1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. 動画拡散はSNSがおすすめ!注目されている理由とは?

動画拡散はSNSがおすすめ!注目されている理由とは?

スマートフォンの普及や通信速度の高速化により、ますます注目を集めているのが動画です。情報発信が欠かせないマーケティングの分野でも、内容を動画化することが重要になってきました。動画が拡散されれば、より多くの人に情報を届けることが可能です。
それでは、動画を効率よく拡散し、マーケティングを成功させるにはどうしたらよいのでしょうか。

今回は、動画拡散にSNSを活用するメリットと、成功しているコンテンツの特徴や制作・配信するためのポイントもあわせて紹介します。

SNSで動画拡散をするメリット

まず、SNSが動画拡散に適している理由を確認していきましょう。代表的な2つのメリットと、それぞれの利点を詳しく解説します。

ターゲットを絞りやすく結果につなげやすい

SNSを利用すれば、プロフィールや投稿内容などからユーザーの居住地域や年齢、趣味・関心などを把握することが容易です。絞り込まれたターゲットにピンポイントで、適切なアプローチを行えば、結果につながりやすくなります。

実際に、SNSに掲載される広告の方が印象に残りやすく、行動につながりやすいという調査結果があります。また、既存顧客と似た特性を持つユーザーを探せるため、まだニーズに気づいていない潜在層にもアプローチが可能です。

参照:PR TIMES「過去2年で、動画広告を見る人の割合が増えたのは『Instagram』」

拡散性が高い

SNSは拡散性が高いことでも有名です。そもそも、世界的にユーザー数が多く、他のアプリやwebサイトと比べて利用頻度が高いのも特徴です。そのためSNSを利用することで、動画を見てもらう機会を増やすことができます。

また、SNSなら「いいね」や「シェア」などの機能を使って簡単に友人たちとコンテンツを共有できるため、動画の2次拡散も期待できます。2次拡散以降は広告として表示されるわけではないため、コストがかからないのもメリットです。動画が拡散され話題になれば、メディアで取り上げてもらえる可能性もあります。

拡散されやすい動画の特徴

SNSで動画を拡散するためには、ターゲットや目的にマッチした媒体・掲載場所を選ぶことに加え、シェアされやすい動画を作ることが重要です。実際に拡散されている動画にはどのような特徴があるのかを見てみましょう。

話題性やインパクトがある

情報過多な現在の社会で拡散されやすいのは、話題性やインパクトのある動画です。アイデアやキャッチにオリジナリティがあると、印象に残ります。また、サムネイルや冒頭部分に興味を持たせるための工夫がされています。

さらに、比較的長い動画でも、ストーリー性があり共感や感動を与えられるものは最後まで見てもらえる可能性が高いです。驚きや発見があるものや、実際に役に立つ情報が提供されている動画もシェアされています。

スマートフォンに適した視聴体験を提供している

大半のSNSユーザーは、動画をスマートフォンで見ています。そのため、スマートフォンで視聴する際の快適さにこだわっている動画が人気です。

たとえば、短い動画なら通信料があまりかからず気軽に見やすいうえ、シェアもしやすくなります。また、スマートフォンの画面いっぱいに表示される動画は迫力があり、より引き込まれやすくなります。

さらに、多くのユーザーが無音状態で動画を視聴するため、音声がなくても楽しめるコンテンツは魅力的です。

SNSで動画拡散するためのポイント


拡散されやすいコンテンツの特徴をふまえて、実際にSNSで動画を配信する際に心がけたいポイントを3つ解説します。

オリジナリティのある印象的な動画を作る

他の動画と差別化できる、オリジナリティのあるコンテンツを制作することが重要です。商品や媒体の際立った特徴を盛り込みましょう。

また、生活がどのように豊かになるか具体的にイメージできるようにするのもよいでしょう。日常生活の一部や誰もが体験していることなど、感情移入しやすい環境や気持ちが描かれていると共感しやすいです。

スマートフォンでの見やすさを意識する

大半のユーザーがスマートフォンを縦向きの状態で使用するため、縦長や正方形の動画が魅力的に映ります。小さい画面でも見やすいように、人物や商材は大きめにしてください。

また、音声がなくても魅力が伝わるように、テロップの文字数やフォントスタイル、大きさや色などにもこだわりましょう。ちなみに、人間が一度に認識できるのは9~13文字ほどです。

スクロールの手をとめてもらうために、サムネイルや出だし部分は特に力を入れ、商品名や伝えたいことがはっきりわかるようにすることも重要です。

定期的に更新する

特にSNSでは、飽きられないために複数のパターンを用意したり、継続的に新しい動画を配信したりする努力が必要です。

話題になっているものや季節ならではのテーマとマッチさせ、タイミングよく情報を届けられるとユーザーの関心を引きやすくなります。イベントと関連づけるのもよいアイデアです。
ターゲットの反応を確認しながら、必要な調整を加えていきましょう。

まとめ

SNSで動画拡散を狙うなら、オリジナリティと話題性があり、スマートフォンで快適に視聴できる良質なコンテンツが必要です。しかし、外注すればコストや時間がかかります。また、たとえ動画作成の技術があっても、1人で大量のコンテンツを作るのは大変です。

動画作成ツールを使えば、短時間でできるだけコストをかけず、簡単に大量の動画を制作できます。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。
HP : https://video-b.com/
資料請求はこちら: https://video-b.com/contact/

この記事をシェアする


Video BRAIN

Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ