1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. セミナー動画を自社制作する際のポイントやメリットについて紹介

セミナー動画を自社制作する際のポイントやメリットについて紹介

動画マーケティング

短時間で多くの情報を伝え、自社のサービスの周知やリードの獲得などに大きな効果を発揮する「セミナー動画」。いまやセミナーを行う多くの事業者が活用する手法の一つとなっています。

ここでは、セミナー動画のタイプやそれぞれのメリット、動画制作時に意識すべきポイントについて解説していきます。

セミナー動画とは?

セミナー動画は、セミナーの際に受け手の理解を助けるための動画、あるいはセミナーの様子を撮影した動画そのものを指す言葉です。セミナー動画が活用される背景には、「テキストや画像より情報量が多い」「一度作成すれば複数回使える」といったメリットがあります。

では、具体的にどのようにセミナー動画が活用されているのかを見ていきましょう。

受け手の理解を助けるためのセミナー動画

セミナー動画は、商品やサービスの魅力を伝える際にテキストや画像では伝えられない音声や動きのある情報の伝達に役立ちます。
セミナーに緩急がつくため飽きられにくく、テキストや画像のみで説明していくよりも受け手の理解や期待を高めやすくなります。

経営資源を再利用するためのセミナー動画

セミナーは、準備から開催までの間に集客や人員の起用、開催場所の手配といった部分に多くのコストを割かなければなりません。しかも、そのコストの使い道が一度きりの機会に集約される点で費用対効果が上がりにくいという課題がありました。

これを解決する方法が「セミナーの様子を撮影して複数回活用する」という方法です。一度コストをかけて高品質なセミナー動画を作れば、オンライン上で公開して何度も価値提供の場を設けられます。

昨今、セミナーはオフラインで行うものだという認識は薄まりつつあり、ウェビナー(Webセミナー)の開催が存在感を増してきました。今後もそのニーズは高まり続けると考えられ、開催者側にとっては、コストを抑えつつ経営資源を再利用できる有効な取り組みとなっていくのではないでしょうか。

セミナー動画の作り方・意識すべきポイント

セミナー動画は、ただ情報を並べるだけでは良いものに仕上がりません。特にセミナー動画を再利用してオンラインで配信する場合、オフラインの場に集まるタイプのセミナーとは異なり「見ることをやめる」という選択肢が容易に取れるため、関心を惹き続けられるセミナー動画でなければ思ったような効果が得られない可能性もあります。

  • ・録音は聞き取りやすさを意識し、理解を助ける字幕も入れる
  • ・各章は結論から伝え、そのあとに理由と具体例を明示する
  • ・大げさな効果音は避け、アクセント程度にさりげなく加える
  • ・専門用語は注釈を入れて、受け手を置き去りにしない
  • ・受け手の退場を招く「本筋から逸れた話」は避ける

以上の5つのポイントを念頭に置きながら、伝わりやすく飽きの来ないセミナー動画作りを心がけてみましょう。

セミナー動画の準備段階における注意点


前述した5つのポイントを満たし、一見「見栄えの良いセミナー動画」になったとしても、セミナー動画の設計が悪ければ思ったような反応は得られません。

たとえば、以下のようなポイントを定めないまま動画を作ってしまうと、せっかく動画を導入してもまったく効果を得られない可能性があります。

  • ・セミナーに参加するターゲット像
  • ・セミナー動画により実現したいゴール
  • ・動画構成・企画を発案するメンバーの人選

セミナーのターゲットが法人であるにもかかわらず、セミナー動画の切り口が個人消費者の目線ばかり意識したものであれば、それだけで訴求力は大きく落ち込みます。ターゲット像の設定を誤ると、見る人を「検討するかしないか」の土俵に上げることすらできなくなってしまうのです。

また、セミナーは何らかの目的を持って行われることがほとんどです。そのため、セミナー動画を見た人にどういったアクションを取って欲しいのか考えつつ、受け手の心境をコントロールするようなストーリーの設計を目指す必要があります。

そして、各ポイントを押さえて動画の設計から作成までを完走するにあたっては、セミナー動画で取り扱う内容に精通するメンバーの選定が不可欠です。適切な人選がなされなければ、セミナー動画は設計の段階から的外れなものになってしまいます。
裏を返せば、設計段階で理想的な案出しができるメンバーが揃っていれば、ハイクオリティなセミナー動画の作成は簡単に進められます。

まとめ

手軽に動画作成ができるようになったいま、短時間のうちに多くの情報を伝えたり、セミナー開催で用いた経営資源を再利用したりできるセミナー動画は、セミナーを行うすべての事業者が活用すべき手法だといえます。

本記事でご紹介したポイントを意識しながら、大きな成果を得られるセミナー動画の作成をぜひ始めてみてください。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。
HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る