1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. 店頭動画で売り上げアップ?目を引くPR動画のポイントとは

店頭動画で売り上げアップ?目を引くPR動画のポイントとは

動画を視聴する場といえば、まず「インターネット」を思い浮かべる人も多いでしょう。

しかし、動画の活用の場はネットだけではなくなりつつあります。スーパーやドラッグストア、ホームセンターなどの店頭に小型モニターが設置され、動画が再生されている場面を見かけた人も多いのではないでしょうか。

この記事では、店頭動画をPRに用いる効果的なポイントについてご紹介します。

店頭動画とは何か

まず店頭動画とは何なのか、そして何のために活用されているのかについてご説明します。

店頭動画とは、特定の商品などをプロモーション(販売促進)するための動画広告を指しています。
店頭の商品棚などに設置できる小型のデジタルサイネージを利用して、売り場を通りかかった来店客へ向け商品紹介・説明などの動画をオフラインで再生します。

店頭動画はモニター(デジタルサイネージ)が高価で、導入のハードルが高いことが難点でしたが、近年はフレーム部分を紙製の枠にするなどの工夫で、リーズナブルな価格のモニターも選択可能になりました。

また常時動画を再生し続けるのではなく、人感センサーを備えて人がその場にいるときだけ動画を再生できるモニターも多くなっています。

店頭動画を活用する目的

店頭動画の活用目的は「販売促進」ですが、動画の内容や店頭での再生状況によってさらに細分化されます。

商品紹介

特定の商品の特徴や魅力、使用方法などを説明する内容のものです。
店頭で店員による接客を不要と考えている顧客も少なくありません。
動画を再生することにより接客をしなくても商品を効果的にPRすることが可能です。

店内誘導

特定の商品棚ではなく、店内入口やエスカレーター前などで流れている店頭動画もあります。
これらの動画は、その日の特売品などをPRする内容になっているものが中心です。

このように、特に来店客を呼び込みたいサービスやキャンペーンを告知し、売り場へ誘導するための店頭動画もあります。

ブランディングやブランドのPR

ファッション性を重視するアパレル店舗やコスメカウンターなどでは、ブランドイメージの向上を目的としたプロモーションのような店頭動画が再生されていることがあります。

アパレル店であればファッションショーの様子を再生し続けたり、化粧品の場合は広告モデルの出演によるCMメイキングを流したりするケースなどがあります。

店頭動画を活用するメリットや導入する理由

店頭動画 活用

実際の店舗でもデジタルサイネージで動画を再生している場面をよく見かけるようになりました。
店頭動画を取り入れることで、どのような効果やメリットを得られるのでしょうか。

ポスターなどの静止画より目に留まりやすい

街頭や店頭にはさまざまな静止画広告が掲示されており、ポスターなどでは通りかかった来店客の目を引き付けることは難しいです。

しかし動きと音声でアピールできる動画は目に留まりやすく、商品やサービスに対する興味・関心を引くきっかけ作りになります。

店内の雰囲気を簡単に変えられる

アパレルなどファッション関連店舗では、季節ごとに異なるプロモーションを行う必要があります。

しかしそのたびに店舗を改装して、イメージチェンジを図ることは容易ではありません。
店頭で再生する動画の内容を変えることで、改装せずとも店内のイメージや季節感などに変化を持たせられます。

店頭の環境に即した活用が可能

店頭ごとの環境に合わせた活用ができる点も、店頭動画のメリットです。

例えば人が多くざわついていることの多い店頭では音声のボリュームを上げたり、動画に字幕をプラスしたりするなどして内容を理解しやすくする工夫が可能です。

商品を詳細に説明できる

動画といってもテレビCMなど尺が決められている広告では、限られた時間の中でどれだけ商品を効果的に訴求するかが重要になります。店頭動画の場合も冗長になってはいけませんが、時間の尺の自由度は比較的高く、商品の使用法などを余すことなく詳細に説明できます。

売り場をにぎやかにし、人を集めやすくする

人の話し声や音楽が流れている場所には、自然と人が集まってきます。店頭で動画を再生することで「あそこには何があるのだろう」と、ついふとお店に立ち寄ってしまうお客を増やすことにもつなげられます。

効果的な店頭動画を作成するポイント

店頭動画を実際に作成する場合は、どのような点に気を付けると良いのでしょうか。
販促に効果的な店頭動画を作成するためのポイントを、以下にご紹介します。

商品紹介やデモンストレーションを取り入れる

動画は「消費者目線での訴求」がしやすいという利点があります。

実際に商品を使った人の体験や感想を含むなど、デモンストレーション的な要素を含めると効果的です。動画内のストーリーを来店客が「自分ごと」としてとらえ、「使ってみたい」と思ってもらえる内容を工夫しましょう。

ターゲットを絞り込んだ内容にする

対象顧客をある程度絞り込み、「〇〇でお悩みの皆さん!」など、そのターゲットに向かって呼びかけるような内容を含めると良いでしょう。その呼びかけに心当たりがある来店客は自然と動画に目を留めてしまうため、興味を持ってもらえるきっかけになります。

まとめ

店頭動画の目的は、店舗の特徴によって異なる場合もあります。
日用品などの場合は使い方の説明や便利さを強調した内容とする必要がありますし、アパレルなどファッションブランドならイメージ向上を目的とした動画が求められます。

店頭動画を取り入れる際は、店舗ごとに動画でアピールしたいターゲットや店頭の環境などを必ず考慮しましょう。その上で、来店客に商品などの必要性を意識してもらえる内容を工夫して動画を制作することが重要です。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

この記事をシェアする


Video BRAIN

Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ