1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. 【マーケ担当者必見】動画制作の工数を削減方法や制作の効率をあげるには

【マーケ担当者必見】動画制作の工数を削減方法や制作の効率をあげるには

動画マーケティング

マーケティングを行う上で、動画広告を活用することはとても有効な手段です。しかし、高い効果が期待できる反面、制作の工数がかかりすぎるという悩みもよく聞かれます。

動画制作の工数削減は、マーケティングの質を高める上で、また生産性を向上させる上で非常に重要です。そこで今回は、動画制作の工数を削減するための方法や、制作の効率を上げるポイントについて解説します。

動画活用の重要性や課題

近年、マーケティング広告における動画活用の重要性が非常に高まっています。インターネットリサーチ事業などを手がけるGMOリサーチ株式会社が行った「マーケティング担当者に聞いた動画活用に関する意識調査」によれば、インターネット広告を使ったプロモーション活動の今後の見通しについて、マーケティング担当者の56.0%が「重要性が増す」と回答しています。また、その中の78.3%が「広告の中でも特に重要な種別は動画広告だ」と答えました。

また同アンケートでは、動画広告を実施する上での課題や不安についても尋ねています。これに対しては34.2%の人が「視聴者が受けた印象について明確に知る術がない」と回答しており、動画広告がユーザーにもたらす効果を正確に把握できていないマーケティング担当者が多いことが伺えます。さらに、30.2%の人が「視聴者が持った理解度を明確に知る術がない」とも答えています。

こうしたことから、動画の活用においてはその効果の可視化が一つの大きな課題となっていることがわかります。

参照:「マーケティング担当者に聞いた動画活用に関する意識調査」を実施~効果的な動画活用は視聴者が受けた印象と理解度の把握、そして動画制作工数の確保が課題~

動画制作にはどれくらい工数がかかる?

\たとえ短いものであっても、魅力のある動画を作るためには大量のカットを撮影、編集する作業が必要です。プロのクリエイターでも5分~10分程度の動画を制作するのに3時間程度かかることもあります。それを考えると、まったく動画を制作したことがない未経験者が動画制作をする場合はかなりの時間を要することになるでしょう。

もちろん、動画制作の工程は編集作業のみではありません。ターゲットやコンセプトを設定して構成を練ったり、もととなる動画やアニメーションなど、編集に必要な素材を揃えたりすることで、ようやく編集の作業がスタートします。

ここまででも多くの時間を要する作業ですが、ここからさらに多くの時間を編集に費やしてしまうと、その後に待っている肝心のプロモーション業務に十分な時間をかけられなくなってしまう恐れがあります。したがって、少しでも効率よく動画を制作できる環境を整え、制作の工数を減らすことが大切です。

動画制作で工数削減するメリットとは

業務の効率化はいかなる仕事においても注力しなければいけないポイントです。仕事量や残業時間が増えると、長い拘束時間に疲労やストレスを感じてモチベーションが下がり、生産性が低下してしまいます。一方、工数が少なければ少ないほど他の業務にかける時間が生まれ、生産性が上がり、労働時間短縮などの働き方改革が実現します。

それは動画制作においても同じことです。制作工数の削減が実現できれば、プロモーションなどそれ以外の業務により注力できるようになり、動画の効果を最大限に引き上げることができます。そうして自らが関わった動画が大きな効果を発揮することは、制作担当者のモチベーションを向上させ、仕事に誇りを持つことにもつながります。

重要なのは工数管理をすること

工数管理

動画を制作するためには、まずその工数を正確に弾き出し、綿密な管理によって進行することが大切です。すべての工程が可視化されれば、無駄な作業となっている部分や効率よく作業を進められている部分が明確化されます。

良い部分は今後も継続し、悪い部分はなぜそうなったのかを分析して、改善の工夫を重ねながら無駄を省いていきましょう。

実際に工数削減するにはどうすればいい?

では、具体的にどのようにして無駄を削減すれば良いのでしょうか。動画制作の工数を減らすための方法を、3つご紹介します。

動画制作会社にお願いする

動画制作を専門に請け負う会社にアウトソーシングして、プロモーションのみに専念する方法です。プロのクリエイターが動画を制作するので高品質な動画の納品が期待できます。

ただし、制作会社へ依頼するには高額なコストがかかるというデメリットもあります。企画・運用支援などを行うディレクターバンク株式会社による動画広告制作費用の最新相場調査では、多くの制作会社で30~100万円程度の制作費用がかかるという結果が出ています。

参照:動画広告制作費用の最新相場調査:2020年2月版

動画制作ツールを導入する

制作会社に依頼する場合、打ち合わせの手間やある程度の制作期間が必要となるため、希望するペースで動画広告を配信することができない場合も考えられます。しかし、動画制作ツールを使って社内で制作を完結できれば、次々と新しい動画を配信してスピーディーな動画マーケティングを行うことができます。

例えば、「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」はその代表的なツールの一つ。スピードに加え、コストを抑えて動画を作ることができるのも大きなメリットです。

スケジュール管理の徹底

スケジュールを曖昧にせず、計画的に動画の制作を進めることが大切です。「動画が完成したら配信の時期を考えよう」などと思っていると、他の業務に追われて制作が後回しになってしまい、いつまで経っても予定していた動画を配信できなくなってしまいます。配信日を明確に定めて工数を逆算し、無理なく無駄の少ないスケジュールを立てることをおすすめします。

まとめ

ここまで、動画制作の工数を削減することの重要性について解説してきました。
生産性の向上や万全のプロモーションのためにも、具体的なスケジュールの管理は非常に大切です。動画制作ツールの利用などを通してしっかりとした計画のもと工数を管理し、理想の動画づくりをぜひ実現させてください。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る