1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. 不動産業界で動画を活用するポイントは?活用事例についてもご紹介

不動産業界で動画を活用するポイントは?活用事例についてもご紹介

近年、モバイル通信速度の高速化やスマートフォンの普及にともない、インターネットで気軽に動画視聴ができるようになりました。その影響で、さまざまな業界において広告や商品紹介などに動画を活用することも一般化しつつあります。

サービス業においても、企業PRや商品紹介への動画活用が広く図られています。そのなかでも、動画の活用が効果的と言われているのが不動産業界です。
この記事では、不動産業界で上手に動画を活用するポイントをご紹介します。

不動産業界における動画活用の有効性とは

不動産のサービスをPRするための手段は、インターネットの普及とともに多様化しています。以前は紙面の広告を頼りに物件を探すことが一般的でしたが、今では物件探しもまずはインターネット経由で始めることが当たり前になりました。

また、InstagramをはじめとするSNSやLINEなどを活用したPR活動や物件紹介、あるいはチャット機能を活用したリアルタイムの情報提供なども普及しています。このように、多様化の一途をたどる不動産関連のインターネットサービスですが、近年はさらに動画による物件紹介を掲載して反響を得ているケースが増えています。

その場で内覧しているような物件紹介動画などは、物件の現状をより詳細に伝えられるため業者の信頼度の向上にも繋がります。不動産業と動画の親和性は思いのほか高く、上手に動画を活用すればさまざまな効果が期待できるといえます。

物件紹介を動画で行うメリットと注意点

先述でご説明したように、これからの不動産業のインターネット戦略には動画の活用が欠かせません。ここでは、不動産の物件紹介を動画で行うことのメリットや、動画を取り入れる際の注意点についてご紹介します。

メリットは「分かりやすさ」と「ブランドイメージ向上」

不動産の物件紹介に動画を用いるメリットは数多くありますが、代表的な2つといえば「分かりやすく紹介できる点」と「他社と差別化し、自社ならではの特徴が得られる点」です。

以前はインターネットに掲載されている写真で物件を確認し、実際に足を運んで見てみるとイメージと違ったということがありました。しかし現在では高画質の動画をインターネット上で提供できるようになり、内見さながらの状態確認が可能になっています。

また、静止画に長文テキストで説明を付記する方法よりも、動画の映像と音声の方が短時間で多くの情報を伝えることができます。企業側としては、業務の効率化につながるというメリットもあるでしょう。

動画活用で注意すべきポイントは?

数多くのメリットがある不動産業における動画活用ですが、実際に取り入れる際には注意すべき点もあります。

目的に応じた動画活用をする

ひと口に動画を活用するといっても、目的によって作成すべき動画のスタイルは異なります。不動産業者として「動画で何を達成したいのか」を意識して動画作成のプランを立てましょう。

たとえば「社員を採用したい」のであれば、会社紹介や社員インタビューなどの動画が有効になります。また「物件をより詳しく確認してほしい」のであれば、パノラマ形式で物件内をぐるりと映す動画を作成すると良いでしょう。

物件紹介動画は、物件に合った撮り方で

不動産業における動画活用では、「物件紹介動画」として用いられるケースが中心です。物件紹介を動画で行う場合に注意したい点は、各物件の「見てほしいところ」を意識した内容にすることです。
どの物件も通り一遍な同じ撮り方をしてしまうと、物件の魅力が伝わりにくくなってしまいます。注目してほしい箇所を意識しながら、物件の個性や特徴に合わせた撮影を行いましょう。

不動産業界での動画活用事例

不動産業界での動画活用事例

実際に動画を活用している不動産業者の事例をご紹介します。今回ご紹介する2社は、すべての動画を外注せず自社内で制作しています。両社とも、当初は自社で撮影した映像を動画編集ソフトで試行錯誤しながら動画に起こしていましたが、効率化を図るために、AIによる編集アシストを取り入れた動画作成ツールを導入しました。
それにより動画の作成スピードとクオリティを高まり、事業活動の成果につなげることを可能になりました。

2社が導入したツールは、有名企業も動画広告に活用しているAI動画作成ツール「VIDEO BRAIN」です。「動画の作成時間が1/5に短縮された」「物件への問い合わせ件数がぐんと増えた」など、ツール導入による実際の効果も、以下の導入事例で確認できます。

導入事例:物件紹介動画の作成時間1/5に短縮!不動産「購入」「売却」検討顧客に役立つ動画を制作中
導入事例:動画活用で、物件の問い合わせ数アップ&購入も決定!

まとめ

不動産業界で動画を活用するポイントや、実際に動画を取り入れて大きな成果を上げている不動産業者の事例などをご紹介しました。

動画を自社でスピーディに作成できれば、SNSやYouTubeなどでのPR活動もより活発に行えます。また動画の活用で親切さをアピールすることは、不動産業者としての強みを印象付けることにもつながります。
自社で動画制作をお考えの担当者の方はぜひツールの導入を検討してみてください。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。
HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

この記事をシェアする


Video BRAIN

Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ