1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. 【最新版】採用動画の活用方法からメリットまで全てをご紹介

【最新版】採用動画の活用方法からメリットまで全てをご紹介

動画マーケティング

動画がより身近なものとなり、様々な形で活用されている今。採用・求人の世界でもその流れが進んでいることをご存知でしょうか。

ここでは、採用動画がどのようにして活用されているのか、そのメリットはどんなところにあるのか、活用においての注意点などを解説します。ぜひご覧ください。

採用活動で動画マーケティングが増えている理由

採用活動にて動画マーケティングが増えている理由は、テキストベースの採用活動よりもダイレクトに自社をアピールできる点にあります。特に昨今、労働者人口が減少傾向にあり、求人市場が買い手市場から売り手市場へと移行しつつあるため、求職者に大きくアピールするために、よりインパクトの強いコンテンツが必要とされているのです。

採用動画のメリット

では、具体的にはどういったところに採用動画のメリットがあるのでしょうか。5つの項目に分けて解説します。

言葉では伝えられない情報を伝えることができる

採用動画のメリットとしてまず挙げられるのは、言葉では伝えられない情報を伝えられることです。テキストベースの求人の場合では「雰囲気の良い会社」「スキルアップできる」といった言葉をよく見かけますが、言葉だけで他社との明確な違いを打ち出すのは難しく、会社として独自性をアピールすることができません。

その点、動画であれば言葉だけで表せない会社の雰囲気なども伝えることができるので、見ている側としても「どのような会社・求人なのか」を正しく理解できます。

自社の認知拡大やイメージアップに繋がりやすい

採用動画を活用することで、求人だけでなく会社全体のイメージまで印象付けることができます。それが、ひいては会社の認知拡大やイメージアップにも繋がります。

職場のイメージがしやすい

どのような職場なのかイメージしやすくなるのも動画のメリットです。職場の様子を撮影するだけでも、求職者の理解度や会社への信用度が深まります。

双方のミスマッチが無くなる

動画であらかじめ社内のイメージを理解してもらえれば、入社後に「思っていた会社と違う」「面接で聞いていたことと違う」などといった求職者とのミスマッチを回避でき、双方の負担を軽減できます。

目に留まりやすく印象に残りやすい

例えば求人サイトを見て、動画なしの募集と動画付きの募集があったとしたら、ほとんどの方が動画付きのほうを選ぶのではないでしょうか。テキストベースではスルーされてしまっても、動画であれば興味を持って見てくれる方もいます。結果、それまで会社の業務に興味のなかった方に興味を持ってもらえる可能性が高まります。

採用動画の注意点

採用動画は様々なメリットがある一方、それが求職者にとって有益な情報になっているか、見やすい内容になっているか、といったことにも配慮が必要となります。

例えば、動画の長さ。たくさんアピールしたい気持ちはわかりますが、あまりにも長すぎる動画の場合、見ている人に負担となってしまいます。また、あまりに誇大な表現もミスマッチにつながる場合があります。

採用動画の構成例

効果の出る採用動画を作るためにはどうしたらいいか。ここではその具体的な構成例をお伝えします。これを参考に、自社の事業内容や雰囲気に合わせてカスタマイズしてみてください。

複数の社員で話し合う「座談会形式」

複数の社員で話し合う座談会形式は、一度に様々な意見を盛り込める点でメリットがあります。一人ひとり個別に話を聞くと時間がかかってしまいますが、座談会方式であれば一度に複数人、かつ様々な角度からの意見が聞けるので、求職者が知りたいことを短時間で伝えられます。

社員への「インタビュー形式」

より深い内容を伝えたいと考える場合は、社員へのインタビュー形式の動画がおすすめです。座談会方式の場合は「広く浅く」的なものになりがちですが、個別のインタビューの場合、より掘り下げた内容にすることができます。また、部署ごとに異なる人のインタビュー動画を紹介することで、同じ会社でもそれぞれ違う役割があることを理解できますし、見ている方が「自分が働いたらどうなるのか」をイメージしやすくなります。

社員の一日を動画で魅せる「ドキュメンタリー」

社員の一日を追いかけるドキュメンタリー形式もおすすめです。「実際に入社したらどんなタイムスケジュールで働き、何時ごろに帰れるのか」がイメージできます。特に昨今はライフワークバランスを考える求職者が多いので、帰社時間を提示できる点は大きなメリットになります。

採用動画作成のコツ

せっかく動画を作っても、意図や方向性がしっかりと定まっていないと会社の魅力が伝わらないものになってしまう可能性があります。動画のメリットを最大限に活かし、効果のあるものにするために、ここでは採用動画作成のポイントについてまとめてみます。

採用動画の目的を明確にする

まずは目的を明確にする点が大切です。動画作成の目的は「動画を見てもらうこと」ではなく「動画を見て会社にマッチする人に応募してもらうこと」ですので、「何を知ってもらいたいのか」「どのような人に応募してもらいたいのか」を明確にしておきましょう。

自社で作るか、制作会社にお願いする

採用動画を誰が作成するのかもポイントです。大きく分ければ、制作会社に任せるか、ツールなどを駆使して自らで作るかのどちらかとなるでしょう。近年は動画編集ツールも増え、簡単な操作で本格的な動画が作れるものもありますし、制作会社に依頼をすると大きなコストがかかるケースが多いので、動画編集ツールを使うことをおすすめします。

よりリアルな内容を伝える

採用動画にはリアリティーが求められます。抽象的なことばかりで具体的な内容が感じられなければ、求職者に「応募してみようかな」と思ってもらえません。動画「だからこそ」伝えられるリアリティーを盛り込むことを意識しましょう。

動画制作クラウドの導入事例

動画編集クラウドサービスの一つとしておすすめしたいのが「ビデオブレイン」です。クラウド型なのでダウンロードは不要。インターネット環境があればどこでも動画の作成ができます。テンプレートが用意されているので、動画制作が初心者の方でも手軽に、かつ短時間で動画作成が可能です。

株式会社アクティオ様では、ビデオブレインを活用して若手社員のインタビューおよそ70人分の動画を自社にて作成しました。もし70人のインタビュー動画を外部に委託した場合膨大な予算がかかっていたと思いますが、自社でできる動画編集クラウドを導入したことによりコスト削減に大きく貢献しました。

学生に寄り添った動画制作で、採用の活性化へ!

また、アウトソーシング事業を展開するエヌエス・テック株式会社様でもビデオブレインを採用しています。社内の動画担当者が、それぞれの地域特性を活かした動画を作成しているとのことです。
SNSはもちろん、YoTubeに動画をアップしたり自社採用ページにも取り込むなど、幅広く活用しており、実際に採用動画にて求人の応募もあったとのことで、効果を実感されているようです。

Youtube チャンネル開設で潜在層にリーチ!求人広告の動画化で、他社との差別化を図る

求人・採用動画例

ビデオブレインのウェブサイトでは、動画編集クラウドサービスを使った動画の発信、配信についてよりイメージを膨らませていただけるよう、多くのサンプル動画を公開しています。採用・求人動画のサンプルもご用意しておりますので、ぜひご覧いただき、導入をご検討ください。

VIDEO BRAINサンプル動画はこちら

まとめ

ここまで、採用動画のメリットや活用方法やについて紹介してきました。

動画を使えば、テキストだけの場合よりも様々な情報をアピールできます。しかし一方では、動画というだけで珍しがられる時代から、より内容が重視される時代に移り変わろうともしています。求人において動画を使うのは何が目的なのかをしっかりとらえ、効果的な動画を作成・発信するために、ぜひ動画編集クラウドサービスの導入をご検討ください。

未経験でも高品質な動画を作成できる、インハウス動画制作に欠かせない AI 動画編集ツール VIDEO BRAIN
サービス HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る