1. TOP
  2. 採用
  3. 採用がうまくいかない原因と企業が取るべき5つの対策方法

採用がうまくいかない原因と企業が取るべき5つの対策方法

新しい社員の活躍があることで、企業の成長にもつながります。しかし優良な人材を集めようとしても「なかなか思うような人材が集まらない」「採用活動がうまくいかない」と頭を抱えている人事担当者の方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、採用がうまくいかずに困っている企業向けに「原因と対策方法」について解説します。自社に落とし込めるものがないかも含めて、ぜひ参考にしてみてください。

採用がうまくいかない原因とは?

木製テーブルの上に置かれたノートパソコン

中程度の精度で自動的に生成された説明

採用がうまくいかないと感じている場合「何が原因で優良な人材が集まらないのか」などの原因を理解しなければなりません。しかし、「現状は手探りのためよくわからない……」という場合は、以下の点に注目してみましょう。

・採用計画やターゲティングが不透明
・選考判断や選考基準に問題がある
・コミュニケーション不足
・ネガティブ情報を提供していない
・母集団形成ができていない
・面接の問題

ここからは、これら「採用がうまくいかない代表的な原因・問題点」について解説します。

募集する人物像が明確でない

「優良な人材がほしい」と感じているのであれば、具体的にどのような人材を求めているのか明確でなければなりません。採用がうまくいかない企業の多くは、いわゆる「ターゲティング」の部分が疎かになってしまっているケースが多いです。

企業側が「どのような人材を求めているのか」を認識していなければ、選考過程でもブレが生じてしまう原因となります。

採用計画が曖昧

企業の成長を見込んでいくため、新しい人材を採用することになります。しかし漠然と人材探しをしていては、宝探しをしている状況と同じになってしまうため、採用計画を立てることが採用活動における基本です。

・どのような人物を
・どの程度(何名)
・いつまでに(期間)

これらの採用計画を明確にしなければなりません。しかし、ここが曖昧な状況で採用活動をおこなってしまうと、事業計画にまで影響が出てしまいます。

選考判断が遅い

企業の人材確保が重要であると同時に、応募者側にとっても「どの企業に就職できるのか」は大切なこと。そのため、内定の通知が来るまでは不安な気持ちになっているケースが多いです。

面接から選考・内定までのスピード感がなければ、他社の内定を優先してしまうことにもつながってしまいます。また優秀で魅力的な人材になるほど、多くの企業が採用したいと考えるため、選考判断のスピードは重要です。

採用基準に問題がある

採用基準が明確になっていない場合、応募者の評価にもバラツキが出てきてしまう原因となります。面接官などの裁量で人材選びがされてしまうことも多いため、採用のミスマッチが起きてしまうこともあるでしょう。

また採用基準が高すぎてしまったりすると、本来なら採用できる人材も他社に流れてしまうなど、競合他社との人材競争に負けてしまうケースもあります。書類選考の通過率が悪かったり、採用後の早期退職が続いている場合は、一度採用基準に問題がないか確認してみましょう。

コミュニケーション不足

優良な人材を確保できたとしても、採用後のフォロー体制が良くなければ早期離職にもつながってしまいます。応募者は「うまく会社に馴染めるかな……」など、新しい環境に対して不安になっていることが多いです。

そのため周囲からのコミュニケーションやサポートが無ければ、「社風が自分に合わない」と判断されてしまうこともあります。そのため、会社の雰囲気や業務にも慣れていない時期は、余計なプレッシャーを与えずにフォローしていくことが重要です。

良い情報のみ伝えている

採用にも大きな労力やコストがかかります。そのため、なるべくいい人材を多く囲いたいと考えてしまい、企業の良い面を全面に出して採用活動をしてしまうことが多いです。しかし採用前にポジティブ情報しか出していないと、採用のミスマッチが発生する原因となります。

応募者は会社の良い面しか知らない状態で入社するため、入社後にネガティブな部分が見えてしまうと「こんなはずじゃなかった……」「思っていたのと違う……」と考えてしまい、早期離職などにつながってしまうこともあります。

採用手法が間違っている

人材を募集する際には、Webプロモーション活動を利用した求人手法や一般的な求人広告などさまざまです。しかし利用している媒体や採用手法が適切でない場合、いい結果がなかなか出ないようなケースもあります。

重要なことは、自社の課題解決に合った採用手法を選択するということ。なかなか結果が伴わないのであれば、採用手法を見直していくことも採用を成功させるうえで重要な要素です。

母集団形成ができていない

魅力的な人材を採用したいと考えていても、応募してくれる人材がいなければ採用活動はできません。一般的に母集団を形成するには、採用したい人数の10倍は必要といわれているため「量」をクリアしていない場合は注意しましょう。

また優良な人材を集めるためには、母集団を形成する際に「質」も問われてきます。そのため質と量の面で母集団を形成できていない場合は、採用もうまくいかないことも発生します。

面接が機能していない

採用がうまくいっている企業の多くは、面接が機能しているケースが多いでしょう。反対に、面接が疎かになってしまっていると、思うような人材を採用できなかったり、ミスマッチを起こしてしまう原因となります。

採用基準と同様に、面接する際の判断基準が明確でなければ、面接官の裁量・感覚で人を判断してしまうことになります。このような場合、面接官が変わるたびに採用する人材のクオリティが変わってしまうため、適切な人材選考ができません。

採用がうまくいかない事による3つのコスト

人, 屋内, 男, 窓 が含まれている画像

自動的に生成された説明

採用活動がうまくいっていない場合、企業にとってもさまざまなコストが増加してきてしまいます。

・経済的コスト
・時間的コスト
・人的コスト

上記3点が採用コストになりますが、ここからはより具体的に「増加してしまうコスト」について解説します。

経済的コスト

株式会社リクルートキャリアが発表した「就職白書2019」によると、2018年度の1人あたりの平均的な採用コストは「中途採用で84.8万円」「新卒採用で72.6万円」とされています。事業運営をしていくうえで必要な経費であると同時に、採用難と言われている昨今では、年々増加しているのも実情です。

またこれらは平均値の価格帯となります。そのため、早期離職が多く発生しているなど、採用にうまくいかないケースでは「余計なコスト増を誘発」していることも多いため、費用がさらにかかってしまう傾向にあります。

出典:https://shushokumirai.recruit.co.jp/wp-content/uploads/2019/02/hakusho2019_r.pdf

時間的コスト

採用にかかってくるのはお金だけではなく、「時間」もあることを忘れてはいけません。リクルートキャリアが発表した同資料「就職白書2019」では、2018年度に新卒採用活動で費やした時間は「増えた」が49.7%で「減った」は7.0%とされています。

このようなことからも、昨今の採用活動では「お金」と「時間」が増加傾向にあります。そのなかで、早期離職や内定を断られることが起きてしまうと「新たに採用活動をするために時間を費やす」といったケースも出てきてしまいます。

出典:https://shushokumirai.recruit.co.jp/wp-content/uploads/2019/02/hakusho2019_r.pdf

人的コスト

採用活動がうまくいかないことによって、お金や時間をさらに費やすことになりますが、それ以外にも採用業務に関わる人的コストも考えなければなりません。

人材を採用するには多くの労力がかかってきます。採用担当者の負担も多いため、人手不足が続いてしまうと業務内容からも長時間労働になりやすい傾向にあります。

採用がうまくいかない企業が取るべき5つの対策方法

人, 屋内, 男, 女性 が含まれている画像

自動的に生成された説明

現状で採用がうまくいっていないと感じている場合は、きちんと対策を練りながら解決していきましょう。なお代表的な対処法は以下のとおり。

・採用目的やターゲティングの明確化
・適切な採用チャネルを活用する
・採用プロセスの見直し
・マーケティングの実施

ここからは、「企業が取るべき5つの対策方法」について解説をします。

採用目的の明確化

ただ漠然と採用活動をおこなっていると、採用後のプロセスも不透明になりがちなものです。新しい人材を雇用するのであれば、「なぜ人材が必要なのか」「どの程度雇用するのが適正か」など、採用する根本的な目的を明確にして計画を立てるようにしましょう。

新しく人材を募集しなければならない理由が明確になることで、その後の採用プロセスにもブレがなくなります。

採用したい人物像の明確化

採用活動の根本が「ターゲティング」です。どういった人物像を求めているのかをあらかじめ明確にしておくことで、採用後のトラブルやミスマッチを防ぐことにもつながります。

なお人物像を明確にするには、各部署に対して「現場の生の声」をヒアリングしたりすることで、より本質的なターゲティングを作成できます。

自社に合った採用チャネル

採用活動では母集団形成が重要になるため、適切な採用チャネルを選ばなければなりません。特に応募者の「量」と「質」に関しては、採用チャネルによっても変動があるため、「どれが自社にあった採用手法なのか」を考えつつ選んでいく必要があります。

一般的な求人広告や人材紹介、ダイレクトリクルーティングなど採用手法も多種多様です。さらに近年ではリファラル採用などの「社員や知人の人脈を生かした採用手法」もあるため、自社に合ったチャネルを比較検討しましょう。

採用プロセスの見直し

採用計画やターゲティングに問題がないのにも関わらず、思うような人材を獲得できない状況が続いた場合は「採用プロセス」を見直してみましょう。

例えば応募から選考・内定までの期間が長すぎないか、面接時の対応に問題がなかったかなど、どこかのプロセスで問題がないか確認してみるのもおすすめです。具体的な採用の流れのなかで、適切でない部分がないかを確認しつつ、問題が合った場所はすぐに是正しましょう。

マーケティングを活用

企業の営業戦略と同様に、採用活動もマーケティングを活用していくことは重要です。

・ペルソナの設定
・3C分析
・カスタマージャーニー設計
・動画マーケティングの実施

など、採用効率を上げていくためには、さまざまなマーケティングを取り入れていくようにしましょう。マーケティングを活用することで、採用活動に効果が出てくる以外にも、採用後のミスマッチを防ぐことにもつながります。

動画を活用して採用活動を見直しませんか?

・思うような人材が集まらない
・一人あたりの採用コストを抑えたい
・社員の定着率を上げたい

採用難の時代は「いかに採用活動を成功させるのか」がカギとなってきます。優良な人材を多く採用することで企業の成長にもつながるため、採用がうまくいっていない場合は対策を施すようにしましょう。

株式会社オープンエイトでは、自社をより効率よく伝えられる動画編集ツール「Video BRAIN」を提供しています。書類だけではなかなか伝わりづらい問題も、動画マーケティングを実施していくことで、より多くの情報量を伝えることができます。

「採用後の定着率が悪い……」「自社のメリデメを効率よく伝えたい……」などでお悩みの場合は、動画マーケティングで活躍する「Video BRAIN」をぜひご活用ください。

自社を「伝える」採用プロモーションサンプル動画


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする