1. TOP
  2. 採用
  3. 新卒採用人事のよくある悩み6選!4つの解決ポイントと採用動画の魅力

新卒採用人事のよくある悩み6選!4つの解決ポイントと採用動画の魅力

人事担当者は新卒採用人事にさまざまな悩みを抱えています。採用システムにテコ入れが必要だと感じており、悩みの解決策が知りたい方もいるのではないでしょうか。

新卒採用人事のよくある悩みと解決のポイントを把握し、採用動画の魅力も知ることで、動画の活用が悩み解決に効果的であることを理解できます。

他社の採用動画から方向性をつかみ、新卒採用人事の悩みをスマートに解決しましょう。そこでこの記事では、新卒採用人事のよくある悩みと解決策、採用動画の活用についてご紹介します。

新卒採用人事のよくある悩み6選

新卒採用人事の担当者の中には、以下のような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

・作業量が多過ぎる
・応募者が集まらない
・内定を辞退されてしまう
・採用しても現場から文句を言われる

まずは新卒採用人事のよくある悩み6選を見ていきましょう。

作業量が多く手が回らない

人事部は採用・教育・研修・人事評価の他、人事制度の企画・調整や労務管理など、人材に関する多様な仕事を担当します。人事担当者が社内に1人だけという中小企業では、人材育成や労務管理に忙しい中で採用フローの進行もあり、手が回らない業務のあるケースも珍しくありません。

さらに、人事担当者は人事以外の仕事を兼任するケースもあります。人事・総務を兼任する人事総務部を置く企業では、さらに人事担当者の負担は大きく、仕事量の多さのせいで採用業務に支障が生じるのは無理もありません。

資料作成や採用管理の大変さ

人事担当者は採用活動においてさまざまな資料を作成します。例えば企業説明会のためのPowerPointファイルや企業のパンフレットなどです。人材紹介サービスに掲載する文章や画像などの準備もあります。さらに、応募者から送られるエントリーシートの読み込み・採点が必要です。

採用活動の準備段階から作業量は多く、資料をさばき切れない悩みもあります。これは応募者が殺到する人気企業や、紙ベースの採用システムを運用している企業に多い悩みです。

応募者が集まらない

中小企業は大企業に比べて認知度が低い上、採用にかけられる予算が限られます。限られた予算の中で採用広報をしますが、大企業に比べて労働条件の魅力をアピールしにくいこともあって、慢性的に応募者不足の中小企業は珍しくありません。

採用活動では十分な母集団形成が基本なので、採用候補者が集まらない悩みは深刻です。応募者不足の原因究明に努めるも、膨大な作業量の中で後手に回ってしまい、経営層や現場担当者からのプレッシャーに悩むケースは珍しくありません。

内定者が採用を辞退してしまう

資料作成や採用管理を乗り越えて良い人材が選考に残り、内定を決めたとしても、内定辞退という事態も起こり得ます。一般的に新卒人材は複数企業に同時にエントリーしており、応募者にとって自社は比較対象のひとつです。

内定から採用までの期間に他社からも内定を受けたり、冷静に検討して「この企業に就職して大丈夫なのか」という漠然とした不安を感じたりすると、採用予定だった新卒人材と音信不通になるケースもあります。採用候補者を絞り過ぎると新入社員数が予定より少なくなってしまい、次期の採用活動にしわ寄せがくるのも悩ましい点です。

採用後に現場から文句を言われる

人事担当者の判断で採用者を決定し、実際に新卒人材が入社してから、現場から「なぜこの人材を採用したのか」と文句を言われるケースも珍しくありません。面接には人事担当者に加えて現場担当者も参加するケースもよくありますが、人事・現場の判断基準は異なります。

人事担当者は人材のポテンシャルや離職リスクを検討しやすい一方で、現場担当者は即戦力人材を求めやすいのが一般的です。現場担当者の判断で不採用と考えていた人材が入社したり、採用に現場担当者が関わっていなかったりした場合、採用の苦労を否定されて理不尽な気持ちになるケースもあります。

コロナ禍による変化

新型コロナウイルス感染症の影響で、対面の面接や懇親会を実施できない企業が急増しました。対面コミュニケーション時にはマスク着用が基本なので、表情が読み取りにくい、声が届きにくいといった問題もあります。この状況下で、Web面談に移行する企業が一気に増加しました。

Web面談は地方在住の新卒人材を確保しやすくなるメリットもありますが、あらゆる工程がオンライン化することにより、採用フローや評価基準の大幅な見直しを迫られるケースも珍しくありません。コロナ禍以前から激務に悩まされていた人事担当者の負担は、さらに増している状況です。

新卒採用人事の悩みを解決する4つのポイント

新卒採用人事の悩みの多くは、以下の施策によって解決できます。

・選考から社内の環境整備まで、現場担当者と連携する
・採用管理システムで採用管理業務を自動化する
・SNSを採用広報や内定者フォローに活用する
・文章ではなく動画で情報伝達する

それぞれの施策のポイントを見ていきましょう。

現場担当者との連携

人材のミスマッチは大きな問題です。現場から文句を言われるという人事担当者の個人的なストレスもありますが、新卒人材を現場が否定的に扱うことで、早期離職のリスクを高めてしまう恐れもあります。

新卒人材は社会経験が少ないか全くなく、仕事に対して漠然とした不安を抱えやすいのが一般的です。入社後に現場の雰囲気が悪く新人教育の不備もあれば、ネガティブな発想に陥りやすいでしょう。

そこで、選考の段階から現場担当者と採用基準について話し合うことが大切です。採用後の新人教育や心理面のケアなど、社内の環境整備についても人事・現場が協力して当たりましょう。

採用管理システムの活用

応募者や採用進行状況の管理は作業量が多く、また応募者が多くなるほどミスも増えます。人事担当者の悩みの種である管理面の業務負担を軽減するなら、採用管理システムの導入が有効です。一般的な採用管理システムは以下の機能を備えます。

・応募者の履歴書・選考状況・評価データの管理
・メール通知
・応募者の絞り込み

採用管理システムを活用すると採用管理業務を自動化でき、人為ミスの防止にもつながるので、管理面の業務に悩まされているなら導入を検討しましょう。

SNSの活用

サービス・メディアによって利用者層が異なるので、ターゲットに合った広告媒体を選ぶことが求められます。コーポレートサイトを構築しても、検索にヒットしにくくアクセスする応募者が少ない企業も珍しくありません。そこで重視したいのがSNSの活用です。

新卒人材はInstagram・LINE・Twitter・Facebookなどを利用することに慣れているので、生活に自然に溶け込む形で無理なく採用広報ができます。SNSは広報だけでなくコミュニケーションツールとしても活用できるので、内定後のフォローなどに有効利用できることも利点です。

動画の活用

文章では伝えにくい雰囲気や細かいニュアンスも動画なら簡単に伝えられます。求職者が企業の情報を知りたいとき、文章なら重要な情報を見落としやすくても、動画ならインパクトのある印象を残せるのが利点です。

情報量も文章に比べて圧倒的に多く、短時間で必要な情報を効率的に伝えられます。新卒人材は文章より動画による情報伝達に慣れていることもポイントです。また、新卒人材は多くの企業を比較検討します。動画で紹介されている企業のほうが共感を抱きやすく、企業理解を深めやすいのも動画を活用するメリットです。

採用動画が人事担当を救う?!

動画は採用広報だけでなく選考にも活用でき、多くの採用課題を解決できます。

・1本制作するだけで大勢と何度でも共有できる
・人事の負担とコストを大幅に削減できる
・人事担当者・応募者双方にとってメリットが豊富

動画を活用して人事担当者の悩みを解決しましょう。

動画ならひとつで大勢と共有できる

動画はひとつ制作するだけで1,000人でも1万人でも均質な情報を伝えられる上、活用シーンを選ばず何度でも繰り返し再生できます。この特徴により得られるメリットは以下の通りです。

・会社説明会ごとに配置していたスタッフが不要になる
・紙資料の制作・印刷も不要になる
・資料を送付する必要もなくなる
・人事の負担だけでなくコストの削減にもつながる

動画選考なら工数を減らせる

従来の選考システムを動画選考に移行することで、人事担当者・応募者双方にとってさまざまなメリットが生まれます。

・動画なら好きな時間に確認できる
・ネット環境があればどこからでも確認できる
・面接会場の確保や資料の用意が必要なくなる
・資料をシュレッダーにかける手間も生じない
・応募者は緊張による言い忘れを防止できる
・何度も撮り直しができる

マネしたい!就活生ウケする採用動画

就活生向けに活用したい採用動画は以下の3種類です。

・企業研究動画で認知度アップや母集団形成
・インタビュー動画で不安の払拭と興味喚起
・Web説明会動画で均質な情報を伝えて理解度を深める

他社の動画から方向性をつかみ、個性的な動画の制作につなげましょう。

認知度を上げる「企業研究動画」

企業研究動画は事業の概要や企業の理念、社内の雰囲気などを紹介する動画です。短時間で企業の基本情報を確認できるので、就活生の企業研究に活用されます。企業研究動画を公開する企業の目的は、認知度アップや母集団形成です。

『みずほ銀行の企業研究・強み・弱み【22卒完全版】』

興味を喚起する「インタビュー動画」

インタビュー動画には自社の従業員が登場し、従業員の声や新入社員の経験談などから、就活生が疑問に思っている実態を伝えられます。就活生の不安を払拭できる他、分かりやすく興味を喚起できることも利点です。

『【採用動画】採用インタビュー動画 カルビー株式会社様(LOCUS制作実績)』

理解度を深める「Web説明会動画」

Web説明会動画は企業説明会の動画版です。資料とナレーションを組み合わせて、詳細な情報を分かりやすく伝えます。オフラインの説明会はプレゼンターごとに内容の違いが生まれやすいのはネックです。Web説明会動画なら全ての視聴者に均質な情報を伝えられます。

『日立ソリューションズ新卒採用 女性向けWEBセミナー(ダイジェスト版)』

新卒採用に苦戦している人事担当者におすすめ!

・作業量の負担を軽減したい
・内定辞退や現場社員からの文句をなくしたい
・Webを活用して効果的にアプローチしたい

魅力が伝わりやすい採用動画サンプル


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする