1. TOP
  2. 採用
  3. 従業員エンゲージメントの重要性とは?企業のメリットや高めるポイントを解説

従業員エンゲージメントの重要性とは?企業のメリットや高めるポイントを解説

近年では多くの企業が従業員エンゲージメントに注目するようになり、企業と従業員が一体となるための取り組みが行われています。しかし、従業員エンゲージメントの意味やメリットをはっきりとは把握していない方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、従業員エンゲージメントの概要や具体的な施策についてご紹介します。従業員エンゲージメントの重要性が分かり、企業と従業員との関係性づくりに役立つ内容です。

従業員エンゲージメントの基本的情報

従業員エンゲージメントとは一体何を指すのでしょうか。まずは言葉の意味を正確に知って、企業の活性化に役立てましょう。

・従業員エンゲージメントは所属企業への思い入れや貢献しようという意欲
・モチベーションだけではなく企業への思い入れが重要

従業員エンゲージメントとは

従業員エンゲージメントは、従業員の企業への愛着や貢献意欲を指す言葉です。企業の理念や掲げる方針に共感している状態を意味し、向上させることで企業にとってプラスの影響を生み出せます。

ギャラップ社によると日本企業の従業員エンゲージメントは調査した国の中では最下位クラスに位置しており、熱意のある社員の割合が非常に少ない結果となりました。グローバル化が進む現在の情勢下で躍進するには、従業員エンゲージメントの向上が重要とされています。

混同されやすい言葉との違いをチェック

従業員満足度やモチベーションといった言葉は混同して扱われることが多いですが、これらは厳密には意味が異なります。従業員満足度は従業員の「居心地の良さ」を指しており、居心地の良さと貢献意欲はイコールではないため、高くても直接企業に貢献するわけではありません。

モチベーションは業務への意欲の高さを指しますが、意欲が高くても企業への愛着があるかは別の話です。モチベーションだけが高くても自社への思い入れがなければ定着につながらないため、従業員エンゲージメントを高めるには従業員満足度とモチベーションを両立させる必要があります。

従業員エンゲージメントを向上させるメリット

昨今従業員エンゲージメントが注目されている背景には、向上させることでさまざまなメリットがあるという理由があります。従業員エンゲージメントを向上させる主なメリットは以下の通りです。

・顧客満足度や業績アップが見込める
・離職率が低下し、長期活躍してくれる人材を確保できる

顧客満足度が上がる

従業員が積極的に業務に参加することで、顧客満足度の向上が期待できます。仕事への意欲が増せばサービスの質が上がり、アウトプットのクオリティが上がることで顧客の評価アップにつながるでしょう。

上司からの一方的な指示に従っているよりも、意欲が高く自主的に取り組むほうが仕事の満足感は高く、積極的に自己研鑽を積む環境が生まれます。サービスのレベルが上がれば顧客満足度が上がり、モチベーションが上がる好環境を生み出せるでしょう。

離職率の低下が期待できる

従業員と企業のあいだで信頼関係を構築できれば、企業への帰属意識が高まり離職率の低下が促されます。所属する企業への帰属意識や思い入れが強ければ転職を考えにくくなり、長期にわたって活躍してくれるようになるでしょう。

人手不足が深刻化している昨今では、優秀な人材の確保は企業の行く末を決める重要な課題と言えます。従業員がやりがいを感じられる環境を提供できれば、人事や経営にもメリットをもたらしてくれるでしょう。

業績向上が見込める

従業員の定着や意欲向上、これらに伴う顧客満足度の向上による結果として、企業の業績向上が見込めます。モチベーションを持って業務にあたり、従業員が自発的にパフォーマンスを高めることで企業の利益に貢献してくれるでしょう。

リンクアンドモチベーション社の調べでも、従業員エンゲージメントが高い企業は売上伸長率や純利益伸長率が上がりやすいという結果も出ています。

参考:『リンクアンドモチベーション エンゲージメントと企業業績」に関する研究結果』

従業員エンゲージメントを高めるための10個の施策

従業員を自社につなぎとめてサービスの質を高めるには、従業員エンゲージメントを向上させるための具体的な施策が必要です。ここでは、従業員エンゲージメントを高めるための施策を紹介します。

・企業の方針の理解や社内環境の改善が従業員エンゲージメントの向上につながる
・従業員の満足度を満たし、「この企業で働きたい」と感じてもらうことが重要

1.現在の従業員エンゲージメントレベルを把握する

まずは現在の社内の状態を理解する必要があります。自社のレベルがどの程度なのかを把握し、矯正すべき点を洗い出すことが改善の第一歩です。従業員にアンケート調査を実施して意識傾向のチェックや、調査ツールを使用して実態分析を行いましょう。

2.企業理念を浸透させる

従業員に企業の理念やビジョンを理解してもらうことも大切です。価値観を共有することで従業員と企業の一体感が増し、団結した組織行動が期待できます。企業の方針は外側だけではなく内側にもしっかり発信して、方向性を伝える努力を継続することが大切と言えます。

従業員と対話して、理念やビジョンをどう感じているのかを聞き取る機会を設けるのも効果的です。

3.悪習がないかチェックする

組織は長く続くと、気付かないうちに誤った習慣が生まれていることがあります。生産性や効率を度外視した長時間労働の常態化や、辛い思いをすることが美徳といった風潮が醸成されてはいないでしょうか。このような習慣があると、離職率の上昇や新しく入ってきた従業員に不安を与える要因になります。

4.社内コミュニケーションの活発化

従業員同士が率直にコミュニケーションを取れる職場になるように、配慮することも大事です。上司が一方的に自分の考えを押し付けるような閉塞的な環境になっていないでしょうか。上下関係に拘泥することなく積極的に発言できる風通しのよい雰囲気を作ることを心掛ければ、社内コミュニケーションが活発化して活気のある職場になるでしょう。

5.人材配置を見直す

従業員の希望や適性に対して配置にミスマッチがあると、意欲や生産性に大きく影響します。自分に向いていないと感じる配置では意欲がわかず、やりがいも感じられないでしょう。適切な配置をしていれば、「自分のことをよく見て理解してくれている」と感じて熱心に業務に取り組んでくれる可能性が高くなります。

6.正当な人事評価制度の導入

従業員にとって自分の働きが正当に評価されているかはモチベーションに大きく関わる要素です。人事評価を適正化すればモチベーションや企業への信頼度が上がり、企業にもプラスに作用します。能力が評価されればスキルアップにも積極的になるため、サービスの質も向上するでしょう。

7.インセンティブ制度の検討

インセンティブ制度は、従業員の業務に対するモチベーションを高めるための制度です。成果に応じた報奨金やスキルアップ費用などを支給するシステムを導入すれば、業績向上に貢献する行動につながります。金銭だけではなく称賛や評価もインセンティブの一部なので、表彰制度などもインセンティブ制度に含まれます。

8.仕事と生活の調和を推進する

業務への意欲を維持するには、プライベートや休息に割く時間を確保することも大事です。働きながらしっかり休んで家庭での生活を両立できる環境を作れれば、従業員の信頼を得られるでしょう。従業員の心身の健康に配慮して、柔軟な対応をできる制度の設立を検討することが重要です。

9.従業員の育成を重視する

従業員の成長欲求を満たすことで満足感が上がり、スキルアップにもつながります。新人だけでなく既存の社員にも研修などの勉強の機会を設けて、本人が成長を感じられるような機会を用意しましょう。教える側にも学びや成長があるため、講師を他の従業員に任せるのも効果的です。

10.従業員エンゲージメントを「見える化」する

従業員エンゲージメントは目に見えづらく分かりにくいため、実感しにくい面があります。改善を図っても効果があるのか確認できなければ進捗状況が把握できません。数値化して目に見えるように提示することで、問題点の検証や意識の変化の観測が可能になります。

従業員エンゲージメントを高めるには動画を活用するのが効果的

効果的に従業員エンゲージメントを向上させるには、動画を導入するのも有効です。ここでは動画を導入するメリットや効果的な使い方を解説します。

・動画にはさまざまな用途に使えるメリットがある
・研修や社内報、遠隔地との情報共有の場などで活用できる
・効果的な動画を作成するには編集ソフトの機能も大切

社内で動画を活用するメリット

動画は映像と音声の組み合わせによって多角的に訴えかけられるのが強みです。テキストや画像で構成した資料よりも臨場感のある情報を届けられます。代表者や従業員の姿と声を届けることで、人柄やリアルな感情を伝えられるのが大きなメリットと言えるでしょう。他にも以下のようなメリットが挙げられます。

動画活用のメリット
・テキストは自発的に読もうとしなければ情報が伝わらないが、動画は受動的に視聴できる
・視聴ストレスや心理的なハードルが低いため、活字に不慣れな層にもスムーズに情報を伝えられる
・ひとつの動画で何人とでも共有できるのでコストパフォーマンスが高い

従業員エンゲージメントに効果的な動画の使い方

動画はさまざまなシーンで活用できる汎用性の高さも魅力です。主に以下のようなシーンで役立ちます。

・研修やセミナー
時間や場所を問わず実施でき、講師の質に左右されずに均一的な内容を届けられる

・社内報やプレゼンテーション
社長や経営陣の考えに触れる機会を用意できる。従業員が一堂に会する必要がないため、気軽に高頻度で方針や企業理念を発信可能

・リモート社員や支店への情報共有
実務的な内容の伝達にも効果的。テキストでは伝えにくいノウハウなどの内容も具体的に届けられる

従業員エンゲージメントを高める動画制作のコツ

動画は映像や音声などを駆使して短時間で多くの情報量を伝えられるのが最大の強みです。しかし、動画を効果的に活用するには適切な編集は欠かせません。カット編集やテロップの挿入などを有効利用して、分かりやすい動画を作成することを心掛けましょう。動画作成の際は、以下のような特徴を持つ編集ソフトを使用することをおすすめします。

・AIによる自動編集機能がある
・自動テロップ書き起こし機能がある
・素材が豊富に用意されている
・UIの操作性が良く初心者にも簡単に扱える

従業員エンゲージメント向上に動画を活用した事例

動画を活用した従業員エンゲージメント向上の施策はすでに多くの企業で導入されており、良好な結果を出しています。以下はその一例です。

企業名シナネンホールディングス株式会社
動画の活用方法   Web社内報で動画を掲載している。外部向けのメディアでも活用中
施策の成果社内報に普段の倍の「いいね」がついた。交流が難しい状況でも各部署の雰囲気などを伝えられる
リンク『Video Brain活用事例 社内報を動画に!グループ企業でも内製化を実施』
企業名東洋ビルメンテナンス株式会社
動画の活用方法社内向けのマニュアルを動画化。技能実習でも活用している      
施策の成果紙の資料よりも分かりやすく、利便性の高い資料を作成できた
リンク『Video Brain活用事例 紙ベースのマニュアルの動画化を実現!』

動画で企業の魅力を伝えてみませんか?

コロナウイルス感染症の流行によって、多くの企業がリモートワークを導入しました。働き方が大きく変わる中で、モチベーションに直結する従業員エンゲージメントの重要性はますます増しています。

・コロナ禍で生産性が低下している
・従業員の離職率が高い
・職場をよりよい環境にしたい

このような悩みをお持ちの方は、ぜひVideo BRAINを導入して従業員エンゲージメント向上に動画を活用してみてください。

社内外にPRできるCRSのサンプル動画


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする