1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. 飲食店が動画を活用する方法とは?ポイントやコツについても紹介!

飲食店が動画を活用する方法とは?ポイントやコツについても紹介!

近年、グルメレビューサイトなどの登場によって、飲食店に行く際は事前に調べてから利用することが当たり前になっています。
しかし、必ずしもレビューや写真が店舗の正しい情報を伝えてくれるとは限りません。自店の美味しさや雰囲気など、あらゆる魅力を店舗が自ら発信していく必要があります。
その手段として、注目されているのが動画マーケティングです。
この記事では、飲食店が動画マーケティングに取り組む方法とメリットをご紹介します。

飲食店に動画マーケティングが必要な理由とは?

動画マーケティングとは、動画コンテンツを活用したマーケティング活動のことです。自店のアピールにつながる動画を制作し、You TubeやSNS、自社サイトにアップしたり、WEB広告やデジタルサイネージ(電子看板)、店舗内で放映したりすることを指します。

動画には1分間でWEBサイト3,600ページ分の情報量があると言われており、瞬時に店舗やメニューの魅力を伝えることができます。お客さまが行きたいお店を探す際に、動画であれば十分な判断材料を伝えられるのです。特に若い世代ほど動画視聴が一般的で、好まれる傾向があると言われています。

また、近年増加するインバウンド(外国人訪日観光客)にとっても、動画であれば日本語がわからなくても多くの情報を得ることができ、店選びの重要な判断材料となります。

これからの飲食店経営において、動画マーケティングは機会損失を防ぐために欠かせない対策となるでしょう。

飲食店はアピール動画を作りやすい業種


飲食店では、店舗の雰囲気などの他に、メニューの魅力を伝える動画を制作することもあります。メニューが季節によって変わることも多く、さまざまな種類のアピール動画を作りやすい業種です。

しかし、その都度制作を外部に発注していたら高額なコストになってしまいます。そこで、自分たちで動画を制作する場合の撮るべきポイントを解説します。

メニューの紹介

お客さまがお店について事前に調べる理由の一つが、「美味しい料理があるか」という点です。料理の魅力を伝えるためには、料理から立ち昇る湯気、ジューシーさを伝えるツヤ、肉が鉄板で焼ける様子などを伝える「シズル感」が重要となります。
これらを写真で正確に伝えるのは難しいですが、動画ではグツグツ煮込まれる「音」や、あふれる肉汁の「動き」などで臨場感が加わり、シズル感のある表現を伝えやすいのです。

店舗の内観・外観の紹介

お客さまは料理だけでなく、居心地の良さや衛生状態を知りたいと思っています。動画であれば、カウンターまわりやテーブル席、個室まで、あらゆる角度から店内の雰囲気を伝えることができます。店舗の活気を音や動きでも伝えることが可能です。

また、店舗の立地が奥まっている場合は、目印になる建物からの道順を実際に歩く動画で伝えるとわかりやすく、安心してご来店いただくことができます。

スタッフの紹介

料理、店舗の雰囲気に加え、「どのようなスタッフがいるのか」もお店選びの判断材料となります。動画では、厨房での仕草や表情、リズミカルな包丁の音で料理に対するこだわりや技術を伝えたり、接客の話し方や声で優しさや元気を伝えたりすることができます。

動画を撮影する際のコツ

撮影にあたり、高価な機材を買い揃える必要はありません。スマートフォンなどでも美しい動画を撮影することができます。しかし、撮影時に注意するべきポイントがいくつかあります。

動画を公開するメディアに合わせた撮影

動画を公開するメディアによって、縦・横どちらで撮るかを判断する必要があります。YouTubeであれば横向き(16:9)ですが、FacebookやTwitterでは縦向き(9:16)の動画の投稿も可能です。Instagramでは1:1の正方形のため縦・横の撮影が可能ですが、後でトリミングすることを想定する必要があります。

光のコントロール

料理でも人でも、綺麗に撮れるのは窓からの自然光です。撮影の際は天気の良い日中を選びましょう。あまり自然光の入らない店舗の場合、天井の照明だけでは料理や人の顔に影ができ、暗い印象を与える場合があります。別の角度からスポットライトを当てるなど、照明の工夫をしてみましょう。

スタッフの声の音質

動画の音質が悪いと、見る人にストレスを与えます。スタッフのメッセージやメニューの解説がある場合は、ガヤガヤとした環境音の中でも声を拾えるよう、マイクを用意しておきましょう。

まとめ

飲食店では、料理、居心地のいい店内、スタッフの雰囲気などを、動画でお客さまに伝えることが可能です。お客さまが事前にお店のことを調べるのは、「このお店でどんな体験ができるか?」を知るためなのです。

料理の見栄えや味、内観、居心地、スタッフの雰囲気など、お店にあるすべてのものがお客さまへ伝えるべき情報となります。
お客さまへ自店の魅力を伝えるためにも、お店の紹介動画を作成してみてはいかがでしょうか。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。
HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

この記事をシェアする


Video BRAIN

Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ