1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. SaaS型サービスの動画活用は効果的?動画を取り入れるメリットとは

SaaS型サービスの動画活用は効果的?動画を取り入れるメリットとは

「SaaS」とは、クラウド上で提供されるサービスのことです。
自社でSaaS型サービスを扱っており、動画を活用した集客を検討中の担当者もいると思います。
SaaS向けの動画は、ユーザーが置かれているフェーズにあわせて幅広く活用できるのが特徴です。

実際に、動画マーケティングを取り入れる際には、事前に制作のポイントを把握しておくことが大切です。
この記事では、SaaSの具体的な意味や動画マーケティングを取り入れるメリット、動画制作のポイントを詳しく解説します。

SaaSとは?

SaaSは、「Software as a Service」の略語で、クラウド上で提供されるソフトウェアサービスを指します。
「サース」もしくは「サーズ」と呼びます。
SaaSの例として、例えばGmailといったメールサービスやブログサービスなどがあります。
これらのサービスは、インターネット環境さえ構築していればどこでもアクセスができるため、外出先でも利用できます。

また、アカウントがあればスマートフォン、パソコンなどデバイスを問わず利用可能です。
そして、複数のユーザーで同時にデータの管理や編集もできるため、作業効率向上にも役立てられます。
ソフトウェアの開発も必要ないことから、導入もしやすいことが特徴です。

SaaSに動画マーケティングを取り入れるメリット

SaaSは無形商材であることから、Web集客が必要です。Web集客にはさまざまな手法がありますが、ここでは、動画マーケティングを取り入れるメリットについて紹介します。

サービスを分かりやすく説明できる

SaaSは、クラウド上で提供される無形サービスです。
そのため、文字や画像のみでの訴求ではサービスの魅力が伝わりにくいです。
動画であれば、サービスの特徴を分かりやすく伝えることが可能です。

例えば、サービスの具体的な使用方法を動画で伝えると、ユーザーは実際の使用シーンをイメージしやすいです。動画マーケティグは無形サービスの訴求に向いているため、SaaSのプロモーションに積極的に活用することが重要です。

動画が視聴されやすい

SaaSを利用するにあたっては、インターネット環境が構築されていることが前提のため、ユーザーにとっても動画視聴に対するハードルが低く、視聴してくれる可能性が高いです。

継続的な関係構築に役立てられる

SaaSはサービスの訴求だけでなく、導入後も継続的な関係構築のために、使い方の説明を行うなどユーザーフォローが必要になります。つまり、ユーザーの状況に応じて、求められる情報が変わります。
動画は、導入前から導入後まですべてのフェーズでの関係構築に活用可能です。

動画を作成するときのポイント

動画を作成するときのポイント

ここでは、SaaSのプロモーション動画を制作するときのポイントを紹介します。

目的を明確化する

先ほども触れましたが、SaaSにあたっては導入前だけでなく導入後のマーケティングも必要で、フェーズごとにユーザーが欲しいコンテンツは異なります。
そのため、制作する動画に関しては、事前に目的を明確化しておく必要があります。

例えば、「新規プロモーションのために制作する」「導入後のQ&A動画を制作する」というように、どのフェーズで動画を活用するのかを把握し、目的を考えておきましょう。

顧客の声を取り入れる

動画で使い方の説明することで、ユーザーは実際の使用シーンがイメージしやすくなります。
しかし、これだけでは自社でうまく活用できるか不安が残るでしょう。
そこで、実際にサービスを利用した顧客の声を動画に取り入れることで、ユーザーの不安を払拭し、信頼性を高めることも有効です。

ストーリー性を意識する

SaaSは、「難しい」や「仕組みが複雑で使いこなせるか不安」といった印象を持っているユーザーもいます。
そのため、独自のキャラクターや登場人物を活用し、ストーリー性のある内容にすることもポイントです。
それにより、心理的にも気軽に最後まで見てもらえる可能性が高まります。

また、表現はアニメーションなどを採用することで、SaaS独特の固い感じを払拭し、明るい雰囲気の動画に仕上がるでしょう。

サービスのアップデートと連動させる

SaaSは形のある商品とは異なり、新しい機能が追加されると、使い方が変わることもあります。
使い方が変わると、ユーザーが困惑する可能性もあるため、その都度、マニュアル動画を新しく制作するなど柔軟な対応が求められます。

まとめ

SaaSのプロモーションやフォローにおいては、動画を活用することで、ユーザーに分かりやすくサービスの内容や使い方を説明できます。ユーザーのフェーズにあわせて活用できることから、SaaS企業の多くが動画を活用し、コンテンツマーケティングを実施しています。
また、魅力的で分かりやすい動画を制作することで、競合他社との差別化につながります。

今回ご紹介したメリットやポイントを踏まえて、自社でも動画を制作していきましょう。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。

また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

この記事をシェアする


Video BRAIN

Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ