1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. プレスリリース配信の最適な時間帯とは?効果的な配信タイミングについて

プレスリリース配信の最適な時間帯とは?効果的な配信タイミングについて

Webマーケティング プレスリリース配信の最適な時間帯

企業の情報発信の手段として用いられているプレスリリースは、メディアに取り上げられることでその効果を発揮するため、さまざまな要素が考慮されています。
例えば、配信日時は必ず考慮してみたいポイントです。プレスリリース配信に効果的な日時があるのです。

この記事では、プレスリリース配信に最適な時間帯と曜日、プレスリリースの内容によって変わる配信タイミングをご紹介します。

プレスリリース配信はタイミングが重要

プレスリリースの効果を得るためには、メディアの目に止まるようにしなくてはなりません。
しかし、メディアは日々大量のプレスリリースを受け取り確認しています。
そのため、プレスリリースを送るタイミングなどメディアへの配慮が欠かせないのです。

忙しい時間帯や日時を避けて送ることで、プレスリリースをチェックしてもらう可能性を高めることが重要です。

プレスリリースの最適な配信日時

実際にプレスリリースを配信するのに最適なタイミングはいつなのでしょうか。

おすすめの時間帯と曜日を見ていきましょう。

おすすめの配信時間

プレスリリースの配信時間は、朝の10時から11時頃を狙うようにしましょう。
これは、どの媒体においても余裕が生まれやすい時間帯です。
メディアの締め切りは夕方が多いことから、その時間帯を避け午前中にプレスリリースを配信している企業も多いようです。

メディアの行動に合わせた時間に配信する配慮が大切です。

おすすめの配信曜日

プレスリリースの配信するべき曜日は、媒体によって異なります。
実際にプレスリリース配信サービスを行っている「valuepress」の調査によると、以下の曜日が最も閲覧されているようです。

  • ・テレビ:水曜日、木曜日
  • ・新聞:火曜日、木曜日、金曜日
  • ・雑誌:火曜日、木曜日、金曜日
  • ・ニュースサイト:火曜日、木曜日、金曜日
  • ・ブログ/Webサイト:木曜日、金曜日
  • ・フリーペーパー:木曜日、金曜日

土曜日、日曜日、祝日はメディアも休日であるため、プレスリリースを配信しても見てもらうことができません。
また、休日明けの月曜日と休日前の金曜日は、メディアの元に届く情報量が多く、業務も多忙となる曜日なので避けたほうが良いでしょう。

参照:valuepress「メディアコンタクト専任スタッフがお答えします!~プレスリリースの効果的なタイミング(曜日・時間)~」

各媒体の配信タイミング

メディアや媒体によりコンテンツを作るスケジュールが異なるため、最適な配信のタイミングを把握しておくことが大切です。

各メディアの適切な配信のタイミングを見てみましょう。

テレビ

テレビの場合、番組の企画で取り上げて欲しいときは「放送の2ヶ月前」、ニュース番組で取り上げて欲しい場合は「番組オンエアから6時間〜7時間前」がタイミング的には良いそうです。
ニュース性の高いプレスリリースであれば、ニュース番組に取り上げられる可能性が高くなります。

雑誌・新聞

雑誌の掲載を狙う場合は「約2ヶ月前」、新聞の掲載を狙う場合は「1週間前」がおすすめです。
紙媒体の場合、編集や取材、印刷まで様々な作業工数を経て、世の中に出てきます。
そのため、新聞・雑誌の掲載を目的にする場合は、早めにプレスリリースを送るようにしましょう。

ニュースサイト

ニュースサイトの場合、企業の情報解禁からニュースとして取り上げられるまでタイムラグは最も短い媒体です。
そのため、最短で当日中にプレスリリースを送信しても、取り上げてもらえる可能性が高くなります。

参照:valuepress「メディアコンタクト専任スタッフがお答えします!~プレスリリースの効果的なタイミング(曜日・時間)~」

プレスリリースの内容別配信タイミング

プレスリリースの内容によっては、配信のタイミングを注意した方が良いケースもあります。

内容のジャンル別に、最適な配信のタイミングをみていきましょう。

新規事業のスタート・イベントの開催

新事業のスタートやイベント、新店舗オープンなどの場合は、逆算して2週間前には初回プレスリリースを出すようにしましょう。
こうした新事業やイベントなどでは、数回に渡りプレスリリースを配信します。
複数回プレリリースで情報を小出しにしていき、定期的にアップデートしていくことで人々の関心を惹きつけましょう。

新商品・新サービスの発売

新商品や新サービスの販売が開始される場合は、オンタイムでプレスリリースを配信するのがおすすめです。
TVや新聞など新商品や新サービスを取り上げられやすいメディアは、即時性を重視し新しい情報を求めているため、早くても1週間前〜前日にプレスリリースを出すようにしましょう。

まとめ

メディア関係者の行動に合わせプレスリリース配信することが、取り上げてもらうためにも大切です。
「誰」にプレスリリースを読んでもらいたいのか明確にした上で、ターゲットの行動を想像し、適切なタイミングでプレスリリースを配信するようにしましょう。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る