1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. 飲食店がプレスリリースする際に気をつけるポイントとは?

飲食店がプレスリリースする際に気をつけるポイントとは?

Webマーケティング 飲食店のプレスリリース

タピオカや進化系スイーツ、ヴィーガンフードなど世の中の話題の中心となる飲食店。
飲食ネタはSNSを始め、テレビや雑誌でも話題になりやすく、媒体問わずに注目を集めています。

そんな飲食店のプレスリリースは、新店舗オープンや新メニューの発表だけでなく、キャンペーンや他企業とのコラボ、フェアなどの告知にも活用されています。

この記事では、飲食店において有効なプレスリリースのポイントと注意点をご紹介します。

飲食店がプレスリリースする際のポイント

話題に持ち上がる飲食店のプレスリリースには共通点があります。
事例と共に、飲食店が知っておくべき有効なプレスリリースのポイントをご紹介します。

プレスリリースはビジュアル重視

一般的なプレスリリースは、テキストを中心に図や写真、動画などを入れているケースが多いです。
しかし、飲食店のプレスリリースは動画や写真を多く使いビジュアルを重視することが大切です。

店内の様子や料理の味はテキストだけでは伝えにくく、読者にイメージを持たせることが難しいです。
そのため、店舗の外観や内装、ドリンクやメニューの紹介で動画や写真を使うことで魅力を伝えることができ、読者がお店を実際に利用する際のイメージが持ちやすくなるのです。

SNSが波及している今、料理や店内の見た目も重要視されているので、例えば鮮やかな色の料理やおしゃれな店内など「見栄えする動画や写真」をプレスリリースに入れてみましょう。

キャッチコピーを入れる

新店舗や新メニューをプレスリリースする場合は、キャッチコピーを入れると良いかもしれません。
キャッチコピーは、お店やメニューの軸となるメッセージ性が込められているため、ユーザーの心に響きやすくなります。

例えば、「スシロー」の「うまいすしを、腹一杯。うまいすしで、心も一杯。」、「スターバックスコーヒー」の「Third place(第3の場所)」などを参考にしながら会社の軸となる文言と、思いを込めたキャッチコピーを作るようにしましょう。

数多くのメディアに送る

本来プレスリリースは、ターゲットに合うメディアを選びプレスリリースを送ることが大切です。
しかし、飲食店のプレスリリースはメディアの注目度も高いため、不特定多数のメディアに一斉配信することが効果的です。
飲食店は、大衆の興味を引きやすいネタであるため、複数のメディアに取り上げられるチャンスがあります。メールやFAX、郵送などあらゆる手段を使ってみましょう。

オープニングレセプションを活用する

店舗を新規オープンするとき、プレスリリースと合わせてメディア限定のオープニングレセプションを開催すると効果的です。
店舗に招待したマスコミ関係者に、無料でドリンクや食事を楽しんでもらい記事を書いてもらいます。
実際に「スシロー」が東京に進出した際に活用した手法です。
マスコミにお店の雰囲気や食事の味を直接知ってもらうことで、魅力が伝わりやすくなります。

飲食店のプレスリリースの注意点

プレスリリースの注意点

飲食店のプレスリリースには、注意しなければならない点があります。
これらのポイントを意識してプレスリリースを出すようにしましょう。

基本情報を入れる

プレスリリースに信頼できるお店と判断してもらうためにも、基本情報は必ず入れるようにしましょう。
お店の名前・住所・電話番号・ホームページのURLなどの情報に合わせ、営業時間・お店の広さ・席数なども記載しておくことが大切です。

また、取材問い合わせ先も忘れないようにしましょう。
メディアが取材をしたいと思っていても、問い合わせ先がないとスムーズにいきません。
必ず電話番号やメールアドレスを記載するようにしましょう。

最近では、LINEやTwitter、インスタグラムのアカウントを記載するケースも増えています。SNSのメッセージでスムーズにやりとりができるだけでなく、最新情報もチェックしてもらえるメリットがあります。

ターゲットを明確にする

プレスリリースを出す前に、ターゲットを明確にしておくことが大切です。
プレスリリースに載せるコンセプトや写真は、ターゲット層の興味を引くものでなくてはなりません。

「誰に来てもらいたいのか」を明確にし、ペルソナを作ることもおすすめです。
架空のお客様像を作り、そのお客様に刺さるようなプレスリリースの作成を心がけ、ターゲット層とプレスリリースにズレがないようにしましょう。

まとめ

飲食店のネタは、多くの人にとって興味のある話題です。
そのため、上手にPRをすることで大きなチャンスを掴むことができます。

SNSが話題の発端となる時代になりましたが、メディアが注目するものは、世の中の関心が高いものです。
プレスリリースを活用して、メディア露出のチャンスを掴みましょう。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る