1. TOP
  2. インタビュー
  3. 動画活用で、物件の問い合わせ数アップ&購入も決定!

動画活用で、物件の問い合わせ数アップ&購入も決定!

「見える・寄り添う・新しく」をコンセプトに、不動産売買仲介・買取・不動産売却・ドローン・飲食事業など展開するRER Agency株式会社。これからの時代、動画で物件紹介することが当たり前になると考えた同社は、 VIDEO BRAIN を導入しました。

物件は動画で紹介したい。ただ、時間がかかる課題を感じていた

動画活用を検討した背景を教えてください。

三瓶様「従来、物件紹介は画像とテキストで行なうのが一般的でした。ですが、これからは動画の時代です。5Gの時代ももうすぐ到来しますし、物件は動画で紹介した方が圧倒的に伝わりやすいことも実感していたので、動画活用に本格的に力を入れようと思っていたのです。」

VIDEO BRAIN を導入する前は社内で動画を制作していたのですか。

三瓶様「自分自身で、ソフトをダウンロードして編集を試みていました。しかしながら、いざ自分たちで動画を編集しようとすると、まずスキルの習得に時間がかかる、そしてスキル習得後も編集するのに時間がかかるなど、動画活用に対して課題を感じていました。」

VIDEO BRAIN を導入する前は社内で動画を制作していたのですか。

石原様「専門のソフトを用いて、物件紹介動画を制作していたことはありました。その時は、Matterport(マーターポート)という 3D スキャンカメラを使用していたため、撮影にまず 4〜5時間、さらに編集にも数時間以上かかっていました。1 物件の動画を作るのに、トータル 1日は使っていましたそのため、動画を作れる物件は一部にかぎられていました。他におすすめしたい動画があっても、手軽に作るということはできませんでした。」

VIDEO BRAIN を検討した経緯を教えてください。

三瓶様「もっと簡単に動画編集ができるツールがないかを探していた時に、VIDEO BRAIN の体験会を知りました。実際に操作をしてみると、 AI 機能があり簡単に動画編集ができる点や、テンプレートも充実していて始めやすい点に惹かれ、VIDEO BRAINの導入を決めました。」

隙間時間も活用して動画を制作。CS や公式 Twitter からも動画情報をインプット

現在はどのように運用していますか。

三瓶様「最初は、代表のわたし自らが動画編集を行なっていました。クラウドなのでどこでも作業できるため、仕事の隙間時間にカフェで動画を作成することもできます。PC も重くならないのでその点は非常に使い勝手が良かったです。

ですが、ありがたいことに問い合わせも増え、動画編集にリソースを割くことがむずかしくなってきました。会社としても動画により力を入れていきたいと考えており、新たに事務サポートや動画編集を任せる社員を一人採用しました。」

作成した動画はどのように活用していますか。

三瓶様「現在は、Twitter・Facebook や Youtube で掲載しています。」

実際に使ってみていかがでしたか。

三瓶様「最初に、カスタマーサクセスの方が「こんな動画はどうですか?」と弊社の素材を用いて、動画案を作ってくれたのは、助かりましたね。物件紹介においての動画の構成案なども教えていただきました。最初に複数枚の写真や動画で魅力を伝えて、その後ポイントを述べて、詳しく解説をする構成の流れは、それ以来活用しています。事例共有の他にも、VIDEO BRAIN のTwitter で採用関連の動画が流れていた時には、「こんな使い方もできるのか!」という気づきにもなりました。やはり、いろんな動画事例のインプットをすることで、自分自身も動画をアウトプットしたくなり、動画を作りたくなりますよね。」

動画投稿をした Twitter を通じて、2 件の成約

動画の効果はありましたか。

三瓶様「 まず、Twitter からのお問い合わせがかなり増えました。今までも Twitter で定期的に情報を流していたのですが、動画をつけてから「 Twitter で動画を見て問い合わせました」という声を聞くようになりました。そのお問い合せから 2 件ほど成約にも至っています。物件ページへのアクセス数も、動画を定期的に投稿するようになってから 150 % 程度増えています。

また、Twitter に動画を投稿し始めてから、1 つの投稿のインプレッション数も増えていますし、フォロワーも増えました。VIDEO BRAIN を使い始めてから、確実に当社の認知度が向上していると感じます。クラウド上で動画をつくれるので、商談の合間の隙間時間にカフェでつくれるのも助かっています。動画を見た同業種の人から、「こんな動画を作ってほしい!」と相談いただくほど、RER Agency と言えば動画、というイメージがついているようです。」

編集が簡単なので、ABテストを行いながら、動画素材も用いて、動画コンテンツを作っていきたい

今後の展望をお聞かせください。

三瓶様「今まで動画を使っていて、効果の良いもの、そこまで良くないものも出てきています。VIDEO BRAIN であれば、例えば色を変える、素材を変えるといった AB テストもカンタンに行えるので、今後はより積極的に AB テストを行ってより良いものを作っていきたいなと思います。

また、もっと動画素材を活用して、物件紹介の動画を作っていきたいですね。現在、ドローンで撮影した街並みや外壁・屋根の状態がわかる動画素材は活用しているのですが、家の中の内観もより伝わりやすい動画コンテンツを作ってみたいです。

採用も強化していますので、会社紹介の動画も増やしていきたいです。そして入社後の研修用のコンテンツも、VIDEO BRAIN で作ってみたいですね。
他にも、会社として行っている様々な取り組みを紹介する動画も作成したいと考えています。VIDEO BRAIN で色々な動画が作れるということが分かってきたので、積極的に活用していきたいです。」

※ 上記は 2020年 4月インタビュー時の内容です

この記事をシェアする


Video BRAIN

Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ