっているのです。

参照:博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所「メディア定点調査2020年」

動画広告の出稿可能媒体が増えたこと

少し前までは、インターネット上の広告も静止画にテキストを組み合わせた形式が主流でした。しかし先に述べた通り、スマートフォンの普及で動画の視聴機会が増えるとともに、動画を使った広告の出稿が可能な媒体が増えました。
またテレビCMのような「一目見て広告とわかるもの」だけではなく、一見通常のWeb動画コンテンツに見える「タイアップ型」の動画広告も出すことが可能になっています。

これらのほか、モバイル通信の高速化などもネットによる動画視聴の普及に寄与しています。2020年には5G通信も実用化され、「動画の時代」になるといわれているだけに、インターネット広告において動画広告はますます存在感を増していくと思われます。

動画広告を出稿するポイントと注意点

動画広告が一般化したことで、これから動画広告の出稿を考えている企業も多いはず。動画広告の出稿に際してどのようなポイントを押さえ、またどのような点に注意すると良いのでしょうか。

ターゲットに適した出稿先を選ぶ

動画広告を出稿できる媒体は、数多くあります。広告を出す際にはそれらの媒体の特徴や利用者層をしっかり把握し、広告のターゲットとなる層にマッチするかどうかを確かめましょう。

媒体ユーザーの興味・関心も意識する

出稿先候補のユーザー層(年代や性別など)が商品と合っていても、興味や関心の対象でなければ十分な効果が得られない場合もあります。ユーザー層だけではなく、どのような興味・関心を持ったユーザーに利用されている媒体かも意識しましょう。

見てほしいユーザーに届くよう、ターゲティングを緻密に

出稿先の絞り込みができたら、出稿時に設定できるターゲティングも疎かにせず緻密に設定しましょう。FacebookやTwitterなどの媒体では、ユーザーの居住地などに至るまできめ細かなターゲティング機能が設けられています。そのメリットを活用し、「見てほしいすべてのユーザーへ確実に届けられる広告」を目指して出稿を行いましょう。

各出稿媒体の特徴と適した広告ジャンル

動画広告の出稿先として代表的な媒体には、それぞれ特徴や効果的な広告のジャンルがあります。6つの媒体を取りあげ、媒体別の特徴や適した商品についてご紹介します。

Twitter

短文投稿で構成される匿名SNSで、時事ニュースや社会的なトピックスに縛られないさまざまな話題がリツイート機能によって大量拡散されやすい点が特徴です。スマートフォンユーザーに多く利用される媒体でもあるため、スマートフォンに親しんでいる10~30代をターゲットとした商品の広告に適しています。また、拡散されやすい話題としてカルチャー関連ジャンルが挙げられ、それらに関する広告との親和性が高いといえます。

YouTube

幅広いユーザー層に視聴されている動画配信サイトです。広告の表示箇所を動画プレイヤーとした「インストリーム動画広告」が中心となるため、可能な限り多数のユーザーへ広告で大々的に認知を図りたい際に適しています。

Facebook

ビジネスパーソンや自営業者などを中心に、実名による長文投稿でのコミュニケーションが活発な、従来のブログの特性を受け継ぐSNSです。大きなフィード画面で広告を展開できるため、ブランドや商品開発のストーリーを盛り込んだものなど、じっくり見てもらいたい広告の出稿に適しています。またターゲティング機能の精度が高いため、地域限定の広告などもおすすめの媒体です。

Instagram

若い世代に高い支持を得ている、画像や動画の投稿で構成されるSNSです。またユーザーの興味関心の対象は「おしゃれ」や「見映えのするもの」に特化される傾向があり、美容やファッション、料理関連の広告が多い傾向にあります。

TikTok

スマートフォンを意識した縦長大画面の動画を楽しめるプレイヤーを備えたアプリで、ユーザーの短い動画投稿によって構成されます。広告を出す場合も、数秒単位の短い動画の中だけで情報を伝えられる高いインパクトを持った動画が適しているでしょう。

LINE

テキストやスタンプで交流を行うメッセージアプリで、スマートフォンでの利用を前提とした個人間コミュニケーションツールです。またアカウント同士で通話できる機能も備え、連絡手段として生活インフラになりつつあります。動画広告の展開においても、それらの特徴を反映した幅広いターゲットへの広告出稿に適しています。

まとめ

動画広告の出稿媒体は、今回ご紹介したもののほかにも数多くあります。それらの特徴を押さえて適した媒体を選定の上、慎重に出稿先を決定しましょう。

また広告用動画の制作ですが、外注依頼するとコストが高額になる可能性があります。近年では動画広告の一般化にともなって、専門知識がなくても高品質な動画を簡単に作成できるツールがあるため、それらを活用して自社内で動画を作ることも一案です。

AIが編集アシストを行い、初心者も高品質な動画が作れるツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、大手企業の導入例も数多くある便利な動画編集ツールです。低コストで効果的な動画広告の展開に、ぜひお役立てください。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。
HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る