1. TOP
  2. 動画活用事例
  3. 採用に動画をフル活用!メルマガ開封率が 60% 以上に!

採用に動画をフル活用!メルマガ開封率が 60% 以上に!

株式会社 さくらさくみらい

「おうちのようなほいくえん」をモットーに、都内を中心に60園(2020年12月現在)の保育園を運営している「さくらさくみらい」。運営する園のうち認可保育園の比率(98.3%)が高いことで知られています。

子どもたちが卒園してから大人になってもずっと笑顔で過ごしていけるように、一人ひとりの子どもの個性に寄り添った保育を心掛けています。採用活動でもこのような保育への想いが届きやすい動画を活用しようと考え、今回 Video BRAIN を導入しました。

現在採用グループとWEB・マーケティンググループのメンバーでバーチャルチームを立ち上げ動画作成から配信まで行っています。今回はその3名に話を伺いました。

時代に即した採用を行うべく、動画活用を検討

元々、動画制作は行っていましたか。

「採用活動において、動画を活用したことはほぼありませんでした。別の部署がSNSに動画を掲載していましたが、採用グループ内で動画制作の知見がある者は皆無でした。」

動画活用を検討した業務・チームについて教えてください。

「主に採用活動での動画活用を検討していました。弊社の採用チームは大きく2つ、学生さんの採用を担当する新卒採用と、現在保育士として働いている人を担当する中途採用に分かれます。従来だと、学校に赴いて説明会を行ったり、就職フェアに出展したり、人材紹介会社を活用したりということを行っていました。」

動画活用を検討した背景を教えてください。

「積極的な情報発信によって採用につなげる力を高めたい、と感じていたのが大きなきっかけでした。

世の中にさまざまな情報発信の方法がある中で、時代に即しているのはやはり動画だと思いました。特に、ターゲット層である 20代はテキストより動画のほうが馴染みがあるため、動画での発信は採用活動に適していると思い、動画の活用を検討しました。」

直感的な操作できることが導入の決め手に

Video BRAINを検討した経緯を教えてください。

「私たちも動画を活用しなくてはという思いはあるものの、動画編集の経験者がいない中で、正直何から始めれば良いのかわからない状態でした。そのような中、弊社の代表が Video BRAIN  Facebook 広告を見て興味を持ったのがサービス検討のきっかけでした。

Video BRAIN の存在を知り、実際にトライアルを行なった結果、動画制作の経験がなく、社内にクリエイターもいない状態でも動画がつくれそうだと感じ、導入に至りました。」

導入の決め手になったのは何ですか。

「トライアル期間に実際に Video BRAIN を操作してみて、直感的に操作しやすいと感じました。知識がない私たちでも抵抗なく使うことができること、マニュアルを読み込まなくても簡単に操作できることが導入の決め手ですね。」

採用において、ターゲットに合わせた動画を制作

現在はどのように運用していますか。

「主に中途採用と新卒採用の担当者2名が動画制作を行なっています。全員、未経験者だったので最初は納得のいく動画がつくれないこともありました。ですが、操作をしていく中で段々と要領を掴むことができ、今ではコンスタントに動画を作成できるようになりました。」

動画の素材等はどのようなものを使用していますか。

「主に自分たちで撮影した写真から動画を制作しています。足りない部分などは著作権フリーの画像などで補っています。」

どのような動画を制作していますか。

「採用のための動画、ということで主に仕事内容を紹介する動画を制作しています。弊社がどのような想いをもって保育園を運営しているのか、どのような制度があるのかということを求職者が動画を見て理解できるような内容になるように心がけています。また、自社のPRだけでなく、保育士、保育学生が知りたい旬な情報などもつくっています。」

動画を制作するうえで気をつけていることはありますか。

「内容がきちんと伝わるような動画になることに気をつけています。文字が多いと見づらい動画になってしまうため、文字数には配慮しています。また、その限られた文字数の中で、保育士の方や学生さんにより伝わるよう、専門用語や単語を織り交ぜて制作しています。

また、新卒採用と中途採用で動画の内容が変わってくるので、ターゲットに向けた動画づくりを心がけています。

例えば、中途採用の方は経験者なので、雇用での条件面などをわかりやすく伝えられるように心がけています。それに対し、新卒の方へ向けた動画は、弊社の雰囲気や想い、理念などが伝わるように気をつけています。

動画を活用している同業他社が多い中、差別化を図るために、動画を見た人に有益となる情報を入れることも工夫の一つです。どのような情報がほしいのか、動画を見る方のことを考えて制作することを心がけています。」

Video BRAIN 上で役に立つ機能などありますか。

「テンプレートはとても役立っています。つくりたい動画に近いテンプレートを探し、それを参考にして動画を制作しています。構成や表現方法、画面の切り替えなど、テンプレートから着想を得て動画を制作することで、制作時間が短縮されました。

また、機能とは少し違うかもしれないのですが、Video BRAIN はブラウザ上で編集ができるため、コロナ禍で在宅勤務になった時も動画制作を行うことができたのでとても助かりました。」

作成した動画はどのように活用していますか。

Video BRAIN を導入したタイミングでYouTube にチャンネルを立ち上げ、そこにアップロードしています。ほかにも採用サイトにも動画を掲載したり、新卒の方に向けたメルマガを送る際にも動画を添付しています。また、求職者向けの動画を活用したキャンペーンなども行いました。」

動画を添付したメールマガジンの開封率が 60%に

動画を取り入れた効果はありましたか。

「メールマガジンに動画を添付したことにより、開封率が 60%を超えました。今まではショートメールを送っていただけなので、反応は特になかったのですが、動画を添付してからは、「弊社の雰囲気が伝わった」などの声をいただくこともあります。

説明会などでは個別に複数の担当者と関わる機会が少ないため、人柄やチームの雰囲気など、細かい部分を紹介できていなかったのですが、動画で社内の空気感や雰囲気を紹介することで、より親近感を持っていただくことができています。

キャンペーンでは、HP に掲載している動画を見て、キーワードを集めてくださった方にノベルティをプレゼントする企画を行いました。Video BRAIN を導入したことで、動画を活用した施策など、新しいことに挑戦できていることが大きな変化となっています。」

今後の展望をお聞かせください。

「現在は、YouTube と採用サイトのお知らせページに動画を掲載しているのですが、今後はさまざまな情報をまとめて掲載できるページをつくり、そこに動画コンテンツを活用していきたいと考えています。そのページを訪れて、私たちの保育に共感したり、興味を持ってくれた人を採用することができれば良いなと思います。

また、新型コロナウィルスの影響で、現場見学ができない、説明会にも参加できない状況が今後も続くと思われるので、動画を活用し、情報を補っていきたいです。自宅にいても、実際に見学した時と同じように、求職者が安心できるような情報を発信していきたいです。」

※上記は 2020年 12月インタビュー時の内容です。

株式会社 さくらさくみらい

業種:学校教育支援機関
事業内容:保育所・託児所(さくらさくみらい)の運営
従業員数:1,266名 ※2020年7月末現在
所在地:東京都千代田区有楽町1丁目2番2号 東宝日比谷ビル8階 https://www.sakura-39.jp/

この記事をシェアする